シニアコム

新規登録

シニアコム

新規登録

年々コレステロールが高くなるのは更年期のせい?改善方法は?

はじめに

シニア世代になり、コレステロール値が気になり始めてはいませんか?
年齢を重ねるとコレステロール値は上昇する傾向がありますが、男性に比べて女性の方がより上昇しやすくなっています。 その原因の1つが女性ホルモンの減少です。
今回は女性ホルモンとコレステロールの関係やコレステロールが高いことで引き起こされる病気、コレステロール値の改善方法についてお話しします。
この記事があなたの健康で生き生きとした生活の助けになれば嬉しいです。

女性ホルモンがコレステロールを下げる!?

女性の体の仕組みに大きくかかわる女性ホルモン。
その女性ホルモンのうち、「エストロゲン」という物質がコレステロール値に大きく関わっています。

まず、コレステロールについて少しお話しましょう。
コレステロールには善玉と悪玉があることはご存知かと思いますが、どうして一方は良く、一方は悪いとされているか知っていますか?
コレステロールのうち、善玉と呼ばれるHDLコレステロールは、全身からコレステロールを肝臓へ運んでくれます。
HDLコレステロールは体中の余分なコレステロールを回収し、血中のコレステロールを低下させてくれるので善玉と呼ばれるのです。
一方、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールは、肝臓から全身へコレステロールを運び出す役割があります。
LDLコレステロールが血液中に増えると血管にコレステロールがとりこまれやすくなり、その結果、様々な病気を引き起こします。
そのためLDLコレステロールは悪者とされているのです。

女性ホルモンのエストロゲンは主に乳房や子宮に作用しますが、実は肝臓や骨などの他の臓器にも作用します。
エストロゲンが肝臓で作用すると、肝臓の中で悪玉コレステロールがくっつく場所(LDL受容体)が増えます。
LDL受容体が肝臓で増えるとLDLコレステロールが肝臓にとどまるので、血中のコレステロールが低い状態になるのです。

シニアのコレステロールが高くなるのは女性ホルモンが減るせい

女性が閉経を迎えると、体の中のエストロゲンの量が減ってしまいます。
すると肝臓にエストロゲンが作用しなくなるので、閉経前に比べてLDL受容体がも減ってしまいます。
その結果、肝臓にとどまれなくなったLDLコレステロールが全身へと送られるようになり、血中のコレステロールも高くなるのです。
こうして、シニア世代の女性のコレステロール値は高値になります。
男性は若い時から体内のエストロゲンの量が少ないので、加齢によるコレステロール値の変化は緩やかですが、女性はエストロゲンの作用が減る分、コレステロール値の変化が大きくなりやすい傾向があります。

コレステロールが高くなるとどんな病気になりやすい?

血液中のLDLコレステロールが増加すると、血管の壁にコレステロールがとりこまれやすくなります。
すると血管の壁が厚く硬くなり、動脈硬化の状態になります。
動脈硬化によって高血圧、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの病気へとつながっていくのです。

コレステロールを下げるには?

血中のコレステロールを下げるには、食事のコレステロールを減らせばよいと考えていませんか?
しかし、日本動脈硬化学会では「コレステロール摂取量に関する声明」で次のように述べています。

高値となった血中LDLコレステロールを減らすためには、生活習慣、運動、食事など包括的に修正することが大切であり、コレステロール摂取のみを制限しても改善はほとんど期待できない。

つまり、コレステロールのみの摂取を減らしてもあまり効果がなく、運動や食事の内容を総合的に改善しなければならないということです。
ここからは、具体的な食事の内容や運動の方法についてみていきましょう。

食生活の改善

先程お話しした日本動脈硬化学会では、具体的な食事の方法として伝統的な日本食を推奨しています。
特に減塩を意識した日本食がお勧めです。
具体的には次のような食事を意識しましょう。
①一日のエネルギー量を「標準体重×20~30キロカロリー」にする。
②エネルギーの配分を脂肪20~25%、炭水化物50~60%にする。
③肉の脂身、乳製品、卵黄の摂取を抑え、魚や大豆製品を食べる。
④野菜、果物、海草を意識して食べる。
⑤アルコールは控えめに。

①の「標準体重」は、「身長×身長×22」を計算することで求めることができます。
身長はセンチメートルではなく、メートルで計算してくださいね。
(例:身長150センチメートルなら、1.50で計算)

運動を増やす

コレステロール値を改善させる運動は、有酸素運動が効果的です。
具体的にはウォーキングや水泳、ラジオ体操などの運動を「ちょっときつい」というペースで行うといいでしょう。
1日30~60分の運動を、週に3回以上行うように意識しましょう。

それでもダメなら薬の服用も視野に

食事や運動習慣を見直してもコレステロール値の改善が見られなければ、薬を服用しての治療を視野に入れることになります。
患者さんの体の状態によってコレステロールを低下させる薬を処方される場合もあれば、少なくなってしまったエストロゲンを補うホルモン補充療法(HRT)という方法を選択する場合もあります。
患者さんの体の状態によって処方される薬は変わるので、医師とよく相談することが大切です。

まとめ

シニア世代のコレステロールについてお話ししました。
閉経を迎えると女性ホルモンのエストロゲンが減り、その結果血液中のLDLコレステロールが増えます。
LDLコレステロールが増えると、動脈硬化を始め、心筋梗塞や脳梗塞を招く可能性があります。
血中のコレステロールを減らすためにはまず食事や運動習慣を見直しましょう。
生活習慣を見直しても改善が見られない場合には、お薬の服用が必要になるケースもあります。
充実した毎日を送るために、今回ご紹介した食事法や運動習慣を取り入れてみてくださいね。

参考文献 メディックメディア 病気が見える9婦人科・乳腺外科
一般社団法人日本動脈硬化学会 コレステロール摂取量に関する声明
http://www.j-athero.org/outline/cholesterol_150501.html
一般社団法人日本動脈硬化学会 コレステロール摂取に関するQ&A
http://www.j-athero.org/general/colqa.html
一般社団法人日本動脈硬化学会 一般の方々向け 動脈硬化の病気を防ぐガイドブック
http://www.j-athero.org/guide/


  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    あなたが興味のあるカテゴリーは何ですか?

    1つを選んで回答してください。






    \ 1ポイントゲット! /

    送信
  • \ お得な情報を配信中! /