新規会員登録 ログイン

車中泊、はじめませんか?

ねんきん世代の間で、車中泊が流行っています。時間がたっぷりあるいまだからこそ、好きな場所を自由にゆったり旅したい。

そんな旅を楽しむ方々に、車や装備、費用など気になることを聞きました。

軽自動車で車中泊

波川海彦さん(68歳)、すみれさん(70歳)夫妻(仮名)/三重県

ボックス型軽
をドレスアップ

約6年前にホンダのバモスホビオ4WD、ハイルーフを約135万円で購入(天井にスチールパイプ棚が装備済み)。その後、海彦さんがネットを張ったり、後部座席を寝台用に架装。100円グッズや手持ちの鋼材を利用し、費用は1万円以内。

車も旅じたくもコンパクトに夫婦で温泉三昧を楽しむ

夫婦そろって旅行や温泉が大好き、という波川さん夫妻。いまから約6年前に、車中泊を楽しみたい、との希望で棚などがついた中古の軽ワンボックスカーを購入。夫婦で寝泊まりができるように後部座席を寝台にするなど、器用な海彦さんが架装を加え、リタイア後の3年前から本格的な車中泊旅行を始めました。

最初は近所の温泉など2泊3日程度の旅行からスタート。当時は新潟に住んでいたため、3泊4日で佐渡を一周したほか、2年前には2週間かけて北海道を一周。走行距離は1日300㎞に及びました。

霧の摩周湖を眺め、各地で温泉に入り、厚岸の海の幸、富良野のジンギスカンなど地元のおいしいものを食べて、初夏の北海道を満喫しました。

「車中泊は自分たちのペースで動けるので、ラッシュが始まる5時前に出発して、 2時間走ったら休む、など、決して無理はしません。それに、朝早い時間は、運転していても、とても気持ちがいいんですよ。いまは86歳の姉と同居しているので長期間の旅行はできませんが、姉も理解があるのでショートステイを利用するなどして、次は四国か九州に行きたいね、と情報を集めているところです」

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

車内の工夫

装備や持ち物は必要最低限にとどめ、100円グッズを利用するなど、旅じたくも費用もコンパクトにし、軽ワンボックスカーの車内を最大限に活用。

1.黒いレースカーテンにマジックテープをつけて車体内部のクロスに接着。2.既存のスチールパイプ棚に園芸用ネットをつけ、小物を入れたプラケースをのせると、下から中身が見えて便利。3.4.5.後部座席は、凹凸に合わせて段ボールを重ね貼りしたシートでフラットにし、滑り止めシートとマットを敷いて寝台に。6.7.8.100均のS字フックと洗濯バサミ7は6.8のように引っかけ用に、両側にフックがついたひもはストッパー等に大活躍。9.寝るときはスリッパを自分の枕元にかけておくと、トイレに行くときに探さなくてすむ。10.パイプ棚の金具を利用してカーテンレールを装着。

モットー

公共のマナーを守り
安全運転を心がける

ゴミ捨ては道の駅のエコステーションを利用するなど、公共マナーを守る。安全運転を心がけ、無理をしない。

費用

生活費を節約して
残金を旅行に活用

毎月の生活費の残金をもとに、不足分は互いのこづかいから出資。北海道旅行は14日で約18万円。

車中泊の好きなところ

無理をせず、マイペースで行動できる

疲れたら車中で休んだり、道の途中で日陰を見つけて昼寝をするなど、自分たちのペースで行動できて、体の負担も少ないところ。

困ったこと

ブヨの大群に襲われ
炊事と食事に苦闘 残金を旅行に活用

北海道の風蓮湖畔に宿泊時、ブヨがたくさんいて刺されるため、払いながら炊事。襲ってくるブヨと格闘しながら食事をしたこと。

ページトップへ戻る