新規会員登録 ログイン

【スポーツ・レジャー】連載記事

◀︎ 【スポーツ・レジャー】連載記事一覧へ戻る

鷹之台カンツリー倶楽部(千葉県千葉市)

日本オープン4回開催の名門コース

『憧れの名門コースでプレーを・・・』をコンセプトに会員サービスを展開するスポニチゴルファーズ倶楽部が『ゴルフファーなら一度はプレーしてみたい!』という、日本を代表する名門コースを月1回のペースでご紹介いたします。

メンバーの同伴や紹介がないとラウンドできない超名門コース、トーナメント中継でお馴染みのコース、有名設計家によるコースなどバラエティに富んだラインナップをご準備いたしました。記念すべき1回目は、オリンピックで注目を浴びる“旬”のコースです。

鷹之台カンツリー倶楽部(千葉県千葉市) ―日本オープン4回開催の名門コース―

鷹之台カンツリー倶楽部の歴史は、1930年(昭和5年)、「鷹之台ゴルフ倶楽部」が設立され、1932年(昭和7年)開場。1945年(昭和20)3月に太平洋戦争末期に閉鎖。その後、1952年に井上誠一設計にて工事着工され、1954年5月に開場。現在のコースは、井上誠一、和泉一介設計。

印旛沼疎水、花見川の西岸の高台にあり、概ねフラットだが、河岸段丘崖が利用されていると言われる2番、3番、4番あたりは起伏があり、前半アウトの見所。後半は、12番のバンカー群、そして14番から17番が、距離があり難しく面白い。

2011年の日本オープンでも平均ストロークが高く、後半の難所となったホール。1958年,1961年,2000年,2011年、合わせて過去4度、男子のメジャートーナメント、日本オープンゴルフ選手権が開催されている。

39年ぶりに開催された2000年(第65回)は尾崎直道が2連覇、そして記憶に新しい2011年(第76回)は久保谷健一とのプレーオフを制した韓国 べ・サンムンが優勝。

■コース概要
1954年5月23日(昭和20年開場)
設計:井上誠一、和泉一介
18ホール 7,102ヤード、パー72、コースレート73.6
HP:http://www.takanodaicc.or.jp/

記事監修:スポニチゴルファーズ倶楽部

憧れの名門コースでプレーを・・・・
http://www.s-gc.net/

ページトップへ戻る

特集 [ FEATURES ]

第47回シニアコムカップ川柳コンテスト【結果発表】

第48回シニアコムカップフォトコンテスト【応募受付】

第46回シニアコムカップフォトコンテスト【結果発表】

月イチアンケートvol18

ヒッチコック特集|STARチャンネル

社会見学に行こう! vol.8

FREE AGE vol.20

あなたが選んだ映画は何位に!!

ミノーレニュース3月号

美しく活きる。 第33回

お得なクーポンサイト「くまポン」

FREE AGE vol.19

大英自然史博物館展

相棒-劇場版IV-

突撃!編集部が行く!! 第4回

テレ朝チャンネルで大衆演劇を見てみよう!!

ぽけかる倶楽部|気軽に旅を楽しもう!

ねんきん生活。|車中泊、はじめませんか?

主婦と生活社|車中泊、はじめませんか?

[ PR ]