新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

とおるターン
兵庫県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2019年07月 >>
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

ブログカテゴリ一覧

風そ~ろりそろりん

おまけの人生、気楽にきままに、いい思い出にひたりながら、あたりをゆっくりと眺めて、ポソッと呟くことにします。

とおるターンさんの作成したブログ一覧

年月:2019年07月



2019.07.31 00:56
山の荒廃

 周囲は
豊かな山々に囲まれた
田舎暮らし。
生まれ育ったふるさとで、
町の生活からUターン、
終の棲家と
考えている。

 子供のころ、
山は遊び場であり、
山の幸に溢れていた。
蕨、ぜんまい、タケノコ、キノコなど…

もっと読む
日記カテゴリ つれづれ語り
コメント数(2)

2019.07.30 00:18
深夜わが天下

深夜過ぎて、
暑さで眠れず、
てなことを言ってますが、
もともと夜型人間。
調理師になってから、
徹夜の連ちゃんなんてのは
しょっちゅうの仕事でした。
そして趣味がマチュア演劇、
夜こそ活動が最も活発でしたね。
当時…
もっと読む
日記カテゴリ つれづれ語り
コメント数(0)

2019.07.29 01:23
うたた寝

いい天気だと思っていたら、
いきなりの大雨。
梅雨が明けたので、
家の周囲や畑の草刈りを
計画していたのが
思わぬ大雨で
おじゃんになってしまった。
最近の天候は
一体どうなってしまったのか
不安になる。
といってどう…
もっと読む
日記カテゴリ つれづれ語り
コメント数(0)

2019.07.28 00:44
土用の丑のノスタルジア

暑い中、
久しぶりに図書館へ、
展示物をチエック、
来訪者ノートも確認、
残る三日間
盛況であるように念じました。

図書館の新聞コーナーで
新聞を立ち読み、
そして見つけました。
わたしの詩が入選になっていました。
最…
もっと読む
日記カテゴリ つれづれ語り
コメント数(0)

2019.07.27 01:38
おもろいなあ、僕が先生やて?

「これからもよろしゅうに。なんも出来ひん子ですねん。先生だけが頼りです」

 M君のお母さんは何度も頭を下げて帰った。しかし、この頼みには弱った。だいたい私は先生と呼ばれるような人格者ではない。仕事…

もっと読む
日記カテゴリ つれづれ語り
コメント数(0)

2019.07.26 01:28
暑さの中

夏休みの時期を迎えて
新人保育士の娘も、
ようやく慣れたらしい。
食欲も回復し、
休日は友人と大阪へ遊びに行っている。
勤務するのはこども園。
幼保一元化の園児の半分近くは
やっぱり夏休み。
仕事量も減ったのか、
早…
もっと読む
日記カテゴリ つれづれ語り
コメント数(0)

2019.07.25 02:58
座右の銘

「まず好きになりなさい。そしたら努力も出来る。そして成果を得られる」


 そう教えてくれたのは、祖父だった。寡黙で黙々と働くイメージしかない祖父は、ちいさい頃の私には怖い存在だった。


 その祖父が…

もっと読む
日記カテゴリ つれづれ語り
コメント数(0)

2019.07.24 03:18
父の未練

半世紀以上、
レストランをはじめとした
喫茶・飲食業界を
調理ひと筋に生きて来た。
いまは静かに余生を送っている。

 実は我が息子の一人が
わたしと同じような調理人の道を
突き進んでいる。
今は名古屋近辺の
居酒…

もっと読む
日記カテゴリ つれづれ語り
コメント数(0)

2019.07.23 09:13
カミナリ

 蚊帳は
雷から本当に
守ってくれるのかな?
子供のころ、
そんな疑問を持つことはなかった。
親から聞かされ
信じ切っていた。

 ゴロゴロと鳴り出せば、
何はさておいても
蚊帳の中に飛び込んだ。
稲光や雷鳴から
少し…

もっと読む
日記カテゴリ つれづれ語り
コメント数(0)

2019.07.22 01:06
花火嫌い

 根っから臆病者の私、
花火は大の苦手だった。
打ち上げ花火など手は出ず、
手持ち花火も
バチバチバチと
火花が飛び始めると、
すぐに手を放してしまうほどの
怖がりだった。

 そんな私が
PTAの地区代表になった…

もっと読む
日記カテゴリ つれづれ語り
コメント数(2)
1234
ページトップへ戻る