新規会員登録 ログイン

【グルメ・料理】連載記事

◀︎ 【グルメ・料理】連載記事一覧へ戻る

さんまのすだち寿司丼はいかがでしょう

材料(分量:2人分)

ごはん
2膳分
すし酢
大さじ4
すだち
4-5個
きゅうり
1本
少々
さんまの塩焼き
2尾

作り方

  1. すだち1個は横2等分にして、残りは絞っておく。きゅうりは小口切りにして塩もみし、水気を絞りすし酢につけておく。さんまの塩焼きは食べやすいように身をほぐしておく。
  2. ごはんにすし酢とすだちの絞り汁をふって混ぜておく。
  3. 丼にすし飯を盛り、さんまの身ときゅうりをのせ、すだちの輪切りを添えていただく。

ワンポイントアドバイス

油ののったサンマの塩焼きとすだちの組み合わせは絶妙ですね。さんまの身をほぐした丼ものにもすだちの絞り汁をたっぷりとかけてさっぱりした味わいばかりでなく、香りもたのしんでください。

目黒のさんま!といえば、落語の噺の一つとしてよく知られていますが、その目黒に私も住んでいます。

毎年9月のはじめに「目黒のさんま祭り」が開催され、岩手県宮古港からさんま6000匹、徳島県神山町からすだち10000個と栃木県那須塩原市高林から辛味大根500本が区民のお腹におさまってしまいます。

その徳島県神山町のすだちですが、ご縁がありまして徳島県より「なっ!とくしまソムリエ」と称して徳島県農林水産物の美味しさを皆様にお伝えする役目とおおせつかっております。ちょっとご紹介させていただきますと、すだちは、徳島県原産の香酸かんきつで、出荷量の全国シェアは98%だそうです。

どんな食材との相性もよく、さんまなどの焼き魚はもちろんのこと、醤油にひとしぼり、肉料理に、ドレッシングなどに加えてさわやかな香りも一緒にいただきます。

また、どうしても取りすぎてしまう塩味をすだちの酸味が緩和し減塩の働きも見逃せません。我が家では、冷水にひとしぼり、炭酸水にひとしぼり、もちろん、焼酎のすだち割りもありですね。

ところで、さんまとすだちのコンビネーションの目先をかえて、写真の「さんまのすだち寿司丼」はいかがでしょう。寿司酢にすだちをしぼって加えて、寿司飯をつくります。きゅうりは塩もみして寿司酢に漬けておきます。器に寿司飯をもって、焼いてほぐした秋刀魚ときゅうりを盛り、横二等分にしたすだちを添えてできあがりです。

寿司飯なので脂ののったさんまもさっぱりといただけます。お酒の後にもおすすめですが、食べ過ぎには気をつけましょう。

レシピ監修
養生薬膳アドバイザー・野菜ソムリエ
鈴木和代さん
ページトップへ戻る

特集 [ FEATURES ]

第50回シニアコムカップ川柳コンテスト【結果発表】

第51回シニアコムカップフォトコンテスト【応募受付】

第49回 ほんの三行の詩コンテスト【結果発表】

MSCクルーズ|日本の美を再発見する10日間

FREE AGE vol.27

月イチアンケートvol19

コンサートに行ってみよう♪

ミノーレニュース5月号

スターチャンネル|『TABOO』特集

FREE AGE vol.26

社会見学に行こう! vol.9

スターチャンネル|西部劇コレクション

お得なクーポンサイト「くまポン」

美しく活きる。 第33回

大英自然史博物館展

突撃!編集部が行く!! 第4回

ぽけかる倶楽部|気軽に旅を楽しもう!

ねんきん生活。|車中泊、はじめませんか?

主婦と生活社|車中泊、はじめませんか?

[ PR ]