新規登録

シニアコム

新規登録

長寿の秘訣はゆるい糖質制限 糖質は摂らなくても摂り過ぎてもNG

はじめに

「糖質制限」という言葉が随分、流行りましたね。しかし、間違ったやり方をして健康を害する人もいました。
糖質制限は正しくやれば、長寿も夢ではありません。正しい糖質制限とは「ゆるい糖質制限」のこと。 これから、なぜ、糖質の摂り過ぎ、糖質制限のやり過ぎがNGなのか、ゆるい糖質制限とはどんなものか、また方法などについて解説いたします。

そもそも糖質制限って何?

糖質はごはんやパン、スイーツなどに多く含まれています。 また、脂質、タンパク質と合わせて三大栄養素といわれ、最終的に糖質はブドウ糖になる物質です。
カロリー制限という言葉もありますが、カロリー制限とは主に、脂肪や糖質を制限して総カロリーを下げることです。
それに対して糖質制限はタンパク質や脂肪を維持しつつ、糖質のみを制限します。
ただし、カロリー制限ではないので糖質を減らした分、脂肪やタンパク質を増やし、過度のカロリーダウンにならないようにします。この加減は人それぞれでしょう。
では、糖質を多く摂ったり、逆に摂らなかったり、どちらもNGなのはなぜでしょうか?

糖質を多く摂り過ぎるとNGな理由

私たちの周りには糖質を含む食品がたくさんあります。ごはんやパンだけではありません。麺類、果物、ビールやお酒にも……。
最近は「低糖質食品」「糖質ゼロ」「糖質オフ」など、とにかく糖質が嫌われています。
実のところ、糖質の摂り過ぎはNGであることはすでに医学的に証明されています。
ごはんやパンなどの炭水化物を食べると、糖質と食物繊維に分かれます。糖質は小腸から吸収され、食物繊維は吸収されず、そのまま腸にいきます。
糖質は、最終的にこれ以上分解されない一番小さな単位のブドウ糖になります。
このブドウ糖は生体活動のためのエネルギー源です。
そして、糖質を含んだ食事を摂ると、血液中のブドウ糖が増え、処理しよう(血糖降下)とインスリンが膵臓から出てきます。
インスリンはブドウ糖を筋肉や肝臓に分配しますが、肝臓では中性脂肪の形にしておきます。
血液検査の表に「TG値」という項目がありますが、これが肝臓にある中性脂肪の量です。
体を動かさずに大福もち、ポテトなどを食べてばかりいると、ブドウ糖がどんどん作られ、増えていきます。
身体を動かさないのでブドウ糖はエネルギーになる必要がなく、インスリンはこの過剰なブドウ糖を肝臓に中性脂肪としてどんどん溜めこんでいきます。
当然ながら肥満の原因となります。
脂肪肝は肝臓に中性脂肪が高度に溜めこまれた状態です。

糖質の摂り過ぎてできる過剰な中性脂肪は万病の元

中性脂肪が溜まると(血中TG上昇)、
糖尿病、高脂血症などをはじめとする生活習慣病、肝機能低下、甲状腺機能異常、膵炎などになるリスクが高まります。
それなら、お腹が空くのを我慢して糖質を摂らないようにすればいいと思いますが、これはこれでNGなのです。

糖質を摂らなくてもNGな理由

糖質は脳や内臓を動かすために真っ先に必要なエネルギー源です。
三大栄養素の糖質、脂肪、タンパク質はそれぞれ独立しているのではなく、常に助けあっています。
糖質が体に悪いからと必要以上に糖質を制限したとします。
体内に糖質が入ってこなくなったことを感知した脂肪が糖質の代わりにエネルギー源になります。
このあたりで糖質制限を止めるか、ゆるくしておけばいいのですが、この時期までくると体重がかなり減っています。
そのため、、うれしくなってさらに過度の糖質制限をしたくなるかもしれません。
さらに過度の糖質制限をすると、脂肪もなくなり、最後の砦であるタンパク質が自分の身を削ってエネルギー源になります。
タンパク質は体の基本である細胞、筋肉、肌や髪の材料です。
タンパク質が減ると、髪は抜け、肌のハリツヤが消失、筋肉減少。
臓器もタンパク質でできているため、生命維持さえも危ぶまれてきます。
これではキレイになるためのダイエットの意味さえもなくなります。
というわけで糖質は摂り過ぎも摂らないのもNGなのです。 そこで「ゆるい糖質制限」を専門医たちは推奨しています。

ゆるい糖質制限のやり方

カロリー制限ではないので肉も魚もしっかり食べることができます。
ダイエットにしても総カロリーを減らすよりも脂肪にすり替えられてしまう糖質を減らすほうが効率よくダイエットできるといわれています。
そこで糖質を減らすといってもただ減らせばいいというものではないことがここまで読んでいただき、おわかりになられたと思います。
じゃあ、どれぐらいの糖質制限がいいのかということですが、北里大学北里研究所病院の糖尿病センター長である山田悟氏が考案された「ロカボ(low-carbohydrate:低炭水化物)」
をこれからご紹介します。

スイーツも食べられる「ロカボ」というゆるい糖質制限方法

ロカボは楽しみながらやるというのが定義になっているため、ちゃんとスイーツも食べられるのでちょっとうれしいですね。
一食の糖質量
20 ?40g。いつも一定量を。

糖質20~40gに相当する食品
・ごはん茶碗半分(約30g)
・食パン6枚切1枚(約30g)

脂肪やタンパク質はあまり、カロリーを気にせずにしっかりと摂りましょう。
ただ、高脂血症や腎機能低下のある方はそれぞれ、自分の病態に見合った脂肪やタンパク質の量を考え、主治医に相談しましょう。

スイーツ(し好品)一日糖質量
10g

糖質10gのスイーツ
・ブランのパンケーキ(糖質6.2g)
・なめらかチーズケーキ(糖質9.9g)

糖質10g以下のスイーツはコンビニなどにもたくさんあります。
楽天、アマゾンでも取り扱っています。

これで一日の糖質量の合計は70~130gになります。
これがゆるい糖質制限です。

ゆるい糖質制限は長寿につながる道

ゆるい糖質制限とはいえ、慣れるまでは大変かもしれませんが、体調を崩さずに糖質制限ができ、血液検査の数値がよくなっていく実感を味わうことができます。
糖質摂り過ぎによる糖尿病は、合併症をどんどん増やしてしまいます。
高血糖状態が続くと、全身の毛細血管から太い血管まで傷害をうけてしまいます。
糖尿病でなくても年を取るごとに耐糖性は弱まります。
時々でもいいので、ゆるい糖質制限をしてただの長寿ではなく健康寿命の長い長寿を目指しましょう。

まとめ

やはり何でも適量というものがあります。
糖質制限もやり方次第で毒にもなれば薬にもなります。
ゆるい糖質制限は本当におすすめなのですが、血糖降下剤を飲んでいる方はゆるいとはいえ糖質制限については低血糖を起こしやすくなるので絶対に控えましょう。全て主治医の指示に従ってください。

  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    終活年賀状(年賀状じまい)について

    1つを選んで回答してください。






    \ 1ポイントゲット! /

    送信
  • \ お得な情報を配信中! /