新規会員登録 ログイン

プレゼント

◀︎ プレゼント一覧を見る

「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」招待券【5組10名様】

エドゥアール・マネ《街の歌い手》1862年頃 Bequest of Sarah Choate Sears in memory of her husband, Joshua Montgomery Sears 66.304 
ジョン・シンガー・サージェント《チャールズ・E. インチズ夫人(ルイーズ・ポメロイ)》
1887年 Anonymous gift in memory of Mrs. Charles Inches' daughter, Louise Brimmer Inches Seton 1991.926

Photographs©Museum of Fine Arts, Boston 

「パリジェンヌ」は
流行じゃなくて、生き方です!
パリという魅力あふれる都市に生きる女性、パリジェンヌ。サロンを仕切る知的な女主人、子を慈しむ美しい母、流行を生み出すファッショニスタ、画家のミューズ、そして自ら道を切り開き才能を開花させた画家や女優―その多様な生き方は、今なお私たちを惹きつけてやみません。
本展覧会では、マネの《街の歌い手》をはじめ、ドガやルノワールなど印象派の巨匠が描いた女性の肖像、カサットやモリゾなど女性芸術家による傑作、カルダンやバレンシアガの斬新なドレスからブリジット・バルドーほか映画や舞台で活躍した女優のポートレートまで、ボストン美術館所蔵の多彩な作品約120点を通して、18世紀から20世紀のパリを体現する女性たちの姿に迫ります。


1.パリという舞台
――邸宅と劇場にみる18世紀のエレガンス

2.日々の生活
――家庭と仕事、女性の役割

3.「パリジェンヌ」の確立
――憧れのスタイル

4.芸術をとりまく環境
――制作者、モデル、ミューズ

5.モダン・シーン
――舞台、街角、スタジオ

>> 公式サイトはこちら

プレゼント内容

「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」招待券【5組10名様】

開催概要

展覧会名称 「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」
会期 2018年1月13日(土)~4月1日(日)
開館時間 10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館日 毎週 月曜日
※ただし、 2月12日(月・振替休日)は開館、翌13日(火)は休館
会場 世田谷美術館 1・2階展示室
主催 世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)、ボストン美術館、NHK、NHKプロモーション
後援 アメリカ大使館、世田谷区、世田谷区教育委員会
協賛 大日本印刷
協力 日本航空、日本貨物航空、小田急電鉄、東急電鉄
観覧料(税込) (当日) 一般 1,500円/65歳以上 1,200円/大高生 900円/中小生 500円
(前売/団体)
一般 1,300円/65歳以上 1,000円/大高生 700円/中小生 300円
※団体は20名以上
※障害者の方は500円(介助の方1名まで無料)、大高中小生の障害者の方は無料、
●リピーター割引 会期中、本展有料チケットの半券をご提示いただくと、2回目以降は団体料金にてご覧いただけます。
※他の割引との併用はできません。
●前売券 ※通常前売券は2018年1月12日(金)まで
展覧会公式HP、各種プレイガイドにて、チケットをご購入いただけます。詳細は「特設HP」より展覧会公式HPをご覧ください。
ページトップへ戻る

特集 [ FEATURES ]

第58回シニアコムカップ川柳コンテスト【応募作品】

第57回シニアコムカップ あいうえお作文【結果発表】

第56回シニアコムカップフォトコンテスト【結果発表】

FREE AGE vol.58

スターチャンネル|新春SF大特集

お得なクーポンサイト「くまポン」

ミノーレニュース1月号

月イチアンケートvol.25

コンサートに行ってみよう♪

美しく活きる。 第33回

ぽけかる倶楽部|気軽に旅を楽しもう!

ねんきん生活。|車中泊、はじめませんか?

主婦と生活社|車中泊、はじめませんか?

[ PR ]