新規会員登録 ログイン
シニアコム.JP 特集
FREE AGE × シニアコム.JP

おとなが情報を持ち寄る、大人の方々に向けた「生活お役立ち情報サイト」、FREE AGE。
シニアコム.JPでは、アクティブな50歳以上の方々にぴったりのFREE AGEの
お役立ち情報を、ちょっとずつご紹介していきます!
第60回は『「鹿肉レシピ」に挑戦 今注目の食材』をご紹介します。
最後までお読みください!

FREE AGE 生活を楽しくするお役立ち情報サイト

「鹿肉レシピ」に挑戦 今注目の食材

鹿肉のシチュー
ここ数年、鹿肉が注目を浴びていますね。脂身が少なく、ヘルシーな食材として、鹿肉を使った料理を提供するレストランが増えています。我が家でも今年、主人の知人が北海道から鹿肉を送ってくれたので、初の調理に挑戦してみました。
今回、食べやすく煮込んだシチューをつくったので、材料とレシピを紹介します。鹿肉は独特の臭みが気になるので、下ごしらえとして赤ワインに野菜と一緒に一晩漬けこみました。じっくりと漬け込むことで臭みが消え、圧力鍋を使わなくてもお肉が柔らかくなります。
材料
鹿肉のシチュー(4人前)
・鹿肉約300g
・タマネギ2個
・人参1個
・にんにく1カケ
・セロリ1本
・ジャガイモ2個
・赤ワイン1カップ
・水500ml
・ビーフシチューの素1箱
・コンソメキューブ1個
・ケチャップ大さじ2
・ウスターソース大さじ2
・バター適量
・塩、コショー少々
・ローリエの葉(無くても可)

鹿肉シチューのつくりかた
1.野菜の皮をむく、セロリは半分に切る。
2.鹿肉、皮むき野菜を丸ごと容器に入れて、赤ワインを注ぎ、冷蔵庫で一晩寝かす。※赤ワインは後から使うので、捨てずに取っておきます。
3.一晩寝かせた鹿肉を食べやすい大きさに切り、鍋でバターと塩こしょうで軽く炒める。
4.鹿肉に軽く焦げ目が付いたら、うす切りにした玉ねぎとそれぞれ食べやすい大きさに切った野菜を加えて、更に弱火で炒める。
5.鍋に水と赤ワインを注ぎ、ローリエを加え、中火で10分、アクが出てきたらすくって更に20分ほど弱火にかける。
6.お肉が柔らかくなり、野菜にも火が通ったようならシチューの素、コンソメキューブを入れ、弱火でもう10分ほど煮込む。
7.火を止める直前、ケチャップ、ウスターソースを加え、味をみて、お好みで塩こしょうを加える。
8.お皿に盛って完成です。



鹿肉の臭いが気になる方は長い時間、赤ワインに漬けておくことで臭いが消え、お肉も柔らかくなります。
今回調理した鹿肉は予め血抜き処理されていたものです。ご自分で血抜きする場合は、最初にお肉を水にさらしておくとよいでしょう。上手く血抜き処理されてないと、臭さが取れず、肉も固くなってしまうので注意してくださいね。
ちょっと手抜きして、シチューの素を使いましたが、美味しくできました。鹿肉も柔らかくて、シチューによく合っていました。
また、鹿肉が手に入ったなら別のレシピもつくってみたいものです。
よかったら皆さんも我が家のレシピで、鹿肉のシチューを召し上がってくださいね。

この記事の執筆者

ゆうゆう
はじめまして、ゆうゆうと言います。 現在は北海道に住んでいます 旅行が趣味で、年に2、3回はいろんなところへ出かけています。

FREE AGEとは

『FREE AGE』は、おとなが情報を持ち寄る、おとなの方々に向けた「生活お役立ち情報サイト」です。皆様がお持ちの「生活を楽しくする情報」を投稿していただき、多くの方々の参考としていただきたいと願っています。ジャンルは「衣」「食」「住」「遊」「休」「知」等々、生活にかかわるすべての情報を歓迎します。

フリーエイジ

ページトップへ戻る