新規会員登録 ログイン
シニアコム.JP 特集
FREE AGE × シニアコム.JP

おとなが情報を持ち寄る、大人の方々に向けた「生活お役立ち情報サイト」、FREE AGE。
シニアコム.JPでは、アクティブな50歳以上の方々にぴったりのFREE AGEの
お役立ち情報を、ちょっとずつご紹介していきます!
第28回は『ゴミ箱を置かないという選択』をご紹介します。
最後までお読みください!

FREE AGE 生活を楽しくするお役立ち情報サイト

ゴミ箱を置かないという選択

ゴミ箱を部屋に置かない

生ゴミの入ったゴミ箱がキッチンにあるとなんとなく嫌だな、と思ったことはないでしょうか。夏場などは蓋つきのゴミ箱でも、臭う事がありますし、食品のストッカーの横や下がゴミ箱だとチョット・・・、と思う方もいるかもしれません。また、部屋やキッチンに似合うタイプのものがなかなか見つけることが難しかったり、仮に部屋の雰囲気に合うスタイリッシュなタイプがあっても値段が高いということもあります。

そのようにゴミ箱探しに時間を費やすくらいなら、いっそキッチンをスッキリさせる為にも、ゴミ箱を部屋に置かないというのはどうでしょうか。

まず、生ゴミは1食作るごとにいらない広告や紙に置いて丸めて捨てます。紙からゴミがはみ出す場合は適度な大きさのいらない缶や空き箱に紙を敷いておき、そこゴミを入れ、捨てる時に敷いておいた紙で包めば良いと思います。そしてベランダに置いた大きめの蓋つきのゴミ箱に1食分の家事が終わったごとにゴミを入れに行きます。また、ロハス思考の方やベランダでミニ菜園、ガーデニングがする方などは生ゴミを簡易コンポストに入れ土作りをしたりするのも良いかと思います。

プラスチックゴミはスーパーで買い物をすれば無料でもらえる透明な袋(魚や肉や豆腐等をいれるロール状になっているポリ袋)に1食家事分ごと入れてそのままベランダのゴミ箱に入れに行きます。ついでに部屋のゴミもいらないショップ袋にいれて1日の終わりにベランダに捨てに行きます。ショップ袋は畳んで小さくしておけますし、汚れたらそのまま捨てることもできます。そうすると寝る前には部屋にゴミも無く、朝起きてキッチンに行った時も清々しい感じがします。

ベランダに置く分別用のゴミ箱もせっかくなら安く可愛くできないかなと思い作ってみました。ゴミ箱以外はすべて100円ショップで購入することができました。

【材料】

・蓋つきゴミ箱

・ウッド風シート

・人工芝マット:1枚

・強力両面テープ

【作り方】

①人工芝マットをペールトッカーの蓋に合わせて切って、強力両面テープで貼り付けます。

②ゴミ箱のボディにウッド風シートを貼る(シートの裏はシールになっているので簡単に貼れます)

作り方はいたって簡単です。ウッドデッキパネルと人工芝を敷いたベランダに馴染んでおしゃれな雰囲気を出すこともできました。

花を飾るために使うウッドパネルも作り置いてみました。冬は花が枯れてしまうので造花を入れてありますが、春になったらワイヤーバスケットに鉢植えを入れる予定です。ちなみに、ウッドデッキパネルの作り方はスノコに間伐材の端材をボンドくっつけて、ペンキを塗ったものです。

この記事の執筆者

里山グミ

朝はパン派、机の引き出しにはお菓子を常備、山を歩くと元気になって、海の深い冷たい所が苦手です。絵を描いて友達を笑顔にすることが得意で、休日は掃除、物作り、近場の探検などをしている37歳です。

FREE AGEとは

『FREE AGE』は、おとなが情報を持ち寄る、おとなの方々に向けた「生活お役立ち情報サイト」です。皆様がお持ちの「生活を楽しくする情報」を投稿していただき、多くの方々の参考としていただきたいと願っています。ジャンルは「衣」「食」「住」「遊」「休」「知」等々、生活にかかわるすべての情報を歓迎します。

フリーエイジ

ページトップへ戻る