新規会員登録 ログイン
シニアコム.JP 特集
FREE AGE × シニアコム.JP

おとなが情報を持ち寄る、大人の方々に向けた「生活お役立ち情報サイト」、FREE AGE。
シニアコム.JPでは、アクティブな50歳以上の方々にぴったりのFREE AGEの
お役立ち情報を、ちょっとずつご紹介していきます!
第79回は『朗読のすすめ』をご紹介します。
最後までお読みください!

FREE AGE 生活を楽しくするお役立ち情報サイト

朗読のすすめ

皆さんは朗読をご存知ですか。よく芸能人がステージで朗読劇をしていたり、有名なアナウンサーが朗読のCDを出していたりします。
私は高校に入学して放送部に入った時、初めて朗読に出会いました。
放送部に入っておられた方なら経験したこともあるかもしれませんが、放送部には野球部の甲子園のように、NHK杯という有名なコンテストがあります。
私は放送部に入部して以来、3年で引退するまで、このコンテストに出るために来る日も来る日も練習をしました。
私の通っていた高校には、顧問とは別に朗読を教えるために、かなりご年配の女性の先生がいらしていました。
この先生の指導がとても厳しく、かつわかりやすかったためか、私はありがたいことに高校3年生まで毎回予選通過することが出来、二年生の時には大阪大会で入賞することも出来ました。
ちなみにその時は課題作品の中から有島武郎の「或る女」を選びました。高校生の私には内容がよくわかりませんでしたが、毎朝、毎夕、そして昼休みと厳しい練習をがんばったこと、先生の教えが的確だったこと、そして運もよかったこともありいただいた表彰状は宝物です。
実は私は父の仕事の都合で大阪から東京へ行き、そしてまた大阪へ戻って来たので、どちらにいる時もアクセントが原因でからかわれることなどがありました。
しかし朗読ではその東京で暮らした経験がプラスになりました。
また大阪に戻ってきて高校に入学した当時は、関東の言葉で生意気だと少しいじめられたこともありますが、暮らしていくうちにすぐに関西弁に戻り、はじめいじめていた子たちと和解したのもいい経験です。その時に、このアクセントの使い分けは自分にとっては有利なのではないかと考えて放送部に入部したのです。
高校を卒業、大学生、そして社会人になり結婚、出産を経て、朗読に関わる機会はありませんでしたが、縁あってまた朗読を習う機会に恵まれました。
今は先生のご自宅で数人の生徒さんと一緒にマイペースでおけいこしています。

必需品であるアクセント辞典は毎年新しいものが出るそうです


朗読というものは、本をただ読むのではなく、まず正確なアクセントで読むことが大切ですので地道な練習が欠かせません。
そして、もちろん発声練習、これが大切です。しかも喉で出すのでは体がもちませんので、しっかりとした呼吸で声を出すために腹式呼吸が欠かせないのです。
一通りの発声練習をすると、夏場の教室でクーラーがかかっていても汗が出るほどです。
しかしこの発声練習をさぼらずしっかりと行うことで、カラオケをする時にマイク通りの良い伸びる声を手に入れることが出来ました。
(これは余談ですね。)
声を使うようなお仕事をされている方以外は、たとえば私のような主婦は日頃出す声の大きさはそんなに大きくはないと思います。
教室に来られている60代、70代の方々に尋ねてみると、年を重ねていくとどうしても滑舌が悪くなるので来てみたとおっしゃる方や、ボケ防止のために通っているとおっしゃるかたが多かったです。
来られている方はたいてい読書好きな方でとても勉強熱心。
教わることも多いです。



これは発声練習の一部です。集中していないとすぐに言い間違えてしまいます。
何歳であっても、何年通っていてもおけいこは発声練習からスタートです。
おなかに力を入れてしっかりとした声で、全員で発声、アクセントの練習を行います。
普段のおけいこでは先生からの課題作品を読み込み、あとの半分のおけいこの時間で各々好きな作品を持ち寄り、日にちを決めて披露していきます。
そして1年に一度、防音のきちんとしたサロンを借りて発表会をします。
この日のために皆二週間に一度おけいこに通い、家でも練習をして、衣装を決め、当日はリハーサル、そして本番を迎えます。
お友達や家族の前で朗読を披露するのは緊張もしますが、何より嬉しいのは、
「朗読を聞くのは初めてだけど、声を聴いているだけでその風景が頭に浮かんでくる」
と言って頂けたときです。
目の前の字をただ追いかけているだけでは朗読は出来ません。
自分の頭の中にも、その景色が浮かんでくるようになり、そして本や字など見なくてもそらで語れるようになるまで読み込む努力をします。
先生の朗読は素晴らしく、いつまで練習を重ねてもその足元にもたどり着くことは出来ないでしょう。
それでも、やはり本を読むことが好きで、声を出すことが好きなので、細々とでもいいので続けていきたいと思います。
皆さんも朗読、始めてみませんか?
いい脳トレになると思いますよ。
特に、本を読むのがお好きな方は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者

みゆみゆ

FREE AGEとは

『FREE AGE』は、おとなが情報を持ち寄る、おとなの方々に向けた「生活お役立ち情報サイト」です。皆様がお持ちの「生活を楽しくする情報」を投稿していただき、多くの方々の参考としていただきたいと願っています。ジャンルは「衣」「食」「住」「遊」「休」「知」等々、生活にかかわるすべての情報を歓迎します。

フリーエイジ

ページトップへ戻る