新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • サークル
  • ともだち


福岡県 /  女性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2017年05月 >>
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

ブログカテゴリ一覧

里山の風景

里山の自然や花や鳥を追いかけて 自然と共にのんびりと過ごしたいです。

◀ ブログ一覧を見る
2017.05.20 08:15

しものせき海峡祭「先帝祭」!

53日 下関海峡まつり「先帝祭」を見るのは

何年振りかな~!

関の先帝 小倉の祇園 雨が降らなきゃ金が降ると
云われます!

とにかく人の出が多く思うように身動きできない程です!

天気が良く暑いし早く切り上げたいと要所要所を見て回り

ました。


赤間神宮は、壇ノ浦の戦いで亡くなった
安徳天皇を祀るために建てられました。
その後、後白河天皇によって
安徳天皇を供養するための法会が行われます。
これが先帝祭の始まりと言われています。
また、後白河天皇の孫で
安徳天皇の異母弟に当たる後鳥羽天皇が、
先帝の死後の幸福を祈るため
祀られたことが始まりだとも言われています。

(ネットより引用)

市内の町を練り歩きます。



外八文字を披露しながら歩きます!
衣装が重いでしょうね。



足元を見て下さい。



後姿も豪華で奇麗です。



一番太夫がカメラ目線でニッコリしてくれました!!



二番太夫も美しいです!



赤間神宮の天橋渡り



ここでは素足で八文字を披露しながら進みます。



見事ですね。
先帝祭の太夫に選ばれる方全員が日舞をされる方々です。





大勢のカメラマンが詰めかけました!





関門海峡をバックに拝殿でに進みます。

これから先は身動きが取れずにここで撮影
終了となりました!
ああ~~疲れました!






日記カテゴリ
コメント数(26)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
> hahahaさん  こんにちは。

こんなお祭りでも喧嘩腰ですよ。
カメラマンは撮りたい一心で必死です。私も含めて(,^ω^A

昔の花嫁さんが馬に乗って行くシーンは絵に成るでしょうね。
田舎道は狭いので大変ですね!
2017.05.24 12:38 空さん | 返信

> 花遊便さん    こんにちは。

先帝祭は何度か見ていますが、撮影を目的で行ったのは今回だけ
でした。
もう~大変な人出に戸惑いました!
撮影にはポイントを知らないと中々ね。

お誘いがないと行かないの?面倒くさいのかな!
まだ若いから頑張ってね!(-^口^-)
2017.05.24 12:23 空さん | 返信

すごい人ですね!
カメラマンも大変(>_<)

田舎では昔の花嫁道中のイベントがあります。
馬に乗った花嫁が山道を大行列をつくって歩きます。
狭い田舎は都会からやってくる人人でカメラマンが場所とりで喧嘩してます(^o^)
2017.05.24 10:39 hahahaさん | 返信

行かれたんですね。私も行こうかと思いましたが、二の足を踏んでとうとう行かれませんでした。

最近、誰かに誘われない出て行かなくなってしまいました。^^;
2017.05.23 18:22 花遊便さん | 返信

> えじまさん   こんにちは。

平家と源氏壇ノ浦での戦いを3日間繰り広げる最大な祭です。
太夫に扮する方々は日本舞踊をされる方しか出られません。
故に化粧も衣装を着るのも馴れているのでしょうね。
若いしべっぴんさんばかりでしたよ!
神戸とはまた違った良さがありますね。

それにしても祭りの撮影はもう~コリゴリでした!(≧▽≦)アハ~!
2017.05.23 14:14 空さん | 返信

まーぁ なんともウラヤマシイ!
  良い位置が確保出来ましたねー、
  取材記者なみですね。
それにしても垢抜けした美しさ
  同じ祭りでも 神戸のドロ臭さとは
  チョット違います な~!。
2017.05.23 13:19 えじまさん | 返信

> モルさん  おはようございます。

”波の下にも都はございます。
ご案内いたしましょう”、と当時6歳の孫(安徳天皇)
に云ったお祖母ちゃん(先帝)

そうでしたね!まだ6才の幼い安徳天皇も
おばあちゃんの云った事を信じて入水したと思うと
胸が痛みます!
この華やかで豪華絢爛なお祭りでたいそう
喜んでいる事でしょう。

はい、この日の撮影は死にそうなほど
きつかったです!
水が飲めない、トイレも行けないで~~!
人の多さ、前に行かなきゃいいアングルが撮れない!
もう~お祭りの撮影は無理ですね!

鳥や花を撮る方が楽です!
モルさん見て頂きありがとう。(-^口^-)


2017.05.23 05:56 空さん | 返信

> グランパさん  おはようございます。

グランパさん有吉文学が詳しいですね!
主人公の母は花魁になってとはさぞかし美人だったのかな?
明治時代なら着物もよくお似合いでしたでしょうね!

コメント遅くなりました!
ありがとうございます。
2017.05.23 05:45 空さん | 返信

安徳天皇を、抱きかかえての言葉

”波の下にも都はございます。
ご案内いたしましょう”、と当時6歳の孫(安徳天皇)
に云ったお祖母ちゃん(先帝)

そんな彼女の為の祭りですか、さぞかし喜んでいるでしょう~

写真綺麗です。よくぞ!これだけの各アングルを素晴らしいです。
さぞかし、お疲れの事でした、でしょうね。お疲れさま~
こんな短いコメントで済ませて、申し訳ありませんね(^_-)
2017.05.22 09:47 モルダウさん | 返信

空ちゃん、おはようございます。

写真を見ると有吉文学の小説「香華」を空想します。主人公の母が
花魁になる。美人であった。着物が大好きだった。明治のおなごでした。
2017.05.21 07:03 グランパさん | 返信

> リンさん   おはようございます。

安徳天皇は皆さんご存知のお話ですね!
壇ノ浦の戦いに纏わるお話は門司でも色々あります。
下関と門司はすぐそこですから、船で5分で着きますよ。
先帝祭での花魁道中は豪華絢爛で見ごたえある祭りです。
かっぽり履いてあれだけの身の熟しは日舞をされる方でないと
出来ないでしょうね。
最後は太夫のみなさんが赤間神宮の神殿にお参りして終わりと
なりますが、なんともその場所から身動きできない状態でした。
怪我もなく無事撮り終えて良かったです。

リンさんにも見て頂けてよかったです!
ありがとうございます。^^
2017.05.21 06:19 空さん | 返信

> リュウジュンさん  おはようございます。

リュウジュンさんが下関に来られた時は何月でしたか?
先帝祭の頃なら良かったですね。
豪華絢爛な衣装に美人の太夫を見られたのは素晴らしい思い出に
なりました。
カメラ目線の太夫可愛くて美人でした!
撮影にはかなりの体力を使いましたがみなさに見て頂けて
嬉しいです。

コメントありがとうございます。
2017.05.21 06:02 空さん | 返信

> 我太郎さん  おはようございます。

お祭りの撮影は何処でも大変ですよね!
後ろから撮れば人の頭が入り、前に出るのも喧嘩腰で
撮る方も体力気力が要りますね!
だから普段は行かない様にしています。
でもこの花魁道中は見る価値がありますね。
撮影は今回で終わりかも知れません。もう、年で無理ですね!
鳥撮りの方が楽です!(-^口^-)

太夫に成る方々は大変でしょうね!
あの衣装で八文字踏むのは、若くないと出来ませんね。
でも美人ばっかりでしたよ!^^
2017.05.21 05:54 空さん | 返信

> ぴょろりんさん  おはようございます。

この先帝祭は平家と源氏の戦いが繰り広げられた関門海峡で
3日間行われ、1日目は源平合戦が海で当時の戦いを繰り広げます。
これがまた見ものです。
花魁道中は2日目にあります。
安徳天皇が女官に抱かれて入水し流れ着いた漁師の網元に
手厚く葬られた地から花魁道中は始まります。
豪華絢爛な衣装で外八文字をしながらかっぽりで歩くのは
大変な事でしょうね!
あまり長は歩かなくて車で移動して主な所で八文字を披露します。
カメラ目線でにっこりしてくれた時は嬉しかったです。
若くて美人でしたのでこの太夫を殆どカメラに収めました!
もう~本当に人出が多くて何処から写そうかと思案しました。
昔から何度か行っていたので穴場がある所を知っていますので
何とか撮れました!
撮る方も大変、前に出て行くのも喧嘩腰ですよ!ハハハ~!
そこはおばちゃんパワーです。(≧▽≦)

見て頂きありがとうございます。
昨夜コメント一度書いたんですが送信できずに諦めました。
コメント遅くなりすみません。
ありがとうございます。





2017.05.21 05:44 空さん | 返信

安徳天皇は、誰しも知っているでしょうが、「先帝祭」って、初めてお聞きしました。壇ノ浦はすぐそばですものね。
綺麗ですね、花魁の方々~。あぁ、日舞を踊られる人達でしたか。

れから先は身動きが取れずにここで撮影終了となりました
大変でしたのね?貴重なお写真を拝見出来て、良かったですわ~。
2017.05.20 22:25 リンさん | 返信

こんばんは!
先帝祭の太夫の豪華絢爛の衣装、素晴らしいですね。
そして太夫の八文字とかが、伝わってきます
カメラ目線の太夫、綺麗ですね!

お祭りの様子が良く分かり素晴らしいです
空さん、感謝です!

暑いなか、ご苦労様でした!!
2017.05.20 21:48 リュウジュンさん | 返信

> chuuchichiさん  こんばんは。

先帝祭は幼くして命を落とした安徳天皇を供養するためのお祭りです。
それにしても今年の太夫はみなさん美人ばかりでした!
それぞれ自分好みの太夫にレンズを向けるカメラマンが
大勢詰めかけて居ました!

そうそう、あの豪華な衣装は重くて大変だったと思います。
八文字で歩くのも大変です。

この様に凄まじい人ごみでの撮影はこの年では無理です!
鳥撮りをする方が楽です!(*゜▽゜*)

こちらこそ先日はありがとうございました!^^
2017.05.20 21:02 空さん | 返信

> サルビアさん  こんばんは。

初めまして!ようこそお越しくださいました!

太夫に成る方は暑さと衣装の重さで大変だと思いますが
それは豪華絢爛で華やかさは見事な物です。
近ければお勧めしたいです。

本当に疲れる撮影でしたが良き思い出になりました。

コメント頂きうれしいです。
ありがとうございます。
2017.05.20 20:49 空さん | 返信

> さとしさん  こんばんは。

地元でも先帝祭見に行った事なかったですか!
豪華絢爛で素晴らしいです。
一度は見る価値ありですよ。
岩国の航空ショウーですか?
一度見に行きたいと思います。

日焼けは大変でしたね!
最近は異常に暑いですから熱中症にもお気を付けてね。

コメントありがとうございました。
2017.05.20 20:43 空さん | 返信

> ナズナさん    こんばんは。

はい!この日の人の出はもの凄いものでした!
昨年が雨で取り止めになったこともあり一目見ようと押し寄せて
いました。
人に挟まってら出られない、喉は乾くで大変でした!
もう遠くで見るだけでいいです。

あの衣装で八文字は大変な労力だと思います。
一番太夫と二番太夫はとても美人でした!
衣装もぴったりお似合いでした!若いからね。^^

安徳天皇も喜んだことでしょうね!

見て頂きありがとうね。
2017.05.20 20:36 空さん | 返信

葵祭を撮りに行って、祭は見るもので撮る物じゃないと思いました
レンズ向けている所しか見えないので全体を見てないのが悩ましいです
でもって動画でと考えていますが、人が多くては動画も難しいです
花魁道中は1度見たいですが、人が多いのが難儀で腰が上がりません
衣装の重さは如何なんでしょうか
相当体力が要りそうですね

2017.05.20 19:04 我太郎さん | 返信

うわぁ~花魁道中・・すっごい綺麗ですねぇ
けど、長い行列をあの高いポックリを履いて、重い着物
あの歩き方じゃぁ・・死ぬほど大変そう
なのに カメラに笑顔を向けてくれるなんて
すごいですねぇ
それに 周りに写っている人の多さもすごい!(笑)
写真を撮るだけでも、さぞかし大変だったと思います
人混みに揉まれずPCの前で素敵なお写真拝見できて
ほんとうにありがとうございます<m(__)m>
2017.05.20 16:50 ぴょろりんさん | 返信

先帝祭、若くして亡くなった平家最後の天皇を供養するためのお祭りなのですね。
しかしそれにしても太夫の美しいこと、皆さんがカメラマンになる気持ちがわかります。
でも、当の本人たちは日舞をされる方たちとはいえ重い衣装を付けて八文字をしながら進むのは大変でしょうね。
人ごみの中の撮影おつかれさまでした。

最後になりましたが、先日はありがとうございました。
2017.05.20 16:22 chuuchichiさん | 返信

こんにちわ、初めまして。

素晴らしい~~~~!
さぞかし綺麗だった事でしょうねぇ、
豪華な「おいらん道中」  見事でございます。

これ程豪華絢爛な(時代絵巻)を実際眼にしてみたいものです。

それにしても撮影、お疲れ様でした( ´∀`)
2017.05.20 11:33 サルビアさん | 返信

県内にいても「先帝祭」には行ったことがなくて、、、

いいアングルで見せてもらってよかったー ^^)

今年のゴールデンウイークは晴天続きでよかったですね!
私も「フレンドシップデー岩国」に行ってきましたが
1日で日焼けで鼻の皮がムケちゃった



2017.05.20 09:25 さとしさん | 返信

おはようございます。
先帝祭をはじめ、お祭りの人ごみが苦手、人に酔います。
私も行こうかなと思ったけど、人ごみに押されて転んだりと思うと実行出来ませんね。
ここで女郎参拝を見たのはいつだったかな、押されて恐怖でした。
大夫は艶やかですね。昔は芸者さんとかだったけど、今は日舞の方ですね。八文字歩きは相当稽古を積まれたのでしょう。
一番太夫も二番大夫も本当に美しいですね。
安徳天皇の霊が安かれと祈ります。
空ちゃんのおかげで先帝祭が見られて、満足です。
2017.05.20 08:44 ナズナさん | 返信

この記事へのトラックバックURL
http://www.seniorcom.jp/blog/view/186102
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る

特集 [ FEATURES ]

第50回シニアコムカップ川柳コンテスト【結果発表】

第51回シニアコムカップフォトコンテスト【応募受付】

第49回 ほんの三行の詩コンテスト【結果発表】

MSCクルーズ|日本の美を再発見する10日間

FREE AGE vol.27

月イチアンケートvol19

コンサートに行ってみよう♪

ミノーレニュース5月号

スターチャンネル|『TABOO』特集

FREE AGE vol.26

社会見学に行こう! vol.9

スターチャンネル|西部劇コレクション

お得なクーポンサイト「くまポン」

美しく活きる。 第33回

大英自然史博物館展

突撃!編集部が行く!! 第4回

ぽけかる倶楽部|気軽に旅を楽しもう!

ねんきん生活。|車中泊、はじめませんか?

主婦と生活社|車中泊、はじめませんか?

[ PR ]