新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

錯太郎
福岡県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2018年02月 >>
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728

ブログカテゴリ一覧

竹、竹、竹が生え。

光る地面に竹が生え。

錯太郎さんの作成したブログ一覧

年月:2018年02月



2018.02.28 16:48
ぼんやりタイム
先ほど、若者に「スマホ認知症」が増えているというニュースを知り、
驚くと同時に、無理もないと思えた。
あんなに、四六時中、情報ばかり脳に入力してたら、
そら、脳が疲弊するわな。
医師は、そうならないためには…
もっと読む
日記カテゴリ
コメント数(0)

2018.02.27 01:52
「もぐもぐタイム」に見る文化の違い
ヒラマサ五輪も終わり、ユーチューブで、カーリング女子の、
「もぐもぐタイム」の動画をいくつか見たが、
そこに、明らかな欧米諸国と日本の違いを発見した。
「もぐもぐタイム」では、欧米各国、
たとえば、ロシアも…
もっと読む
日記カテゴリ
コメント数(0)

2018.02.25 13:18
洗濯はつらいよ
三助は、久しぶりに洗濯をした。
三助の住むアパートの部屋には、洗濯機置き場が無い。
古いアパートなので、洗濯機を置くことを想定されてない。
三助は、洗濯機は持ってるが、置き場が無いので、
板間の隅にいつもは…
もっと読む
日記カテゴリ
コメント数(0)

2018.02.23 23:34
見ぬは極楽 知らぬは仏
三文作家の三助は、大のテレビ嫌いであった。
昔から殆どテレビを見ることなく、
見るとしても、年に二、三度ほどであり、
そういえば、今年になって、まだ一度もテレビを見てなかった。

そんなテレビ嫌いの三助も、2…
もっと読む
日記カテゴリ
コメント数(0)

2018.02.22 13:53
ゾウの鼻三法行
三文作家の三助は、いつの間にか、「福永三助」を名乗り、
巨大新興宗教団体「ゾウの鼻三法行」の総裁となっていた。
東京のビッグ・エッグに集った八万四千衆生を前にして、
福永三助は、有難い法話を始めるのだった…
もっと読む
日記カテゴリ
コメント数(0)

2018.02.20 16:22
気分がすぐれる
今現在、窓を開けた状態で、室内の温度計は、
17.4℃を表示している。
厳しい寒さが長く続き、三文作家の三助も、長くウツ気味で、
一日中、蒲団に臥せっていることが多かったが、
今日は、久しぶりに気分がいい。…
もっと読む
日記カテゴリ
コメント数(0)

2018.02.18 20:38
母親の秘密
三文作家の三助には、兼ねてからの一大疑問があった。
それは、己の母親、生みの母親の正体についてであった。
母親の言動は、三助が幼いときから理解を絶していた。
三助の母親、それの正体の怪しさは、
数え上げれば…
もっと読む
日記カテゴリ
コメント数(0)

2018.02.17 20:09
ゲームセンターにて
三流作家の三助は、今や50を過ぎて、すっかり枯れてしまったが、
そんな三助にも、若い時代はあった。
三助が、大学生のときだった。
熊本のアパートに一人住み、おおむね学問に打ち込んでいたが、
ときに、若者らし…
もっと読む
日記カテゴリ
コメント数(0)

2018.02.17 01:18
松屋物語
~松屋物語 その一~

三文作家の三助の居住しているアパートの近所に、
牛めしの「松屋」があった。
アパートから、歩いて2、3分の距離だった。
その「松屋」は、24時間営業でもあったので、
三助は、空腹を覚える…
もっと読む
日記カテゴリ
コメント数(0)

2018.02.15 22:44
蒲団 ~三文小説の試み~
バツイチの三助が、同じくバツイチの洋子と再婚したのは、
三助が52歳の春のことだった。
三助には子供がなかったが、洋子は子供を連れていた。
16歳の娘、萌だった。
三助の職業は、売れない三文作家であり、
しか…
もっと読む
日記カテゴリ
コメント数(0)
12
ページトップへ戻る