シニアコム

新規登録

シニアコム

新規登録

投資で大けがをしないための3か条

はじめに

「老後の生活を豊かにしたい」 「少しでもお小遣いがほしい」 「銀行では利息も本当に雀の涙……」 ということで、投資をやってみよう! と思う人もいるのではないでしょうか。特に本やSNSなどで投資の成功談を見た人はこのように思うでしょう。 しかし実は、投資にはさまざまなリスクもあります。投資である以上マイナスが出る可能性は否定しきれませんが、その「マイナス」を最小限に抑えられる3つの心構えをお伝えしておきます。

借金をしてまでやってはだめ!~身の丈にあった投資を

投資は、あくまで余剰金でやるべきものです。自己資金が20万円だけなら20万円を、10万円だけならば10万円を使って行っていくべきです。自己資金が少ないとたしかに儲けも少なくはなりますが、借金をしてまで行うとマイナスが出たときに取り返しがつきません。投資における「マイナス」は非常に大きく、投資額が大きければ一瞬で1000万円以上の損失が出ることも珍しくはないのです。 投資をする場合は、「最悪、投資した金額をすべて失っても大丈夫」「投資に失敗しても、生活を少し節約すればどうにかなる」という金額まででとどめておくことが何よりも重要です。どうしてももっと投資したい! ということであれば、最初の投資で出た儲けを入れればよいわけです。

株であれば「株価の上下」だけを見て考えるのは危険

株で儲けを出すための基本的な考え方の一つとして、「下がった時に買って、上がった時に売る」というものがあります。そのため、たとえば「現在の株価が1円(極めて低い)という状態にある株を買い、2円に上がった瞬間に売ればいいのでは?」と思う人もいるでしょう。しかし極端に下がった株を2円で買う人はほとんどいません。株価の上下だけを見て判断しようとすると、このような間違いを犯してしまいがちです。 株により儲けを出すための基本的な考え方にはもう一つ、「配当金」があります。持ち株の数と会社の業績に応じて年に1回出されるのが「配当金」です。この配当金は、「利回り」と呼ばれる数字が大きく関係してきます。利回りは、言ってみれば銀行における「利息」のようなものです。この数字が高いところは、持ち株に対する配当金の割合も大きくなります。そのため、株によって儲けを得ようとするのであれば、株価の上下とともに、この「配当利回り」も見る必要があります。

危ないと思ったらすぐに損切りを! 投資にはリスクがつきまとう

投資におけるもっとも重要なポイントは、「損をすることもある」ということです。銀行に預けたお金は余程の特殊な事情がない限り目減りはしませんが、投資の場合は常にリスクがつきまといます。買った時の金額よりも売ろうとするときの金額の方が安くなることなど、株をやっているとよくある話です。 このときには判断が求められます。 「これから先上向くのが分かっている」 「投資目的ではあるけれど、この会社の株を買った一番の理由はこの会社の経営方針や業務内容を応援したいと思ったから」 ということならば、損をすることは覚悟のうえで、そのまま持ち続けても構いません。 しかし純然たる「お金を稼ぐため」を第一の目的としているのであれば、損切りは早めに行うべきです。たしかに株価が回復する可能性も0ではありませんが、まだ慣れていないうちにそれを見極めるのはとても難しいことでしょう。初めのうちはとにかく「大きな損をしないこと」「大きな金銭的被害を出さないこと」を目的として運用していくべきです。多少マイナスになったとしても、大きな借金を背負う前に切ればそれほど痛手は大きくはありません。この場合も、最初に述べた、「余剰金をのみ使って投資を行う姿勢」が生きてきます。

他人のあおりにのってはいけない

投資をしようと決めたのならば、さまざまな情報収集が必要です。しかし投資関係の情報は玉石混合です。また、上級者にとっては有益な情報であっても、初心者では扱いが難しい情報が出回っていることもあります。 初心者は、その情報が「玉」であるか「石」であるかを見抜くことは困難です。もちろん上級者であっても、それを見抜くことは容易ではありません。 「次は○○の株が来る!」「この業界の株がアガる!」などのような情報を目にすることもあるかと思いますし、またさまざまな人が「アドバイス」をしてくることもありますが、他人のあおりには乗らないようにしましょう。 再度繰り返しますが、投資は、「失敗することのあるもの」です。「行えば必ずお金が儲かるもの」ではありません。それを分かったうえで、「どのようにしたらけがを最小限で抑えられるか」を考えて取り組んでいく必要があるのです。

  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    あなたはインドア派?アウトドア派?

    集計期間:2019/08/01〜2019/08/31

    インドア派

    25%

    ややインドア派

    21%

    どちらともいえない

    19%

    ややアウトドア派

    26%

    アウトドア派

    9%

    合計投票数:799票

  • \ お得な情報を配信中! /