新規会員登録 ログイン

スターチャンネル 2018年1月のラインナップ

新春SF大特集

SATR SERECT

新春SF大特集プレゼント

2010年

©Turner Entertainment Co.

【作品解説】
『カプリコン・1』のピーター・ハイアムズが製作・監督・脚本・撮影の4役を兼任し、SF映画史上の金字塔『2001年宇宙の旅』の続編に挑戦した意欲作。前作で消息を絶った宇宙船ディスカバリー号の行方と、未解明のまま残された“モノリス”の謎を再調査するため、新たな科学者たちが再び木星へ旅立つ。当時の米ソ冷戦を背景に前作よりもドラマ性を高めた物語が特徴で、SFXを駆使した壮大なクライマックスは見応え十分。

『エクスプロラーズ』

©2018 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

【作品解説】
宇宙に憧れる少年が天才的な頭脳を持ったコンピュータオタク少年の力を借りて、手作りのポンコツ宇宙船で宇宙へと飛び出してゆくジュヴナイルSFファンタジー。『グレムリン』のジョー・ダンテが監督、子役時代のイーサン・ホークとリヴァー・フェニックスが共演している貴重な1本。撮影当時としては最先端の特撮技術が駆使され、少年たちの奇想天外な冒険が描かれてゆく。また宇宙で少年たちと仲良くなる宇宙人の正体にも注目。

『フィフス・ウェイブ』

©2016 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved.

【作品解説】
クロエ・グレイス・モレッツ主演のSFサスペンス。知的生命体に襲われ壊滅状態となった地球で、弟を捜すヒロインの戦いを描く。地球外生命体“アザーズ”による4度の攻撃で人類の99%が死滅した地球を舞台に、人間に紛れ込みながら侵略を続ける“アザーズ”の恐怖と人類の戦いが描かれる。人類を滅亡に導く最後の“WAVE”とは何なのか?弟を捜しながら第5の波に立ち向かうモレッツのアクションと衝撃の結末は見逃せない。

『スター・トレック(2009)』

©2018 PARAMOUNT PICTURES. STAR TREK AND RELATED MARKS AND LOGOS ARE TRADEMARKS OF CBS STUDIOS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【作品解説】
人気SFシリーズをJ・J・エイブラムズ監督でリニューアルした第1弾。青年カークの葛藤と成長を軸にエンタープライズ号クルーが敵の陰謀に立ち向かう姿を描く。シリーズ初心者にも親切な作りながら、登場人物やエピソードなど随所に旧シリーズとリンクする要素を配置。長年のファンを納得させる仕掛けも満載。

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』

©2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

【作品解説】
1997年に世界的大ヒットを記録したSF超大作『インデペンデンス・デイ』の続編。人類がエイリアンとの戦いに勝利してから20年後、強固な防衛システムを確立した地球に再び危機が訪れる。“破壊王”の異名を取る前作の監督ローランド・エメリッヒが再びメガホンを取り、ジェフ・ゴールドブラムらも同じ役柄で引き続き出演。より巨大化した宇宙船など、スケールアップしたエイリアンの破壊力に圧倒される。

『アルマゲドン』

©Touchstone Pictures and Jerry Bruckheimer, Inc. All Rights Reserved

【作品解説】
小惑星の接近で滅亡の危機に瀕した地球を救うべく宇宙へ旅立った男たちの活躍を、ブルース・ウィリス主演、マイケル・ベイ監督で描いた感動の大ヒットSFアクション。エアロスミスによる主題歌も大成功を収めた。脚本は監督デビュー前のJ・J・エイブラムス。次から次に危機が訪れるという飽きさせない展開や群像劇ともいうべき人物描写の魅力には、後の作品の原点的な趣向を感じさせる。

『パッセンジャー』

© 2016 Columbia Pictures Industries, Inc., LSC Film Corporation, Village Roadshow Films Global Inc. and Wanda Culture Holding Co. Limited. All Rights Reserved.

【作品解説】
クリス・プラットとジェニファー・ローレンス共演のSFラブストーリー。宇宙船での冬眠から目覚めてしまった男女の運命を描く。宇宙船というSF的設定を借りて、閉鎖環境に取り残された男女の心理を緻密に描写。登場人物が極めて少ないにも関わらず、緊迫感溢れる演出によって2人の葛藤と宇宙船の謎を巡る壮大な物語が繰り広げられる。

『未知との遭遇[ファイナル・カット版]』

©1977, renewed 2005, ©1980, 1998 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

【作品解説】
人類と地球外生命体との接触を真正面からとらえた、スティーヴン・スピルバーグ監督初期の代表作。平凡な電気技師がUFOを目撃したことで非日常へと飛び込んでゆく姿は、後の『E.T.』の少年たちの姿にも繋がっている。美しい巨大宇宙船を創造したダグラス・トランブルの特殊効果、ジョン・ウィリアムズの印象的な旋律も作品世界と見事に調和。

『第9地区』

© District 9 Ltd.

【作品解説】
南アフリカを舞台に、難民として地球で暮らすようになったエイリアンたちと、困惑する人類との軋轢を描いた異色のSFアクション。人種隔離政策“アパルトヘイト”を彷彿させる奇抜な設定と驚異のビジュアル。監督・脚本を務めたニール・ブロムカンプは、自作のSF短編映画を元にした本作で長編デビュー作ながら一躍人気監督の仲間入りを果たした。製作は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのピーター・ジャクソン。

『モーガン プロトタイプ L-9』

©2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

【作品解説】
リドリー・スコットが製作を務め、息子のルーク・スコットが長編監督デビューを飾ったSFサスペンス。人工生命体の暴走が引き起こす事件の顛末をアクション満載で描き出す。『ファンタスティック・フォー』のケイト・マーラが主演、タイトルロールの“モーガン”を演じたのは、『スプリット』で注目を集めた若手女優アニヤ・テイラー=ジョイ。彼女の卓越した存在感は物語を牽引するほど。意外な事実が明かされるラストにも注目。

『インターステラー』

©Warner Bros. Entertainment Inc.

【作品解説】
人類存続を賭け、移住可能な惑星を探索する男の次元や時間の概念を超えた壮大な旅を描く。製作と監修を兼任した理論物理学の第一人者キップ・ソーン博士の“ワームホール”理論を下敷きに、次元や時間の概念を超えた壮大な宇宙の旅を描く。監督はCGに頼らず、実物大の宇宙船を製作して大規模なロケを敢行。役者が極寒や砂嵐の中で厳しい撮影に挑んだ。こだわりの実写から引き出された父娘の絆のドラマも胸に迫る。

『ミッドナイト・スペシャル』

©Warner Bros. Entertainment Inc.

【作品解説】
新進気鋭の注目監督ジェフ・ニコルズによる超常現象スリラー。不思議な力を持つ息子をカルト教団から守る父親の逃避行を描く。『マン・オブ・スティール』のマイケル・シャノンや『ブラック・スキャンダル』のジョエル・エドガートンなど、旬の俳優が共演。人知を超えた時空の概念を提示し、観客のイマジネーションを刺激する壮大なクライマックスは必見。

『スター・トレック BEYOND』

©2018 Paramount Pictures. STAR TREK and related marks are trademarks of CBS Studios Inc.

【作品解説】
世界中に根強いファンを持つSFアドベンチャー大作のリブート版第3弾。新たな敵と遭遇したエンタープライズ号の運命を描く。シリーズ誕生50周年記念の本作は、スタートレックマニアであり、スコッティ役で出演もしているサイモン・ペッグが脚本に参加。オリジナルシリーズに敬意を示しつつも往年のファン以外も楽しめる大胆なストーリーで、迫力満点のSFアクションに仕上がっている。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』

©2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

【作品解説】
押井守監督のアニメーション映画『GOHST IN THE SHEEL 攻殻機動隊』で世界的に知られる士郎正宗のコミック『攻殻機動隊』をハリウッドで映画化したSFアクション。アニメ版をリスペクトしつつ、主人公の秘密などハリウッドらしいオリジナリティを追加。壮大な映像と共に迫力ある作品に仕上げた。







クイズに回答して、3問すべてに正解された方の中から抽選で5名様に
「BS10 スターチャンネル 特製折りたたみチェア」をプレゼント致します。

        

『特製折りたたみチェア』

使用時:約高さ540×横310×縦310mm / 収納時:約高さ550×横140mm
重量:約950g
耐荷重:80kg
(※赤・茶・ブルーのどちらかが当たります。色は選べません)


応募期間:2018年1月4日(木) ~ 1月17日(水)23:59


Q1.SF映画の金字塔『2001年宇宙の旅』の続編は何でしょうか?

A. 2010年  B. 戌年  C. 2050年

Q2.人類と地球外生命体との接触を真正面からとらえた、スティーヴン・スピルバーグ監督初期の代表作は何でしょうか?

A. フランダースの犬  B. 未知との遭遇  C. 007/ムーンレイカー

Q3.エイリアンたちと、困惑する人類との軋轢を描いた異色のSFアクションは何でしょうか?

A. キングコング  B. 名犬ラッシー  C. 第9地区

応募は終了しました
プレゼントに応募するにはシニアコム会員(無料)が必要です。
ご加入は今すぐ
ページトップへ戻る