シニアコム

新規登録

シニアコム

新規登録

その薄毛、女性でもなるAGAという男性型脱毛症かも!?

女性でもなるAGAとは?

実はサザエさんのお父さん「波平さん」のハゲ頭は典型的な重症のAGAです。女性はあそこまでハゲることはないにしても、女性もなるAGAってどんな病気でしょうか?

AGAとは?

AGA(エージーエー)とはAndrogenetic Alopeciaの略称で「男性型脱毛症」と和訳されます。
主に、前頭部や頭頂部が薄毛になっていきます。
男性は30歳半ばから薄毛になる人が増えますが、中には20歳代から髪が薄くなる人もいます。

男性は3人のうち1人の割合で発症するといわれています。
AGAは遺伝性の病気と言われていますが、最近は遺伝性によるものだけでなく、、生活習慣などの乱れからも発症する方が増えています。

AGA発症のメカニズム

テストステロンという男性ホルモンがあります。
テストステロンは5α-リダクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)というさらに強力な男性ホルモンに変わります。
このDHTが男性ホルモンレセプター(受容体)に結合すると、髪が抜けていくわけです、全ての髪が抜けるのではなく、抜けにくい部位もあります。それは後頭部と側頭部です。

サザエさんのお父さんの頭をもう一度思い出してください。
後頭部と側頭部には髪が残っていますよね。つまり、後頭部と側頭部にはDHTが結合する男性ホルモンレセプターが存在していないため、薄毛になりにくいということになります。

女性がAGAになる理由

女性の場合、更年期前ぐらいからエストロゲンという美髪、増毛効果のある女性ホルモンの減少やストレス、生活習慣の乱れなどでおきるびまん性脱毛症があります。
びまん性脱毛症は髪の全体のボリュームが減少していく病気です。

それ以外に女性を悩ませている薄毛がFAGA(女性の男性型脱毛症:以下、Fを略す)。
40歳近くになると徐々にAGAを発症する女性が増えていきます。
男性ほど多くありませんが、女性にもテストステロンがあります。
発症メカニズムは男性と同じで、症状も頭頂部の髪あたりから薄くなっていきます。

では、なぜ、中年近くなるとAGAを発症しやすくなるのでしょうか?

男性ホルモン減少も原因の一つ

「ハゲは男性ホルモンが多いから精力がある」なんていう都市伝説を思わせるような話をよく耳にしませんか?
これについてははっきりと解明されていない部分もありますが、「この話はあり得ない」というAGA専門医が少なくありません。

体内にあるテストステロンは、女性も男性も年齢と共に減少していきます。
「おっ、男性ホルモンが減るなんていいじゃない?女らしくなるんだから」って考えておられませんか?
実は体内のテストステロンは、年齢と共に減っていくエストロゲンの働きをサポートしてくれるんですよ。

女性は閉経すると、エストロゲンの大幅な減少で骨粗鬆症になりやすくなります。その一方でテストステロンは骨粗鬆症の発症を抑えようとします。
それだけではありません。若々しい肉体作り、動脈硬化の予防、精神の向上などにも欠かせない物質。もちろん、太くて丈夫なイキイキとした髪つくりにも関わっています。

少し、話が横にそれました。髪に話が戻ったところで、「テストステロンの減少もAGAの一因」という話を進めていきますね。
体内のテストステロンが減少すると、テストステロンからDHTに変える5α-リダクターゼの働きが活発になり、何とか男性ホルモンのバランスを保とうとします。
しかし、その一方で作られたDHTは次々と男性ホルモンレセプターに結合するために薄毛が進行していきます。このようなメカニズムで、AGAを発症しやすくなるわけです。

AGAの治療

AGAの治療薬があります。
一番、効果があると認められているのは、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインで推奨度Aにランクとされているお薬です。

推奨度Aランクの飲み薬:フィナステリド、デュタステリド(男性のみ)
推奨度Aランクの塗り薬:ミノキシジル(男性・女性)

女性が使えないAGA治療薬がある

実は、女性は推奨度Aにランされているフィナステリドやデュタステリドを使うことができません。
薄毛の原因となるDHTは髪にとっては忌まわしい存在ですが、男子の胎児の生殖器の発育には欠かせない物質。
よって妊娠中、あるいは妊娠の可能性のある女性は飲むことができません。
また、閉経後の女性に対しても、女性への安全性が確立されていないため禁忌となっています。

塗り薬の成分であるミノキシジルは頭皮下の血管を拡げて血流を良くしたり、発毛に必要な成長因子の分泌を促す働きをもっており、女性も使用できます。
ただ、男性と同じミノキシジルの濃度(5%)ではなく、1%濃度と決められています。
ミノキシジル含有製剤の外箱に女性用と表示されています。

AGAを予防するには?

AGAは遺伝だけでなく、男性ホルモンの減少、生活習慣や食生活の乱れなどが原因で発症することがあります。

今、流行っている筋トレで男性ホルモンを増やそう

筋トレは男性ホルモンを増やします。
今、女性の間でも筋トレが流行っていますよね。
ただ、男性のようにムキムキ、マッチョな身体を作るためというよりは、美尻を目指したり、、ボデイメイクをして筋肉量を増やしつつ、女らしい体型を維持する筋トレを実践している女性が多くなっています。
このような筋トレでも、もちろん、OK。
また、肥満は男性ホルモンを減少させます。太らないようにするためにも筋トレがおススメです。

血行を良くする

髪になる毛母細胞という細胞があります。毛母細胞がしっかり増殖(分裂)してくれればくれるほど、発毛が進みます。
この毛母細胞の増殖に必要な栄養分は血液と共に運ばれてくるため、血管がしなやかでしっかり開いているほどたくさんの栄養分を毛母細胞のほうに送り届けることができます。
よって、動脈硬化のない血管形成が薄毛の予防になります。

亜鉛やビタミンが豊富な食材を摂る

亜鉛は、髪の毛に関連するミネラルとしてよく知られています。
髪や頭皮の代謝を活発にしたり、それらの材質であるタンパク質の生成もサポートします。その上、女性ホルモンや男性ホルモンの分泌を促します。

ところで、牡蠣を食べるとき、レモン汁をかけませんか?
これは髪にとってもいい食べ方なのです。
牡蠣の中には亜鉛が、レモンの中にはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは髪の土台である頭皮のコラーゲン生成に欠かせない物質です。
というわけで、牡蠣を食べるときは、レモン汁をお忘れなく!

また、薄毛の予防には血行をよくすることも重要なのですが、食品の中には血行をよくしてくれるものがたくさんあります。
サバ、イワシ、サンマなど、青魚に多く含まれているEPAやDHAは動脈硬化の改善に良い成分で血行を良くしてくれます。

その他、血行を良くするビタミンといえば、ビタミンE。
大豆、胚芽、紅花油、緑黄色野菜などに多く含まれています。
ナッツ系などにも豊富に含まれ、特におススメです。ハリツヤのある髪作りにとても役に立ちます。

まとめ

最近、薄毛に悩む女性が多くなっているといわれています。
今回は、主に女性であるために見逃されがちな男性ホルモンの存在から薄毛の予防、解消を取り上げてみました。
髪の健康に心がけている女性は、いくつになっても若々しくみられますよね。

  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    あなたはインドア派?アウトドア派?

    1つを選んで回答してください。






    \ 1ポイントゲット! /

    送信
  • \ お得な情報を配信中! /