新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

ルル
大阪府 /  女性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2021年04月 >>
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

過去の記事

ルル

ご訪問下さいまして ありがとうございます (*^_^*) この繋がりを 後半人生の大切な宝にしたいと思います ★『なにわ夢便り』(大阪の歴史・名所旧跡のご案内ブログ)  ライフワークのつもりで随時更新しています

◀ ブログ一覧を見る
2013.06.20 05:05

しおれた菖蒲としおれた私と

大阪市の城北菖蒲園(大阪城の北方)は、1.5haの敷地に約250種・13,000株の菖蒲が、淀川べりの回廊式庭園に咲き乱れ、訪れる人達を楽しませてくれます。

お友達のブログできれいな花菖蒲のお写真を拝見し、私も、気分転換に、このお花の盛りを見に行こうと思いました。が、母の頭部縫合後の症状が安定せず・・・昼と言わず深夜と言わず呼び出され・・・17日、やっと、少しの時間を見計らって参りました。


入口に、『連日30℃以上の気温と雨が降らない影響で花の寿命が大変短くなり、週末に菖蒲園の花の数が激減しました。状況をご了承の上ご入園いただきますよう、よろしくお願いいたします。』とありましたが・・・ここまで来て引き返せない・・・。

案の定 殆どの花は落ち、残った花達もしおれたり色褪せています。最盛期はどんなに美しかった事かと、想像しながらゆっくり回廊を歩みます。

色あせ枯れながら立つ憐れな菖蒲の姿・・・
あぁ 年齢的にも心情的にも今の私と同じ・・・
そう思うと、同情と親近感、愛しさが募ります。

どの写真も盛りの姿を想像しながらご覧下さい・笑

そう言えば兼好先生も、『花は満開のときだけ、月は満月ばかりを見るものか?そうではない。花が散り、月が傾くのを惜しむ気持ちも分かるが、情緒を解さない人に限って「この枝もあの枝も散ってしまった。今はもう見る価値はない」などと言う。月や花等すべてを、そのように最盛期だけ目だけで見るものだろうか、いや、そうではない。』と仰っていましたね。今の気持ちにぴったりで少し救われた気分です。


城北菖蒲園では、古式床しく『潮来出島』が流れていました。
菖蒲と言えばまずこの曲が浮かびますね~♪

お陰様で、回廊庭園が江戸時代の潮来の水郷のように思え、
菖蒲の中を行き交う舟や昔の人々の営みが見えるよう~。
”枯れ菖蒲”に一層心を寄せる見学になりました。


その『潮来出島』を今春頼まれたのも何かのご縁。急な事で付け焼刃の舞ですが、曲の紹介ついでに、今日の菖蒲と同様、褪せてしおれたワタクシメが務めさせて頂きます。

♪端唄『潮来出島』
潮来とは、茨城県霞ヶ浦の南東端、行方郡の水郷の町のことですが、元々板久村であったのを、元禄十二年、水戸光圀公が潮来村と改名したそうです。

光圀公が『潮来出島の 真菰の中で あやめ咲くとは しほらしや』と詠まれ、その歌から出来たのが潮来節と言われています(潮来町の菖蒲園には光圀公のこの歌碑がありますね)。

潮来節は舟唄からお座敷唄となり江戸時代に流行。潮来出島の丈なす真菰(*)の中に美しく咲く菖蒲(遊女)や男女の様を花になぞらえて表しています。


(*)真菰(まこも)・・・沼や川や田んぼの水路などの、水際のいたるところに自生するイネ科の大型多年草。しめ縄や茅の輪、盆ござ、ムシロ等に利用される。
日記カテゴリ その他
コメント数(113)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
★ヘルスさま
こんばんは~ コメントありがとうございます

城北公園は、小学生の頃からお馴染みでいらっしゃったのですか。お父様との思い出の場所でもあるのですね。

まだ市電が走っていた頃と言うと、かなり前ですね。
ならば大阪ご在住もかなりの年数になられるのですね。

>不思議な公園で菖蒲園と離れた隅っこに土俵もありましたよね。

それは気付きませんでした。
今もあるのでしょうか?

お父様も大阪でお育ちになったのですか。
淀川の川原でグライダーに乗って遊ばれたとは、
お父様もアクティブでいらしたのですね。
ヘルスさまのご活躍振りも親譲りかな?(^^♪
2014.02.16 12:38 ルルさん | 返信

こんにちわ。

大阪の案内と言うことで、早速お邪魔してみました。城北公園は、小学生の頃から裏のワンドへ釣りに、父親によく連れられて行ってました。まだ市電が走っていた頃です。子供だから、なかなか釣れず、それでも父親と一緒に過ごすのが楽しかったです。大きくなってからは、ここからだと自転車で移動した方が早いと解り、サイクリングにも行ってました。不思議な公園で菖蒲園と離れた隅っこに土俵もありましたよね。
父上は現在の工大、旧大宮中学?大宮高校?の出身で、淀川の川原でグライダーに乗って遊んでたそうです。
2014.02.16 08:58 ヘルスさん | 返信

★チバックさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>シニアコムがリニューアルしましたね。
>コメント欄が一番下にきたのには参りました。

本当に使いにくいですよね…。
お返事を書くにも1番下まで行かないといけませんもの。

日本舞踊1つ観るにも、そういう風に色々と比較して深い部分を探られる姿勢はさすがですね。
映画で鍛えられた眼がおありなのだと思いました。

しおれた舞に乙女心を感じて下さって、
恐縮しながらも嬉しいです^^

はい、おやすみなさい☆彡
猛暑が続いていますのでご就寝時も気を付けて下さいね。
(お名前の部分、カラーパレットが機能しなくて無理に作ったら変な色になりましたm(_ _)m)
2013.07.10 16:30 ルルさん | 返信

ルル様、こんばんは。
シニアコムがリニューアルしましたね。
コメント欄が一番下にきたのには参りました。

ルルさんの日本舞踊を拝見させて頂きました。
ただし、私は素人。1~2回、観たくらいでは、どこがいいのか分からない。
U-tubeに行って、4つほど、観てきました。
不思議なもので、もう一度、ルルさんの舞踊を観ると乙女の恋心がしっかり伝わってくる。ルルさん、綺麗でしたよ。
それでは、おやすみなさい。
2013.07.09 16:41 チバックさん | 返信

★やうちさま
こんばんは~ ご再訪ありがとうございます

>♪お土産はなあに~・・と 
> 籠のオウムが 言っています。

今回の旅行は、個人的なものでなく
CMの撮影ロケで、四国・松山に行って来ました。
でも日数も多く、雨も多かったですので、待ち時間の合間に、独りで道後温泉や松山城、大好きな秋山兄弟の坂の上の雲ミュージアムなどに行きました。
山頭火や正岡子規や碧梧桐などの足跡も多く、歴史の多い良い街ですね。
2013.07.08 11:37 ルルさん | 返信

★麟太郎さま
こんばんは~ 
お待ちしていたのを、よく気づいて下さいました(笑)

いえいえ、芍薬も牡丹も百合も遠い遠い昔の事でございます。
年齢的にも、枯れてしおれた菖蒲に我が身を感じました。

>ルルさんは、なんでもお出来になるので、
>本当に、びっくりです。

それは大きな誤解?買い被り?ですよ~(笑)
何でも齧ってみるほうですので、守備範囲は広いのですが、
結局何も身につかずにいつもふらふらしているのです…。

>ルルさんが東京にいらっしゃつたら、お会いして、
>サインをしてほしいとお願いしたいところですが、
>キット、何も言えなくて、もじもじしてしまいそうです。

まぁ~、お世辞でも光栄で勿体無いお言葉です。
私も、この年になってもよく赤面したりドキドキします。
6歳から日舞をやり演劇やモデルもやっていましたので、舞台では冷静にその役割を務められるのですが、舞台を降りた日常生活では、恥ずかしがり屋で引っ込み思案で、ご近所様やお友達との井戸端会議さえもモジモジして聞き役しか出来ません。

こちらこそ、いつもコメントを下さり、ありがとうございます^^
2013.07.08 11:24 ルルさん | 返信

★ナズナさま
こんばんは~ いつもありがとうございます
退院されお元気になられたようで、嬉しく思っています。
でもくれぐれもご無理はなさらないで下さいね。

>ルルさんの舞姿、嫋々した舞姿が素敵!
>何時かは実際の舞姿を見てみたいものです。

あはは、お世辞が過ぎますが、”嫋々した”という言葉、
最近は使う人がいませんが、とてもいい言葉ですね。
これを使いこなされるナズナさまに感動しました。
こんな舞で宜しければ、ご来阪の時に披露させて頂きますよ^^

潮来の菖蒲園でのお話、素敵ですね~。
日本舞踊でも、菖蒲や藤は花の精の化身として扱われます♪
2013.07.08 10:55 ルルさん | 返信

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花

加えて、

踊る姿は、菖蒲の花(今は、盛りの)

踊り、上手ですね。

ルルさんは、なんでもお出来になるので、本当に、びっくりです。

ルルさんが東京にいらっしゃつたら、お会いして、サインをしてほしいとお願いしたいところですが、キット、何も言えなくて、もじもじしてしまいそうです。

今は、そんなでもなくなりましたが、綺麗な女性の前に出ると、顔が赤らみます。



お忙しいのに、いつもコメントを下さり、ありがとうございます。

それなのに、このブログに気づくのが遅れました、すみません。
2013.07.08 02:26 麟太郎さん | 返信

ルルさんの舞姿、嫋々した舞姿が素敵!
何時かは実際の舞姿を見てみたいものです。

何の本だったか仔細は忘れましたが、夫を亡くして、
それから一人娘をを育て、娘が大学生になってほっとした頃もう50代が目の前、そんな女性の前に素敵な男性が現れます。
潮来の菖蒲園が出会いの場所、だけど1年もしないうちに男性には外国の過酷な環境への転勤が、彼女が何年でも待つとの決心で物語は終わるのだけど、男性は彼女を菖蒲の精と胸にしまったままで赴任地へ飛び立ちます。
2013.07.07 01:31 ナズナさん | 返信

★Miruさま
こんばんは~
2日の早朝から昨日まで家を留守にしていましたので、
お返事が遅くなりました、申し訳ありませんm(_ _)m

舞は本当に付け焼刃でお恥ずかしいですぅ、、汗(^^;
枯れた菖蒲と自分が重なり、又その前に偶然菖蒲の舞をしていましたので、関連記録としてアップなのですよ。

はい、ここの菖蒲園は情緒があっていいですよ、
大阪に来られた時は是非!ご案内させて頂きます(^-^)/
コメント、ありがとうございました^^
2013.07.06 16:38 ルルさん | 返信

こんにちは

いよっルルさま~

と思わず叫びますな、こりゃ。

色っぽいですよ。さすがね、付け焼刃にはみえませんよ。お疲れ様でした。


菖蒲園、いきたいな~
2013.07.02 08:16 Miruさん | 返信

★リュウジュンさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

リュウジュンさまは気遣いのお方ですからお世辞もお上手^^
でも私自身がよく分っていて、年齢的にも精神的にも
かなり枯れてしおれてきたと自覚しております…(´・_・`)

急な事で、付け焼刃の舞でお恥ずかしいですが、
楽しんで頂けたとのお言葉、嬉しいです~^^
もし大阪に来られる事がありましたら…
そして日程が合いましたら…
目前で舞わして頂きますよ~(^-^)/
2013.06.30 15:22 ルルさん | 返信

こんばんは!
舞を見せて貰いました、しおれてるどころか凛とされて、生で見たいです。
和装での舞、楽しませて貰ってますよ!
2013.06.30 11:36 リュウジュンさん | 返信

★えじまさま
こんばんは~ いつもありがとうございます
(昨日は朗読会の本番でずっと現地にいました。
 お返事が遅くなりすみませんm(_ _)m)

>片面は睡蓮がびっしりと、
>  また 反対の片面にはアサザが一面に、
>  希少植物とは言えど これだけ有ると、
>  写真を撮る気にも成りません

写真につきましてはど素人の私ですが^^、
2枚目の写真くらいの花数が 玄人さんのお好み、
何となく分かるような気がします。

浮いた話でしおれるのならいいのですが(笑)…
母は糖尿病と認知症に加え、
4月、5月と2度続けて頭部を縫合していますので、
日常生活も出来なくなり今も朦朧としています。
それにプラス、自分自身の老いや衰えも感じてるのですよ。
 
>御慈母様のご完治をお祈りしますと共に、
>  ご自身の御自愛をお忘れ無き様
>    おねがいします よ。

えじまさまのほうこそ、ご自分も大変ですのに、
いつも優しいお気遣いを下さり、ほんまに感謝です。
はい、無理のないようにしますので、
えじまさまもご自愛下さいませね。
2013.06.30 09:48 ルルさん | 返信

何時もネタ提供してくれる植物園の池、
 片面は睡蓮がびっしりと、
 また 反対の片面にはアサザが一面に、
 希少植物とは言えど これだけ有ると、
 写真を撮る気にも成りません、
2枚目の お写真
 これ位の花数が 変人には好みです ね!

そーなんですか?
   そーですのん、
 想像に余る ご苦労が、
しおれた私”
 浮いたお話でも?と、
 
 それに付けても御繁多な中
 何時も書込み頂きまして
  はんまに 申し訳ない事です。

御慈母様のご完治をお祈りしますと共に、
 ご自身の御自愛をお忘れ無き様
   おねがいします よ。

  


2013.06.29 08:14 えじまさん | 返信

★とっちゃんぼうやさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>この徒然草の中でも上記の文章は
>はっきりと記憶に残っていますよ。
>懐かしいな~ 

そうですよね、
『花は盛りに、月は隈なきをのみ、見るものかは…』
に始まる137段は暗記しましたよね。
仰せのように、年を重ねて来た事によって、
本居宣長先生よりも兼好先生の心情に近くなってきますよね。

>あんたはんの踊ってはる様を見て「どこがしおれてるの?」
>と皆さんは仰るだろうけど、”しおれた私”は外見ではなく
>母上様への沈痛な思いや或いは他のことに対する悩ましき
>思い、つまり内面・・・・・ですよね。

はい、母の病気と怪我、それに付随する諸事、そして母の事で時間を割く自分に対しての各種責任や各活動の鈍化など…色々な課題にも日々追われている感じです。
でも外見も、確実に枯れてしおれていますよ^^

>前回コメントさせてもらいましたように、「人生とは、
>嵐が過ぎ去るのを待つことではなく、雨の中でダンスする
>のを覚えること」という今まさにイギリスのことわざ通りの
>”困却の中にあって文字どおりダンス(日舞)してる”のが
>今のあんたはんやと思いますが、いかがでしょうか。

仰せの通り、そうかも知れませんね…。
でもとっちゃんぼうやさまも大きな労苦をお抱えになって、
私よりも大変かも分かりませんのに…いつもこうして優しいコメントを下さり申し訳ないような気持ちです。

>ともかく、小雨であれ、土砂降りであれ、
>それにめげずにダンスを続けたいものですね。 
>お互いに頑張りましょう。(ノ・ω・)ノ

はい、どれも人生の栄養になり肥しになるでしょうから、
逃げずに、自分から進んでダンスを続けて行きたいですね。
とっちゃんぼうやさまもお疲れの出ませんよう、
くれぐれもご自愛下さいませね。
2013.06.26 18:03 ルルさん | 返信

★kawayanさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>このような大規模な菖蒲園は行ったことがありませんが、
>満開の時期はどれほど素晴らしい光景が広がるのだろう
>と想像しながら画像を拝見しました。

そういう風にご覧下さって嬉しいです^^
この菖蒲園は大阪城の北、旭区・生江にあります。

>『潮来出島』
>ルルさんのご活躍ぶりを拝見し
>幅広い文化活動を実践されているのだと再認識しています。
>またこの端唄、歴史あるなのですね。
>継承される方も減っているのではないでしょうか。

こういう歴史も大切に継承したいですよね。
また長唄はもちろん端唄や小唄も、日舞や歌舞伎も、
分かるお方が段々少なくなって来ましたね…。
それらを勘案し、こういう舞も含めて伝統文化を広く知って頂きたい願いから、恥ずかしながらも動画を載せた次第です。
ご理解頂き、ありがとうございます^^
2013.06.26 14:47 ルルさん | 返信

★ルナのママさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

本当に…梅雨入り宣言してから全く雨が降りませんでしたが、
ここになってやっと梅雨らしくなって来ましたね。
でも今度は土砂災害等が心配で…思うように行きません…。

>美しい立ち振る舞いに客席
>(特別室)から拍手!

おおきに~ありがとうさんでございます(^O^)

仰せのように、何事も姿勢は大事ですよね。
ルナさまは凛としてきれいな姿勢でいらっしゃいますよ^^
2013.06.26 14:23 ルルさん | 返信

★やうちさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>大きな菖蒲園ですね。さぞ見応えが有るでしょうね~

はい、回廊造りで、見応えも情緒もありました^^
仰せのように潮来節は都々逸になっていますよね。
やうちさまのお得意分野ですね~。

>♪お前見初めた去年の五月
>  菖蒲あやめのお湯のなか~
 
これも潮来節の中に入れたいような歌ですね。
因みに、私は端午の節句の菖蒲湯と冬至の柚子湯は
物心付いて以来欠かしたことはありません^^

>ルルさんの『潮来出島』
>いいですね!楽しませて貰っています~

おおきに~です。
付け焼刃でお恥ずかしいですが…いつでもどうぞ~(^-^)/
2013.06.26 14:08 ルルさん | 返信

★アザレアさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>その後お母様のお加減は如何ですか
>介護で心身共にお疲れになっていませんか

お気遣い、ありがとうございます。
母は糖尿病と認知症の上に、続けて2度も頭部縫合ですから、今も朦朧とした感じが続いています。私も徹夜が続いたりして…年齢的にも体が思うようにならない時があります。

アザレアさまのお母様もご体調を崩されたのですか。
お義母様とお母様双方のお世話は大変な事でしょう、
しかも往復3時間のご実家なら尚更…。
ご心労お察しいたします。

こんな時はシニアコムの不義理も当然だと思います。
それよりも、アザレアさまのお身体のほうが心配です。
どうぞご無理のありませんよう(と言いましても
無理しないと行けない事も多いかと思いますが)、
ご自愛第一に進めて行って下さいませね。

そういう意味でも、お互いに、
5月初めにお逢いしておいて良かったと思います^^
2013.06.26 13:53 ルルさん | 返信

こんにちは~ 

<そう言えば兼好先生も・・・・・・と仰っていましたね。>

 今はどうか知りませんが、「徒然草」は「源氏物語」や「枕草子」そして「方丈記」と並んでわれわれの高校時代の古文の教科書の定番となっていたものですね。

 この徒然草の中でも上記の文章ははっきりと記憶に残っていますよ。

 懐かしいな~ 

 古文は苦手だったけど、それはともかく、上記の文章に対して「利口ぶっている心によるいつわりの風流であって、まことに小賢しい限り・・・・・」とその著「玉勝間」で”いちゃもん”をつけたのが江戸時代の本居宣長であり、これまた日本文学史の中の有名なエピソードとなってますね~

 そんな知識を得た若き頃「そんなもん、どっちゃでもいいやん」だったはずなのが、両者の見解の当否や賛否はともかく兼好さんの主張を心情的に理解できるようになりつつあるのは年の功なのかも????(;^ω^A

<しおれた菖蒲としおれた私と> 

 あんたはんの踊ってはる様を見て「どこがしおれてるの?」と皆さんは仰るだろうけど(数人のコメントしか読んでないのですが)、”しおれた私”は外見ではなく母上様への沈痛な思いや或いは他のことに対する悩ましき思い、つまり内面・・・・・ですよね。

 前回コメントさせてもらいましたように、「人生とは、嵐が過ぎ去るのを待つことではなく、雨の中でダンスするのを覚えること」という今まさにイギリスのことわざ通りの”困却の中にあって文字どおりダンス(日舞)してる”のが今のあんたはんやと思いますが、いかがでしょうか。

 斯く言う私もただ今雨中の人。(ノω・、)(´Д⊂

 雨は雨でも小雨から土砂降りもありですが、私の今の現状はこのような場で述べることはありませんから差し控えさせてもらいますが、ただあんたはんと異なるのはダンスするどころかおろおろするばかり。(´;ω;`)

「嵐が過ぎ去るのを待ってる」のは先日上記のことわざをしたり顔で紹介させてもらった自分かも・・・・(*´д`)=з

 前回のあんたはんの投稿で「何回もの土砂降りの中でもダンスを踊り続けてきた”玉突き千代さん”」が存命ならば、その爪の垢でも煎じて飲みたいもの。
 
 ともかく、小雨であれ、土砂降りであれ、それにめげずにダンスを続けたいものですね。
 
 お互いに頑張りましょう。(ノ・ω・)ノ
2013.06.26 03:16 | 返信

>1.5haの敷地に約250種・13,000株の菖蒲
このような大規模な菖蒲園は行ったことがありませんが、
満開の時期はどれほど素晴らしい光景が広がるのだろう
と想像しながら画像を拝見しました。

>『潮来出島』
ルルさんのご活躍ぶりを拝見し
幅広い文化活動を実践されているのだと再認識しています。
またこの端唄、歴史あるなのですね。
継承される方も減っているのではないでしょうか。
2013.06.25 23:48 kawayanさん | 返信

ルル様

こんばんは~

梅雨になっても雨不足で
花・野菜も 心配です。
いつもタフなルル様

♪端唄『潮来出島』

美しい立ち振る舞いに客席
(特別室)から拍手!

後姿も美しく見せて頂きました。
最近 姿勢が気になるルナです。





2013.06.25 10:37 | 返信

今日は! 遅れました~

>城北菖蒲園
大きな菖蒲園ですね。さぞ見応えが有るでしょうね~
♪お前見初めた去年の五月
  菖蒲あやめのお湯のなか~ 


>潮来節
♪花はいろいろ五しきに咲けど
    ぬしにまさりし花はない
  アヽよいやなよいやなア

都々逸なんですね。

ルルさんの『潮来出島』
いいですね!楽しませて貰っています~
2013.06.25 08:55 やうちさん | 返信

ルルさま
おはようございます

その後お母様のお加減は如何ですか
介護で心身共にお疲れになっていませんか

でも、映像を見て安心致しました
艶やかで素敵なルルさま

私はこのところ、実家の母(80歳で独り暮らし)も
体調を崩しており往復3時間かけて実家の方にも
通っています

そういう訳でここシニアコムのお友達にも
不義理を致しております

ルルさまくれぐれも
ご自愛下さいね
2013.06.23 23:31 | 返信

★tabo8861さま
こんばんは~ コメントありがとうございます

>目からウロコ 大阪に? 全く知りませんでした
>菖蒲を観る事でさえ花屋の店頭でしか

この菖蒲園は昭和39年に開園していますので、
tabo8861さまが大阪にいらした頃もやっていましたよ。
もし機会がありましたらご訪問下さいませ~♪

>それにしても詳しいですね 
>ルル様のブログを読むことで一日が終えそうです

時間を割いて頂きまして恐れ入ります。
これに懲りずにまたいらして下されば嬉しいです^^
2013.06.23 17:24 ルルさん | 返信

★hamccoさま
わ~本当にお久し振りですね~!何年ぶり? 
お顔を見せて下さり、嬉しいです^^

>年に数回しか覗かないので、驚く事ばかりです。
>色々 あったのですね(ノω・、)

ずっとお休みされていましたものね。
でも何かある毎に思い出して、
ブログにお顔を拝見しに行っているのですよ^^

その後、お変わりございませんか?
コメントを拝読すると、”今も日焼けの**??タイプ”
との事、一安心です。hamccoさまはそれが素敵ですもの♪

私のほうはこの2、3年でかなり環境が変わりました…。
父が亡くなり、それ為か?母が認知症になり、今は介護です。
でもそれまで親掛かりの温室で甘えていましたので、
この歳でやっと普通並みの大人になった感じ?
遅まきながら少しづつ人生の喜怒哀楽を学んでいます。

>お母様 お大事になさって下さい。

お気遣い、ありがとうございます。
あ、そうそう、
動画がUPできるようになったのはもう何年か前だと思います。
2013.06.23 17:09 ルルさん | 返信

★宙(sora)さま
こんばんは~ いつもありがとうございます

お母様はその後如何でしょうか?
その為にもお互いに体調を維持して頑張りましょうね。

>全然シオレテなんかいませんよ。
>美しい舞姿でした。

いえいえ、最近とみに年を感じて駄目ですよ~。
でもお優しいお言葉、おおきに~です^^
又、機会があればいらして下さいね。

>結構長い曲なんですね。
>日舞を日常の嗜みのひとつとされているルルさまにはどうと
>いうこともないのでしょうけれど、こういう長くてゆっくりと
>した動きの舞は なかなか覚えられなかった昔(;´∀`)を
>思い出しながら観せて頂きました。
>素敵な動画をありがとうございます♪

こちらこそ、ご覧下さりありがとうございます^^
日舞は間が大事ですから、洋舞よりも覚えにくい所がありますよね。この曲は3、4分ですので短いほうですが、長唄は短い物でも15分位ありますから、これから年齢を重ねるともっと覚え難くなるでしょうね。でも私は本格的な長唄のほうが好きです♪
2013.06.23 16:37 ルルさん | 返信

★西行桜さま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>渇水でしおれた菖蒲はともかく、
>ルルさんの色香はまだまだ瑞々しいやおへんか!

あらら、、今日はお世辞が過ぎるのとちゃいますか?笑
でも、枯れてしおれた花にお水を与えてくれはったみたいで、
ちょっと元気が出ましたわ。おおきに~です^^

>これなら勝負できまっせ!(なにを勝負せいちゅうねん!
>って?いえいえ・・・しどろもどろ)

あはは、ほんまや~。
何か分からしまへんけど…
菖蒲、いえ勝負しに行ってきますわ(^-^)/
2013.06.23 16:11 ルルさん | 返信

★乾さま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>母上の安定しない症状心配ですね。

糖尿病で認知症の上に、
続けて2回もの頭部縫合ですから中々難しいようです。

>やつれがちらりと、でも舞い姿には色香が香って来ますよ。

いえいえ、年齢的にも色香は枯れていますが(笑)、
お世辞でもそう仰って下さると元気が出ます^^

>潮来節は私も初めてですが、
>いろいろな情緒を含んだ唄ですね。

いい歌でしょ~♪
菖蒲を愛でる裏に男女の愛や情緒を含めるのは日本独特の手法ですから、和歌と同様の楽しさがありますよね。

>この写真とルルさんの文を見て頭に浮かんだのは
>夏草や兵どもが夢の跡、でした、今を見て
>以前の艶やかな姿や、凛としたものを頭の中で描く、

仰せのように、頭の中ではどの様にも描く事が出来ますよね。
枯れた物から昔の華やかさを描くのも楽しい事ですね。

>少し鋭気を養ったら又現実に戻りますが、
>疲れたら又行きましょう、鋭気を養いにね。

はい、そのようにしたいと思います。
お気遣い、ありがとうございます。
2013.06.23 15:50 ルルさん | 返信

★五右衛門さま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>これはこれは綺麗な舞でござったな。
>一度、生で見たいでござるよ。
>機会があれば、是非見たいものでござるな(^-^)/

付け焼刃の舞でお恥ずかしいですが、おおきに~です^^
こんなもので宜しければ、
いつでも舞わせてもらうでござりまするよ(^-^)/
2013.06.23 15:25 ルルさん | 返信

★ponjoiさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>端唄「潮来出島」
>初めて聞きますが良いですね。
>舞も素晴らしいです。

付け焼刃の舞でお恥ずかしいですが、おおきに~です^^
この端唄を皆さまに知って頂きたくアップさせて頂きました。
ponjoiさまも伝統の良さをお分かりなので嬉しいです♪

仰せのように…21日は夏至でしたが、
雨の「夏至」では日の長さが分かりませんものね。
2013.06.23 15:21 ルルさん | 返信

目からウロコ 大阪に? 全く知りませんでした
菖蒲を観る事でさえ花屋の店頭でしか
それにしても詳しいですね ルル様のブログを読むことで一日が終えそうです
2013.06.23 11:33 tabo8861さん | 返信

ルルさん
本当にお久しぶりです。

年に数回しか覗かないので、驚く事ばかりです。

色々 あったのですね(ノω・、)

動画がUPできるのですか??
ルル さん って、和の装いもピッタリですね。

私は、今も日焼けの**??タイプのまま。

お母様 お大事になさって下さい。




2013.06.23 11:19 hamccoさん | 返信

こんばんは。
全然シオレテなんかいませんよ。
美しい舞姿でした。

結構長い曲なんですね。
日舞を日常の嗜みのひとつとされているルルさまにはどうということもないのでしょうけれど、こういう長くてゆっくりとした動きの舞は なかなか覚えられなかった昔(;´∀`)を思い出しながら観せて頂きました。
素敵な動画をありがとうございます♪

菖蒲の花はまた来年の楽しみにしておきます^^
2013.06.23 10:57 宙(sora)さん | 返信

しおれた菖蒲としおれた私と

渇水でしおれた菖蒲はともかく、ルルさんの色香はまだまだ瑞々しいやおへんか!
これなら勝負できまっせ!(なにを勝負せいちゅうねん!って?いえいえ・・・しどろもどろ)
2013.06.23 01:40 西行桜さん | 返信

★ユウキさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>凛として、和の装いに舞う艶女。
>いいですね!

凛としているかどうかは自信がありませんが(汗、、)
お褒め下さり、おおきに~です^^

それにいつもお優しいお言葉にも和まされています♪
2013.06.22 17:09 ルルさん | 返信

★まりねさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>日本舞踊は腰が据わってないと様にならないと聞きますが
>ルルさんは基本がしっかりしてらっしゃって素人の私でも
>安心して見られます。

稚拙な舞姿をお褒め頂き、おおきに~です^^
でもほんまに年やしィ、褪せてしおれてますわ(´・_・`)

>城北公園の菖蒲、いつもと全然違いますね。
>園の方もあんな断り書きをしなくてはならないなんて
>残念でしょうね。

今年は梅雨の前に猛暑日が続きましたので、菖蒲さんも可哀想でしたね。園も、200円とは言えど入場料を取るので、納得して入って貰うよう気を遣っていらしたようです。
でも仰せのように、根はしっかりついてるので来年に期待したいですね。

>ルルさんお疲れが出ませんように・・・(^.^)

お気遣い、ありがとうございます(*^_^*)
2013.06.22 16:56 ルルさん | 返信

★菊さま
こんばんは~ いつもありがとうございます

満期の花より散る風情がいい…同感です。

>昨夜 なが~いコメントを入れてしまって、
>案の定ですが消えてしまいました。
>シニアコムの最悪な失敗を繰り返す阿呆です。

私もよくやってしまいますが、本当にガックリしてしまいますよね…同じ文を書こうとしても覚えていないし、新しい文を書く根気も失せている…そんな中で再度お手数を掛けて頂きすみませんm(_ _)m(前の文はどんなのだったか想像しています^^)
一生懸命考えて書いた長文ほど消えますもの…時間が経つと勝手にログアウトする機能を早く改正して欲しいものです・怒

>枯れる のは仕方ないとして、
>自分より老いた爺を見て ほっとした事あります。
>まだまだ若い自分を発見したのです。
>輝いているルルさんと違って、けっこうひがんでいます。

老いたお人を見てほっとする感じは分かるような気がします。
でも、菊さまがひがむって意外な感じ。私から見れば、菊さまこそいつも輝いていらっしゃいますもの^^

『潮来出島』で芸者さんの舞いを思い出されるのも菊さまらしいです~♪昔は花柳界も華やかでしたよね。
語弊があるかも分かりませんが…私も昼夜派手に楽しんだほうですので「バブルよ、もう一度!」と思う時があります(^O^)

>もうじきギラギラ太陽の輝く夏です。
>夏負けしない体力づくりに頑張っています。

ギラギラ太陽にあたると力が湧くように感じますね。
その太陽と仲良くなれるよう、お互いに頑張りましょう(^-^)/
2013.06.22 16:37 ルルさん | 返信

★もーさんさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

稚拙な舞をお褒め下さり、ありがとうございます^^

>喜怒哀楽を隠して暮らす人。
>隠さないでおおらかに暮らす人。
>様々です。

もーさんさまは前者でいらっしゃるのですね。
さすが、大人の器量をお持ちです。
私も同じ獅子座ですので、親分肌で、普段の生活では自分の事は押し殺して他人様の事に走るほうですが、血液型がOですので、かなりおおらかな所もあると自覚しています^^
2013.06.22 14:40 ルルさん | 返信

★アオさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

仰せの通り、動物や植物は我々を癒してくれますよね^^

>ルルさんもいろいろと大変なご様子
>少しでも時間が出来れば
>癒しの時間を取ってくださいね

お気遣い、ありがとうございます^^

>介護経験のない僕は
>ノーテンキな人生だったかも知れません

その分アオさまは、
お仕事で色々と頑張っていらっしゃいますもの。
私などより中身の濃い人生を歩まれていると思います。
私はついこの前まで、
親掛りの温室で甘えた人生を送っていましたので、神様からお勉強の課題を頂いたのだと思っています^^
2013.06.22 14:19 ルルさん | 返信

★きみどりさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>昨夜は確認ボタンを押したらコメが消えたので
>(アホでしょ)今日は再度挑戦します(^o^)

あらら、そうでしたか。お手数をお掛けしましたm(_ _)m
私もよくやるのですよ~。ここのシステムがアホですね・笑

>舞姿が艶やかで、とてもしおれた方には見えません。
>全身が映っていれば尚よかったですね。

ほんまに枯れてしおれているのですが…
そう仰って下さると元気が出ます。おおきに~です^^
最前列から撮って下さったので近すぎたようですね。

>亡き母もベッドから降りようとして足の骨が見える
>ほど怪我をしましたが治る前に退院させられて
>家での治療が長引きました。お察し致します。

きみどりさまもご苦労されたのですね…本当にお疲れさまでした。病院は処置が終われば退院させますもの、その後の家族は大変ですよね。
ほんとうに、年を取ると傷の治りも遅いですね。又母の場合は頭部ですので予断は許されず、怪我の為に認知症も進み…朦朧とした感じが続いています…。

兼好さんのお言葉、年齢を重ねる程に身に沁みますよね。
仰せのように、こういう目で見ればすべてが今輝いて見えますよね~♪
関西もやっと梅雨らしくなり、植物も田畑も活き活きしてきましたね。でも今度は豪雨の被害が心配です…人間は勝手なものだと思います。
2013.06.22 14:08 ルルさん | 返信

★Mapleさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>偶然というか?
>昨日19日に、仕事で鹿嶋神宮の方へ行ってきました。
>東京駅から高速バスに乗って行ったのですが、
>途中、潮来水郷というバス停に停車しましたあ。
>なんだか、不思議な縁を感じます。

いいなぁ~、でもすごい偶然ですね~。
Mapleさまが実際にその地に行かれた時、私は、
その地を思い浮かべて思索に浸っていたのですもの。
これも何かのご縁かも分かりませんね^^

>日舞を見ながら、
>あの辺りの景色を思い浮かべました。
>ありがとうございました。

稚拙な舞で本物の景色を思い浮かべて下さり、
こちらこそありがとうございました。
大阪の処々見物もよろしゅうに~^^
2013.06.22 13:39 ルルさん | 返信

★モルダウさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>ルルさん 
>しおれて なんかいないよ!

年齢的にもしおれた事は自覚していますが…
お優しいお言葉で少し元気になりました。おおきに~です^^

>形あるものはやがて変化し
>同化しますこの惑星と、、内なるものは輝いて
>います!信念が  舞も 美しく綺麗です

仰せの通りですね、さすが説得力がおありです。
私も信念を持って、舞も日常も、
内から輝けるよう頑張りたいと思います。

>私の生まれ故郷は茨城で潮来へは小さい頃 母に
>連れられて小船に乗った記憶があり蘇りました~♪

わ~、いいですね~♪
私も船で潮来の水郷めぐりをしてみたいです。

記事のアップは年に12本はしたいと思っていますが、忙しいとつい遅れがちになりますので、少し時間が出来るとなるべくアップするようにしています。
モルダウさまは丁寧な絵のアップをされますもの。おろそかにブログを書かれていない事がよく分かりますよ。これからも楽しみにしています^^

>お母様 お大事に 

お気遣い、ありがとうございます。
2013.06.22 13:28 ルルさん | 返信

★風藤 瞬さま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>光圀公が、そうだったんですか。水戸光圀、人が言う
>ほどの逸材とは、思えないのですが、ものの哀れが
>分かる人だったんですね。見直しました。

徳川御三家の2代目ですから、逸材でなくても特別扱いされ、文献などにも実力以上に大きく書かれたのでしょうね。
光圀公も、潮来の美しい遊女に心を傾けられたのでしょう^^

>大阪は大変だったんですね。
>小田原の花菖蒲は、しとしと降る雨の中、池の畔で群を
>なし、咲き乱れています。雨の似合う花ですね。

雨の中の盛りは一層きれいでしょうね~。
日本的でしっとりしたお花に雨は趣を添えてくれますよね。
大阪は6/18までは連日晴れの夏日で、36、7度の時も何度かありました。6月でこの気温ではお花も人間もしおれます…。

>カメラがもう少し、ロングであったら、もっと良かったの
>ですが。そうすれば、ルルさんの美しいお顔が切れること
>もなく、足捌きも映っていたんですが。

仰せの通り日舞は、顔は別として(笑)足捌きも大事ですね。これは1番前列から撮られたようで、近すぎて上下が切れましたが、何とか合わせようとしていらっしゃるカメラワークが見えます。ま、素人さんが頑張って撮って下さった事に感謝です^^

>大きな舞台ではなく、座敷で、ルルさんの舞いを
>見ることができたなら、最高でしようね。
>ああ、見てみたい。
>でも、それは夢のまた夢というものです。

私などに”夢”と仰って頂くだけでも勿体無いお言葉です。
枯れてしおれたルル奴で宜しければ、
どこのお座敷にも馳せ参じますえ~(^-^)/
2013.06.22 12:57 ルルさん | 返信

★リカさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

お察し通り、最近少し疲れを感じています。
年齢的な心身の衰えもあると思いますが…どなたも色々なお悩みを持って生きておられるのだから、私の疲れなんて取るに足りない…と言い聞かせて何とかやっております^^

>私にもかつて、そのような時期がありました。
>ただ、私はこのようなサイトも知ることが無く、
>一人っ子でしたから1人、苦しみました。

それはお辛かったでしょうね…お心をお察しいたします。
私は幸い3姉妹ですので、今も、
何事も一緒に話し合いながら進めています。

>ルルさんはたくさんの友達がいらっしゃるんですから、
>たまには甘えるのも良いのではないでしょうか。

うーん、これが中々出来ないのですよ…(^^;
生まれつきの親分肌なのか?…昔から、自分がしんどくてもそれを押し殺し、人様の悩みの相談や人様の為に動くほうを優先してしまうのです。でも無意識のまま自然にそうなりますので、体は疲れても後悔や辛さはありませんが(*^_^*)
2013.06.21 16:55 ルルさん | 返信

★シオンさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>お母様のご介護は大変ですね。
>どうぞお大事になさってくださいませ。

お気遣い、ありがとうございます。

>美しいルルさまの舞姿に見とれてしまいました。

いえいえ、付け焼刃でお恥ずかしいですが(^^;
皆さまに曲を知って頂きたいと思って載せました。
ご覧下さって嬉しいです、おおきに~^^

>しおれた菖蒲は残念でしたね、でも緑の公園も風情があって
>日頃のお疲れを暫し癒してくれたことでしょうね。

はい、仰せの通り、行って良かったです。
シオンさまもお疲れではありませんか?
梅雨に入ってジメジメした日が続きますので
どうぞご自愛下さいませね。
2013.06.21 16:25 ルルさん | 返信

★風太郎さま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>潮来出島ですか
>乙ですな
>昔の歌はゆったりしていて良いな

そうですよね。端唄、小唄、長唄などの良さを、
もっと皆様にも知って頂きたいですよね。

>潮来出島は東の歌
>大阪では、何かな
>野崎参りですかな

野崎詣りは今も大阪でやっていますよ。
そう言えば昔、日舞でもお染・久松をやりました♪
仰せの通り、この国の宗教は遊びや物見遊山も兼ねていましたね。お伊勢参りが代表ですが、熊野詣や四天王寺もそうですね。大阪では今もその名残があります。

>あやめとかきつばたは違うんだろうな

大きな違いは、あやめは乾燥地でも咲くがかきつばたはは湿地でしか咲かない。あやめの花は8cm内外で、かきつばたの花は12cm内外だそうです(城北菖蒲園の説明より)

>杜若といえば、藤原業平だな
>しかし、東の国では業平橋を消して、
>〇〇ツリ-とか変名したそうな  あわれだな

そうなのですか。
東京の事情は分かりませんが、残念な事ですね。
ら衣 つつなれにし ましあれば 
るばるきぬる び をしぞおもふ ですね。

>達者でな

ありがとうございます。
風太郎さまもお達者で^^
2013.06.21 16:13 ルルさん | 返信

★湘南ジョガーさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>美しい踊り姿、ありがとうございます。

付け焼刃の舞でお恥ずかしいですが(^^;
ご覧下さり、こちらこそ、ありがとうございます。

>(いつも大変な返信量ですから、
>私のはパスしてくださって結構です)

いえいえ、昔からのお友達と交流が続くのはとても嬉しい事ですから、喜んで返信を書かせて頂いています^^
2013.06.21 15:46 ルルさん | 返信

★イノイチボスさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>ルルさんの素晴しい舞に見とれていました。
>所作が華麗かつ艶やかですね。
>小野小町の和歌とは裏腹ですね。
>美しさが一段と増しているようですね^^

あはは、、ボスさまお得意の褒め殺しが出ました~^^
大阪は昨日も今日も長雨で、それを眺めながら、
”花の色は移りにけりな いたづらに
 わが身世にふる ながめせし間に” を痛感しています。
あ~せめて20年前に戻りたいものやわぁ~♪

>お母様の介護でお疲れでしょう。
>ご自愛なさってくださいね。

お気遣い、ありがとうございます。
2013.06.21 15:36 ルルさん | 返信

★杏さま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>その後お母様は大丈夫ですか?

お気遣い、ありがとうございます。
母はこの4月に転倒して出血多量で救急搬送され後頭部を10針縫合、それが治りかけた5月末、又転倒して今度は前頭部を12針縫合しました。そして今月も転倒し、出血は無かったものの顔の半分が紫色に腫れています。短期間に何度も頭を強打していますので頭の内部で急変があるかも知れず、注意して異常があればすぐ受信するようにと、脳外科医に言われていますが…母は認知症ですので、異常の自覚や訴えが出来ず、私達にも中々分からない状態なのです。

>ルルさんはいろんなことができ忙しく頑張っていて
>素晴らしいと思います。日舞も綺麗☆

いえいえ、いろいろなことが出来るのではなく、いろいろな事に頭を突っ込んで学ばせて頂いているだけですよ。じっとしていられない、オッチョコチョイの性格ですから^^
でもそう言って頂き、日舞もボランティアも一層精進しようと思いました。ありがとうございます。

仰せのように、私も、
いつかしおれてもそれはそれでいいんだと思いますね。
2013.06.21 15:25 ルルさん | 返信

★チョコミーさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>お母様のこと、大変でしょうね。
>でもルルさんが近くにいてくださるお母様は幸せでしょうね。
>離れていてなんの役にもたたない私なんぞとは大違いです。

故郷から離れていても、チョコミーさまはお心を沿わせておられますもの、一緒だと思います。
現代は、私のように生まれ育った場所で住み続けるほうが珍しいと思います。だから出来る事で、普通のことをしているだけですもの。

>兼好法師の心情、ものの見方にはうなずけますね。
>そして、さまざまな事象に心を動かされる感性は
>羨ましくもあります。
>舞いもそれと同じですね。ルルさんの感性から生まれてくる
>ものですよね。それが素晴らしいと思います。

あらら、褒め過ぎですよ、
恥かしゅうておえりゃせんよ~^^

>いいお話を聞かせていただき、いいものを見せて
>いただきました。ありがとうございます。

いえいえ、殴り書きと付け焼刃の舞でお粗末様でした。
こちらこそ、ありがとうございます^^
2013.06.21 15:10 ルルさん | 返信

ルルさん

母上の安定しない症状心配ですね。

やつれがちらりと、でも舞い姿には色香が香って来ますよ。

潮来節は私も初めてですが、いろいろな情緒を含んだ唄ですね。

この写真とルルさんの文を見て頭に浮かんだのは

夏草や兵どもが夢の跡、でした、今を見て以前の艶やかな姿や、凛としたものを頭の中で描く、

頭の中ではどの様にも描く事が出来ますし、此れも
又楽しい事ですよね。

少し鋭気を養ったら又現実に戻りますが、疲れたら又行きましょう、鋭気を養いにね。
2013.06.21 14:57 | 返信

ルルどの

これはこれは綺麗な舞でござったな。一度、生で見たいでござるよ。機会があれば、是非見たいものでござるな(^-^)/
2013.06.21 14:44 五右衛門さん | 返信

お邪魔します。

端唄「潮来出島」
初めて聞きますが良いですね。
舞も素晴らしいです。

ところで、今日は「夏至」
雨の「夏至」では「夏至」の意味がないですね。
2013.06.21 13:51 ボ ン ジ ョ ビ ( 旧 ponjoi)さん | 返信

★picoさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

城北菖蒲園は、大阪城の北と言いましても少し離れていて、旭区のほうになります。大阪駅からですと守口車庫前行きのバスに乗って「城北公園前」で下車すると目の前です。

>枯山水と同じように、花がなくても思惟思索をめぐらせば
>見えざる最盛期の花達を想像できますね。

そうですよね。
人も、思索をめぐらせば若い頃のきれいな姿を想像できますから、今度お会いする時は、現実を見ずにいっぱい思索をめぐらせて下さい~(^_-)-☆

>優雅な舞いを拝見しました。こちらは枯山水などではなく、
>リアルな最盛期の立派なお姿です。

いえいえ、しおれた姿を自覚していますが…
お世辞でもそう言って下さると元気が出ます、
おおきに~です^^
2013.06.21 09:25 ルルさん | 返信

★麻布十兵衛さま
こんにちは~ いつもありがとうございます

>ルル姐さんの踊りと扇の立派な菖蒲がみられたので、
>満足です。映像を見ていると、何となく「いずれがあやめ、
>かきつばた!」の言葉が浮かんで参りました。

映像をご覧下さり、おおきに~です
(十兵衛さまの大向うが聞こえましたよ^^)
あやめとかきつばた、似ていますよね。
大きな違いは、あやめは乾燥地でも咲くがかきつばたはは湿地でしか咲かない。あやめの花は8cm内外、かきつばたの花は12cm内外だそうです(城北菖蒲園の説明より)

>手前も母の介護の生活を送っておりますので、
>姐さんの大変振りがわかりますが、頑張ってください。

お気遣い、ありがとうございます。
お互いに頑張りましょうね。
2013.06.21 09:13 ルルさん | 返信

★和ちゃんさま
こんにちは~ いつもありがとうございます
お体のほうは快復されましたでしょうか?

>菖蒲にも気候が影響していたのですね。
>想像しながら楽しみましょう。

はい、想像しながら楽しむのも風流ですよね。
ニュースを見ると、関東の方はまだ咲いているようですね。
菖蒲もみんなに見て貰ったほうが嬉しいと思います^^

>ルルさんの踊りにはまだまだ花盛り。
>ひょっとして菖蒲が恥ずかしくて早く盛りを終えたのでしょうか。

あはは、お世辞が過ぎますよ~^^

>きっと踊りはブログで見させていただくよりは実際に見ると
>もっとみずみずしくさわやかだったのでしょうね。

みずみずしくさわやかの保証はありませんが(笑)、
やはり実際に舞台を見て頂くのが嬉しいです♪
2013.06.21 09:03 ルルさん | 返信

★ありりんさま
こんにちは~ いつもありがとうございます

>しかし,疲れることが多いとゲッソリしてきちゃいますよね…。
>私なんぞ,しおれるなんてとっくに過ぎて,
>もはや枯れ果て寸前です。
>でも元気出さなきゃと,自分に言い聞かせているところです。

そうですよね。
私も、何とか自分で鼓舞するようにしています。
でもお元気なありりんさまはまだ花の盛りですよ~。
あなたが枯れ果て寸前なら、私はとっくに枯れていますわ^^

>しかしルルさんの日舞は優雅で素敵!
>とても「しおれる」だなんて。ときには遊んじゃいましょう,
>haraさんとデートなんていかがですか?以前にも一度お会い
>になったんですよね,とっても楽しそうでしたョ…。(笑)

はい、5月にharaさま、ユウキさま、アザレアさまにお会いして楽しい時を過ごさせて頂きました。
でも、ありりんさまやリンさまはもっと早くに神戸まで行かれたのですからhara会?のご先輩ですよ♪
機会があれば大阪にもいらして下さいね(^-^)/
遊びは、ボランティアやお稽古事の範囲が広いですので、週の半分以上は遊びも含むお付き合いの予定が入ります。それに母の介護を入れますと、家事のほうがずっとやれない状態なのです…(´・_・`)
そうそう、日舞をお褒め頂き、おおきに~です^^
2013.06.21 08:38 ルルさん | 返信

凛として、和の装いに舞う艶女。
いいですね!
2013.06.21 08:26 ユウキさん | 返信

まあ、ルルさん美しい舞姿ですね。
褪せてしおれたなんてとんでもない。
日本舞踊は腰が据わってないと様にならないと聞きますが
ルルさんは基本がしっかりしてらっしゃって素人の私でも
安心して見られます。{拍手}

城北公園の菖蒲、いつもと全然違いますね。
園の方もあんな断り書きをしなくてはならないなんて
残念でしょうね。
でも根はしっかりついてるので来年に期待したいですね。
ルルさんお疲れが出ませんように・・・(^.^)
2013.06.21 07:35 まりねさん | 返信

満開の花より 散る風情がいい。

昨夜 なが~いコメントを入れてしまって、案の定ですが消えてしまいました。
シニアコムの最悪な失敗を繰り返す阿呆です。

>”枯れ菖蒲”に一層心を寄せる見学になりました。

枯れる のは仕方ないとして、
自分より老いた爺を見て ほっとした事あります。
まだまだ若い自分を発見したのです。
輝いているルルさんと違って、けっこうひがんでいます。

『潮来出島』、いいですね~。
芸者さんの舞いしか見た事ありませんが、そんな時代を思い出しました。
華やかで 楽しい頃でした。
もうじきギラギラ太陽の輝く夏です。
夏負けしない体力づくりに頑張っています。
コメントを書き直すと、ぜんぜん変わってしまいました。とりとめもなく ごめん。
2013.06.21 03:35 | 返信

端唄『潮来出島』の踊り、お上手ですね。

人間には、いろんな顔を持っています。

喜怒哀楽を隠して暮らす人。
隠さないでおおらかに暮らす人。
様々です。

私は、前者ではないでしょうか。
ちなみに血液型は、A型。
星座は、獅子座です。
2013.06.21 01:26 もーさんさん | 返信

動物や植物は我々を癒してくれますよね
ルルさんもいろいろと大変なご様子
少しでも時間が出来れば
癒しの時間を取ってくださいね

介護経験のない僕は
ノーテンキな人生だったかも知れません
2013.06.21 00:25 アオさん | 返信

ルルさん、おはようございます♪
昨夜は確認ボタンを押したらコメが消えたので
(アホでしょ)今日は再度挑戦します(^o^)

舞姿が艶やかで、とてもしおれた方には見えません。
全身が映っていれば尚よかったですね。
お母さまの頭部縫合の治り具合が良くないのですね。
年齢を重ねると傷の治りは遅いですね。

亡き母もベッドから降りようとして足の骨が見える
ほど怪我をしましたが治る前に退院させられて
家での治療が長引きました。お察し致します。

兼好さんのお言葉。本当におっしゃる通りですね。
こういう目で見ればすべてが今輝いて見えるかも♪
やっと雨が降り紫陽花も花菖蒲も生き返ったようです。雨が降り過ぎると文句の一つもでますが
雨は降る時期に降るのが有難いですね(^o^)
2013.06.20 21:27 | 返信

★沙羅さま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>まず お母様の看護お世話さまです。
>お忙しい中にも関わらず 花を愛でるお気持ち頭が下がります。

頭が下がるなんてとんでもありません。
親の介護はどなたも通る道ですし、沙羅さまのように植物を自分で育てる力も時間もありませんので、たまにはこういう場で多くの草木に触れるようにしているだけですよ^^

>兼好さんの言葉も身に染みました。
>綺麗なものばかり求めていました。
>萎びれかけている自分を嘆いていたので
>救われた思いです。

私も同じ気持ちで救われましたので、とても分かります。

>踊り素晴らしいです。お体お大事にね。

お気遣い、ありがとうございます。
この踊りは、前にお越し下さった「藤娘」の舞台の中に挿入して舞うことがよくあります。ですから本式の時はあのカツラとあの衣装です♪
2013.06.20 18:00 ルルさん | 返信

★ぶるーむーんさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>しおれた私なんて、ルルさんから
>出る言葉ではないと思いますよ。(≧▽≦)

いえいえ、この1年ほどでかなりしおれました(^^;
年齢的にも精神的にも過渡期なのかも分かりませんが、
出来ない事や落ち込む事も多く、老齢を自覚しています。

>私もまだ、こちらで菖蒲みてません、
>早く行かないと見ることが出来ませんよね。

場所によって違うと思いますが、
そろそろ終りになりますので早いほうがいいですね。

>最後になりましたが、お母さまいかがですか、
>お大事にね。

お気遣い、ありがとうございます。
母はこの4月に転倒して出血多量で救急搬送され後頭部を10針縫合し、それが治りかけた5月末、又転倒して今度は前頭部を12針縫合しました。そして今月も転倒し、出血は無かったものの顔の半分が紫色に腫れています。
短期間に何度も頭を強打していますので頭の内部で急変があるかも知れず、注意して様子を見るよう、異常があればすぐ受診するようにと脳外科医に言われていますが…母は認知症ですので、異常の自覚や訴えが出来ず、また傍の者が見ても判断が難しいのですよ。
2013.06.20 17:44 ルルさん | 返信

★チュウコウさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>城北花菖蒲園はS39年5月開園で「江戸系」
>「肥後系」「伊勢系」等楽しめますね。ここ
>2年ほどご無沙汰しておりますがよく管理された
>園だと思います。少し残念でしたね。

さすがよくご存知です。
チュウコウさまならではのいいお写真も
たくさん撮っておられる事でしょうね~。

>潮来出島素敵な気品溢れる優雅な舞い拝見しました。

お褒めに預かりおおきに~です^^
映画「鹿島の女」は知りませんでしたが、
それで潮来まで行かれたのですか、いいですね~。
今もあまり変わらないようで、前にTVで、
船でお嫁に行く光景などが放映されていました。

>懐かしタイムスリップ有難うございました。

こちらこそ、美しいお歌も書いて下さり、
ありがとうございました♪
2013.06.20 17:24 ルルさん | 返信

★キャベツさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>心は萎れそうになるときもあるでしょうが
>お母様の看護合間のわずかな時間にこうして
>慈善団体の催しに駆けつけて皆さんを楽しませて
>いらっしゃる。本当に頭が下がります。

何も出来ていませんのに、温かい目でそんな風に仰って下さると恐縮して恥ずかしくなりますが…母の状態を見ながら、日々のボランティア活動やキャベツさまにもご協力頂いた「イラク・アフガンの子供達を救う会」も休まず続けています。妹も同様に各種支援活動や民生委員を続けています。これらは祖父母や父母からの使命?ですので、母も認知症でなかったら「私の事はいいからそちらに行きなさい」というはずですから。

>旬の花菖蒲のごとくお美しい!
>お顔と体の絶妙な動きに日ごろの鍛錬の粋を感じます。

いつも身に過ぎた褒め方、おおきに~です^^
それに細部まで神経の行き届いた見方で感激です。
それを励みに芸の道も精進していこうと思います(*^_^*)

>お母様のご回復をお祈りいたしております。

お気遣い、ありがとうございます。
この先急変が起こらず無事に居る事を祈るだけで、
多分回復は無理だろうと思いますが…。
2013.06.20 17:02 ルルさん | 返信

★Takezoさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>お母様の介護、看病大変そうで
>それに比べれば私の義母は、外見は元気そのものに
>見えてしまいます

いえいえ、其々のお家で其々の大変さがありますもの、
比べることはできないと思いますが…
外見がお元気に見えるとは、とても羨ましく思えます。

関西は梅雨入り宣言してからも雨が降らず、36、7度の猛暑日が続きましたので、菖蒲にはきつかったでしょうね。

>ルルねぇの艶姿は、ほれぼれしちゃいますね
>お見事!

あはは、、お世辞でもおおきに~です^^
このところ心身とも少し沈んでいますので、
そのお言葉を励みに立ち直りたいと思います♪
2013.06.20 16:11 ルルさん | 返信

★chuuchichiさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>でも、緑の中を散策する事で
>いいストレス解消になったのではないですか。

はい、緑と水の中の散策は気持ち良かったです。
又しおれた菖蒲達に会って、何だか救われた気もしました^^

>ルルさんの踊りを拝見していると
>満開の菖蒲が咲いているようでしたよ。

おおきに~です。満開はとうの昔に過ぎていますが、
そのお言葉を励みにもう少し頑張りたいと思います^^
2013.06.20 15:38 ルルさん | 返信

★我太郎さま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>日本舞踊はどこをどう見れば良いのかさっぱり分かりませ
>んが、随所の科の艶やかさは目が無くても見えるよ
>ただ、顔を隠さんでもええやんウッヒ

あはは、、顔を隠した訳やなくて、これを前列から撮られたようで、近すぎて尺が足りなかったようですわ。
日本舞踊でも何でも、1番大事な見方は、
技や作法よりも感じたままですから^^

>花は咲いている時だけしか見んなあ
>本間、写真やってると視野が狭くなるわ
>レンズ角しか見てないもんね

だからこそ、精巧な写真が撮れるのですよね。

>城北公園は、阪急淡路駅から歩いて、赤川鉄橋で撮鉄や
>って、ついでのパッチで行ったら菊花展の最中で、
鳥撮り忘れて菊撮って、また淡路まで帰って、
>歩くのは毎度ですが、鳥撮らずには最長でした

そんな盛り沢山をやりはったなんて、さすがご健脚!
長距離歩くのが苦手な私は、往復ともバスでした^^

>歳は誰でもとるが、芸に歳はあれへんで
>格好つけちゃった~ヘッヘ

格好つけるどころか、大事な事をおおきに~です。
これをお聞きして、今、背筋がピンとしました。
ほんまですね~、高齢のお人でも凛とした娘の舞をされますし、年と共に芳醇な味を出されていますよね。勝手な事で「しんどい」なんて言うてるのが恥ずかしくなります…。
2013.06.20 15:25 ルルさん | 返信

ルル様、こんばんは~♪

偶然というか?
昨日19日に、仕事で鹿嶋神宮の方へ行ってきました。
東京駅から高速バスに乗って行ったのですが、
途中、潮来水郷というバス停に停車しましたあ。
なんだか、不思議な縁を感じます。

日舞を見ながら、
あの辺りの景色を思い浮かべました。
ありがとうございました。
2013.06.20 15:24 Mapleさん | 返信

ルルさん 
しおれて なんかいないよ!

形あるものはやがて変化し
同化しますこの惑星と、、内なるものは輝いて
います!信念が  舞も 美しく綺麗です

私の生まれ故郷は茨城で潮来へは小さい頃 母に
連れられて小船に乗った記憶があり蘇りました~♪

日々忙しい中 記事書くのは偉いな~私なんか然程
忙しくないのに、、そのうちにアップします私も^^;

お母様 お大事に 



2013.06.20 14:56 | 返信

★ケロッコさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>介護で大変な中でのご活躍 頭が下がります

いえいえ、ケロッコさまのご活躍に比べますと、
私のやっている事なんて取るに足りないですよ(^^;

>ステキな舞踊を拝見し 伝統文化の良さを見直す
>いい機会でした(普段はトンとご無沙汰で)

付け焼刃の舞踊で恐縮ですが、
そういう風に見て下さると嬉しいです(*^_^*)

>ますますの精進と
> 一日も早いおかぁさまの回復を祈っています

こちらこそお気遣い頂き、ありがとうございます。
2013.06.20 14:31 ルルさん | 返信

★K.OZAKIさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>もう少し早く降ってくれたら、花もきれいでしたでしょうに、
>残念でしたね。

そうなのですよ、
せめて5日前に一雨あればもう少し元気でしたのにね。

>舞い姿 素敵ですよ。動きも滑らかでお美しい。
>萎れてなんかいませんよ。

いえいえ、最近とみに衰えを感じております。
でもそのお言葉で少し元気になれそうです、
おおきに~です(*^_^*)
2013.06.20 14:22 ルルさん | 返信

★空さま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>写真の風景では満開の頃は見事な花菖蒲でしょうね。

はい、満開時は見事でTV局や素人カメラマンさん達が押し寄せます。その混雑を思えばこの日のほうが趣があったかも?^^
仰せのように、来年は満開時にも行ってみようと思います。

>hahahaさんのおっしゃる様に「ノハナショウブ」は
>広い野原に(平尾台)数本咲いているだけですが
>1年に一度の出会いは感動ものです。

やはりそうなのですね。
都会の真ん中で育ちましたので野原の菖蒲は知りませんでした。

>朝からルルさんの踊りをしみじみと見させて頂きました。
>艶姿は素晴らしかったです。
>本当に憧れますね!

過分なお言葉、おおきに~です^^
本当に付け焼刃ですので、見ると諸所にガックリして自分で見るのは嫌なのですが…菖蒲園に流れていた曲のご縁と、枯れ菖蒲への共感で掲載いたしましたm(_ _)m

大阪も昨日から雨が集中しましたが、お陰様でこちらは何の被害もありませんでした。明日も雨でお昼過ぎからは台風の影響で豪雨になるとか?そちら方面もご注意下さいね。


>お母様の介護大変でしょうが、体に気を付けて
>頑張って下さいね。

お気遣い、ありがとうございます。
近ければ空さまやアンズさまの所に入れて頂きたいです。
でも小倉は遠すぎて…いつも残念に思っています…。
2013.06.20 14:06 ルルさん | 返信

★そ らさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

そうですよね、もう少し雨が早く降ってくれれば、
菖蒲達も長く元気でいられましたのにね。
大阪は連日30度超えで、先週は36、7度の猛暑日が続きました。ところが昨日からは雨で台風も近づき、今度は被害が心配なほど豪雨です。本当に、縦長の日本を感じますよね。

>素敵なルルさんの日本舞踊を拝見し、
>つくづく感じたことは、足腰が強靭でなければ、
>舞えない!!ということです。

仰せの通りですね。
表面は楽に見えますが足腰から指の先まで神経を使いますので結構きついです。私などは鍛錬が出来ていませんが、玉三郎さんなど歌舞伎の女形さん達も筋肉が凄いですもの。

>朝から、とっても素敵な画像を拝見し、
>元気を頂きました~。<(_ _)>

そのお言葉に、私のほうが元気を頂きました、
おおきに~です(^-^)/

>お母様のご快癒を、心より祈念申します。 
>どうかお心をあまり傷めませんように・・・。

お気遣い、ありがとうございます。
2013.06.20 13:22 ルルさん | 返信

光圀公が、そうだったんですか。水戸光圀、人が言うほどの逸材とは、思えないのですが、ものの哀れが分かる人だったんですね。見直しました。


>連日30℃以上の気温と雨が降らない影響で花の寿命が大変短くなり、

大阪は大変だったんですね。
小田原の花菖蒲は、しとしと降る雨の中、池の畔で群をなし、咲き乱れています。雨の似合う花ですね。

ルルさんの舞い、流石です。
カメラがもう少し、ロングであったら、もっと良かったのですが。
そうすれば、ルルさんの美しいお顔が切れることもなく、足捌きも映っていたんですが。

大きな舞台ではなく、座敷で、ルルさんの舞いを見ることができたなら、最高でしようね。
ああ、見てみたい。
でも、それは夢のまた夢というものです。
2013.06.20 13:06 風藤 瞬さん | 返信

★リンさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>お母様の介護、大変ですね、
>お身体に気をつけて頑張ってくださいね。

お気遣い、ありがとうございます。
今は母が子供のように思え大変とは思わないのですが、私の
体力や気力の衰えで思うように動けず焦る事が多いです…。

>兼好法師のお話、なるほど・・・と感じ入りました。そういう
>見方をすれば、しおれた菖蒲も風情があるというものですね。

そうですよね~、
私もこれを思い出して少し救われました。

>やはり、ルルさんのblogは、”秀逸”です。

日舞もブログもお褒めに預かりおおきに~です^^
でも”秀逸”は、私とかけ離れ過ぎで怖いですわァ~・笑
2013.06.20 13:00 ルルさん | 返信

★グランパさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>ルルさんの奥が深いのに常に感心します。

何をおっしゃいますやら…
玄関を開けるとすぐ裏口の、浅い未熟者ですよ^^

>先生曰く、満開、見頃、満月を皆楽しむことが
>多い。しかし散る花、月がかける様など、それは
>また趣がありますね。

仰せの通りですね、
これも年齢を重ねるほど心に沁みますよね。
2013.06.20 12:46 ルルさん | 返信

★あゆ27さま
こんばんは~ いつもありがとうございます

ご主人様、如何でしょうか?

>お母さんが手術した事も知らず申し訳ありません。
>症状が良くなる事を祈ってます。

お気遣い、ありがとうございます。
母はこの4月に転倒して出血多量で救急搬送され後頭部を10針縫合しました。で、それが治りかけた5月末、又転倒して今度は前頭部を12針縫合しました。そして今月も転倒し、出血は無かったものの顔の半分が紫色に腫れています。
短期間に何度も頭を強打していますので頭の内部で急変があるかも知れず、注意して様子を見るよう、脳外科医に言われていますが…母は認知症ですので、異常の自覚や訴えが出来ず、中々難しい状態なのです。

>兼好先生の言葉に、私も違う見方が有るのだと感心しました。

この言葉、年を重ねるとより感じますよね。

>ルルさんは、しおれてなんていませんよ!(^^)!
>踊る姿は、艶やかで憧れます。素敵です(^ヮ^)/

いえいえ、しおれて色褪せていますが、
お優しいお言葉で少し元気になれそうです、
ありがとうございます(*^_^*)
2013.06.20 12:39 ルルさん | 返信

★hahahaさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>しおれたルルさん?
>輝くルルさんの間違いだぁ~(^o^)

あはは、、お世辞でもおおきに~です。
少し弱っていますので、それを励みに立ち直ります^^

大阪も昨日から雨が続いています。
もう少し早く降ってくれたら菖蒲も元気でしたのにね…。

>こちらでは「菖蒲」は風呂に入れるあの菖蒲の事ですが、
>ところ変われば呼び名も様ざまですね。
>花は至って地味で普通は葉に隠れて見えないです。
>花菖蒲は園芸品種で、原種は「ノハナショウブ」と言って
>こちらでは野山に自然に咲いてます。
>たった1本だけポツンと咲いてる事が多いですが・・・

ご教示、ありがとうございます。
野山に咲いている花菖蒲がそのようなのを知りませんでした。
仰せのように菖蒲は呼び方が色々ですね。
私も五月のお節句には菖蒲湯を欠かした事がありませんが、
こちらでは、それを「しょうぶ」、花菖蒲を「あやめ」と言っています。
2013.06.20 12:22 ルルさん | 返信

★散輪坊さま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>水不足が深刻のようですね。
>こうなると被害をもたらす台風でもよいから
>来てほしいところでしょう。

梅雨入り宣言してから全く雨が降りませんでしたものね。
大阪は連日30度超えで、36、7度の猛暑も何日かありました。
でも御地と同様、昨日からやっと梅雨らしくなりましたが、
今までの雨が纏まって降り、おまけに台風も来るようで、
今度は被害が心配になっています。
平均して降ってくれればいいですのにね…。
2013.06.20 12:08 ルルさん | 返信

★haraさま
こんばんは~ いつもありがとうございます

>朝早くから,びっくり!タイトルがおもろかった。
>マア,謙遜100%としても,あっしは,1か月ちょっと前までは,
>しおれていなかった菖蒲かアヤメか知らんけど,
>じかに,見ているので,まだまだ,しおれてなかったことを
>保証してあげまっさ。

保証してくれはっておおきに~です^^
でも保証期間は短そう~、あはは。
先月皆さまにお会いした時は楽しさが勝っていたからそう見えたかと思いますが、タイトルは、謙遜でなく100%本音ですよ。
母の救急搬送に2度乗り込みましたが、徹夜が続いて心身の衰えを痛感しました。昔は徹夜で遊んでも何ともなかったのに…。最近は鏡を見てもやつれたと感じてますわ…。

>あっしも,下半身の痛みで早くに目が覚めたので,

大丈夫でしょうか?お大事になさって下さいね。

>早朝からうれしいプレゼントが届いていました。あははは。
>なんやろ?

えっ、何なに?
2013.06.20 12:00 ルルさん | 返信

こんばんは。

ルルさんは疲れていらっしゃるのでしょう。
誰でもあると思うのです、一生懸命色々やっているとき、ふと誰かに「アナタは頑張っているね」「よくやっているね」と、一声かけて貰うと心が楽になる、そのような感じではないでしょうか。

私にもかつて、そのような時期がありました。
ただ、私はこのようなサイトも知ることが無く、一人っ子でしたから1人、苦しみました。

ルルさんはたくさんの友達がいらっしゃるんですから、たまには甘えるのも良いのではないでしょうか。
2013.06.20 11:51 | 返信

ルルさま こんばんは、お母様のご介護は大変ですね。どうぞお大事になさってくださいませ。

美しいルルさまの舞姿に見とれてしまいました。

しおれた菖蒲は残念でしたね、でも緑の公園も風情があって日頃のお疲れを暫し癒してくれたことでしょうね。
2013.06.20 11:39 | 返信

どうしたかなと思っていたが
書く時間、散策の間はあるようですな

潮来出島ですか
乙ですな

昔の歌はゆったりしていて良いな

潮来出島は東の歌

大阪では、何かな
野崎参りですかな

野崎観音は宗教ですが、この国の宗教は遊びも兼ねていた。物見遊山を兼ねていたな

まあお伊勢参りを筆頭に旅だったな。遊びだった

あやめとかきつばたは違うんだろうな

杜若といえば、藤原業平だな
しかし、東の国では業平橋を消して、〇〇ツリ-とか変名したそうな

あわれだな

達者でな
2013.06.20 08:55 風太郎さん | 返信

美しい踊り姿、ありがとうございます。

・・・
(いつも大変な返信量ですから、私のはパスしてくださって結構です)
2013.06.20 08:38 湘南ジョガーさん | 返信

こんにちは。

ルルさんの素晴しい舞に見とれていました。

所作が華麗かつ艶やかですね。

小野小町の和歌とは裏腹ですね。
美しさが一段と増しているようですね^^

あやめも形無しでしょうね^^

お母様の介護でお疲れでしょう。
ご自愛なさってくださいね。
2013.06.20 08:38 ボス!さん | 返信

こんにちは

その後お母様は大丈夫ですか?

ルルさんはいろんなことができ忙しく頑張っていて素晴らしいと思います。日舞も綺麗☆

しおれるいるどころかピンとしてますよ

そしていつかしおれてもそれはそれでいいんだと思います

2013.06.20 08:37 杏さん | 返信

お母様のこと、大変でしょうね。
でもルルさんが近くにいてくださるお母様は幸せでしょうね。
離れていてなんの役にもたたない私なんぞとは大違いです。

兼好法師の心情、ものの見方にはうなずけますね。
そして、さまざまな事象に心を動かされる感性は羨ましくもあります。
舞いもそれと同じですね。ルルさんの感性から生まれてくるものですよね。それが素晴らしいと思います。

いいお話を聞かせていただき、いいものを見せていただきました。ありがとうございます。
2013.06.20 07:50 チョコミーさん | 返信

大阪城の梅園は観に行ったことがありますが、菖蒲園は知りませんでした。枯山水と同じように、花がなくても思惟思索をめぐらせば見えざる最盛期の花達を想像できますね。

優雅な舞いを拝見しました。こちらは枯山水などではなく、リアルな最盛期の立派なお姿です。
2013.06.20 07:12 picoさん | 返信

ルル姐さんの踊りと扇の立派な菖蒲がみられたので、満足です。映像を見ていると、何となく「いずれがあやめ、かきつばた!」の言葉が浮かんで参りました。
手前も母の介護の生活を送っておりますので、姐さんの大変振りがわかりますが、頑張ってください。
2013.06.20 05:08 麻布十兵衛さん | 返信

菖蒲にも気候が影響していたのですね。
想像しながら楽しみましょう。
菖蒲もみんなに楽しんでもらいたいなと思って咲いたのでしょうか。

ルルさんの踊りにはまだまだ花盛り。
ひょっとして菖蒲が恥ずかしくて早く盛りを終えたのでしょうか。
きっと踊りはブログで見させていただくよりは実際に見るともっとみずみずしくさわやかだったのでしょうね。
2013.06.20 04:12 和ちゃんさん | 返信

あららら…。

ルルさん,しおれちゃいましたか…?
しかし,疲れることが多いとゲッソリしてきちゃいますよね…。私なんぞ,しおれるなんてとっくに過ぎて,もはや枯れ果て寸前です。
でも元気出さなきゃと,自分に言い聞かせているところです。

しかしルルさんの日舞は優雅で素敵!
とても「しおれる」だなんて。ときには遊んじゃいましょう,haraさんとデートなんていかがですか?以前にも一度お会いになったんですよね,とっても楽しそうでしたョ…。(笑)

2013.06.20 04:04 | 返信

ルルさま おはようございます。

まず お母様の看護お世話さまです。
お忙しい中にも関わらず 花を愛でるお気持ち頭が下がります。

兼好さんの言葉も身に染みました。
綺麗なものばかり求めていました。

萎びれかけている自分を嘆いていたので
救われた思いです。

踊り素晴らしいです。お体お大事にね。
2013.06.20 02:13 沙羅さん | 返信

おはようございます。

なんとういうタイトルでしょうか。

しおれた私なんて、ルルさんから
出る言葉ではないと思いますよ。(≧▽≦)

私もまだ、こちらで菖蒲みてません、
早く行かないと見ることが出来ませんよね。

最後になりましたが、お母さまいかがですか、
お大事にね。
2013.06.20 00:52 ぶるーむーんさん | 返信

城北花菖蒲園はS39年5月開園で「江戸系」
「肥後系」「伊勢系」等楽しめますね。ここ

2年ほどご無沙汰しておりますがよく管理された
園だと思います。少し残念でしたね。

潮来出島素敵な気品溢れる優雅な舞い拝見しま
した。昔何年頃?か映画「鹿島の女」?(記憶
曖昧済みません)

見て潮来の風景に憧れ鹿島神宮~潮来~水戸
偕楽園思い出しました。(船頭さん相応のお歳?)

  花鳥風月
       心遊ばす
            水の郷

懐かしタイムスリップ有難うございました。

2013.06.20 00:35 チュウコウさん | 返信

芸は身を助けるといいますがルルさんの多芸の中で日舞は格段ですね。

心は萎れそうになるときもあるでしょうが
お母様の看護合間のわずかな時間にこうして慈善団体の催しに駆けつけて皆さんを楽しませていらっしゃる。本当に頭が下がります。
旬の花菖蒲のごとくお美しい!
お顔と体の絶妙な動きに日ごろの鍛錬の粋を感じます。

お母様のご回復をお祈りいたしております。


2013.06.20 00:34 | 返信

お母様の介護、看病大変そうで
それに比べれば私の義母は、外見は元気そのものに
見えてしまいます


関西は雨が降らずさすがのショウブも
ちと、寂しそうですが

ルルねぇの艶姿は、ほれぼれしちゃいますね
お見事!

2013.06.20 00:29 Takezoさん | 返信

介護でお疲れの中せっかく行った菖蒲園、花が終わってしまっていたようで残念でしたね。
でも、緑の中を散策する事でいいストレス解消になったのではないですか。
ルルさんの踊りを拝見していると満開の菖蒲が咲いているようでしたよ。
2013.06.19 23:52 chuuchichiさん | 返信

日本舞踊はどこをどう見れば良いのかさっぱり分かりませんが、随所の科の艶やかさは目が無くても見えるよ
ただ、顔を隠さんでもええやんウッヒ

花は咲いている時だけしか見んなあ
本間、写真やってると視野が狭くなるわ
レンズ角しか見てないもんね
城北公園は、阪急淡路駅から歩いて、赤川鉄橋で撮鉄やって、ついでのパッチで行ったら菊花展の最中で、鳥撮り忘れて菊撮って、また淡路まで帰って、歩くのは毎度ですが、鳥撮らずには最長でした

>色あせ枯れながら立つ

ぴちぴちとはよう言わんがね、どこがやねん
歳は誰でもとるが、芸に歳はあれへんで
格好つけちゃった~ヘッヘ
2013.06.19 23:52 我太郎さん | 返信

おはようございます

介護で大変な中でのご活躍 頭が下がります

ステキな舞踊を拝見し 伝統文化の良さを見直す
いい機会でした(普段はトンとご無沙汰で)

熟女の魅力が溢れていますよ~~~
ますますの精進と
 一日も早いおかぁさまの回復を祈っています

ありがとうございました
2013.06.19 23:14 | 返信

もう少し早く降ってくれたら、花もきれいでしたでしょうに、残念でしたね。
舞い姿 素敵ですよ。動きも滑らかでお美しい。萎れてなんかいませんよ。
2013.06.19 23:01 K.OZAKIさん | 返信

おはようございます。

写真の風景では満開の頃は見事な花菖蒲でしょうね。

数本だけでも奇麗なものです。

hahahaさんのおっしゃる様に「ノハナショウブ」は
広い野原に(平尾台)数本咲いているだけですが
1年に一度の出会いは感動ものです。

ルルさんも素晴らしい風景の中でまだ残った花を
見られて良かったですね。
満開はまた来年のお楽しみに!

朝からルルさんの踊りをしみじみと見させて頂きました。
艶姿は素晴らしかったです。
本当に憧れますね!

夕べ大阪は大雨注意報が出ていましたが
大丈夫でしたか!

こちらも今日昼前から雨が酷い予報です。
仕事が休みなのでよかったです。

お母様の介護大変でしょうが、体に気を付けて
頑張って下さいね。

2013.06.19 22:04 空さん | 返信

☆おはようございます。

 昨日今日の雨で、
 少しは元気が出た菖蒲でしょうか?!

 西の地方の連日の暑さの報道に、
 縦長の日本を感じながら、案じておりました。

 程々の雨がありますよーに!!

 素敵なルルさんの日本舞踊を拝見し、
 つくづく感じたことは、足腰が強靭でなければ、
 舞えない!!ということです。

 背筋をシャキッとさせて、下半身を安定させ・・・
 洋舞とは少し違った筋肉の使い方ですが、
 どちらにせよ、鍛錬あればこそ!と。

 朝から、とっても素敵な画像を拝見し、
 元気を頂きました~。<(_ _)>

 お母様のご快癒を、心より祈念申します。
 
 どうかお心をあまり傷めませんように・・・。
2013.06.19 22:01 そ らさん | 返信

おはようございます。
お母様の介護、大変ですね、お身体に気をつけて頑張ってくださいね。

兼好法師のお話、なるほど・・・と感じ入りました。そういう見方をすれば、しおれた菖蒲も風情があるというものですね。
日舞も、さすがルルさん!!という気持ちで拝見いたしましたョ~。{拍手}

やはり、ルルさんのblogは、”秀逸”です。{まる}
2013.06.19 21:56 リンさん | 返信

ルルさん、おはようございます。

ルルさんの奥が深いのに常に感心します。

先生曰く、満開、見頃、満月を皆楽しむことが
多い。しかし散る花、月がかける様など、それは
また趣がありますね。
2013.06.19 21:54 グランパさん | 返信

おはようございます。
いつも、優しいコメントを戴き嬉しく思っています。
それなのに、お母さんが手術した事も知らず申し訳ありません。症状が良くなる事を祈ってます。
兼好先生の言葉に、私も違う見方が有るのだと感心しました。
ルルさんは、しおれてなんていませんよ!(^^)!
踊る姿は、艶やかで憧れます。
素敵です(^ヮ^)/
2013.06.19 21:29 | 返信

しおれたルルさん?
輝くルルさんの間違いだぁ~(^o^)

伊那路は花菖蒲が今がピークかな?

ここ2日、まさに土砂降りの雨で生き生きしてるでしょうね。

ところで余談ですが、
こちらでは「菖蒲」は風呂に入れるあの菖蒲の事ですが、ところ変われば呼び名も様ざまですね。
花は至って地味で普通は葉に隠れて見えないです。

花菖蒲は園芸品種で、原種は「ノハナショウブ」と言ってこちらでは野山に自然に咲いてます。
たった1本だけポツンと咲いてる事が多いですが・・・

2013.06.19 20:41 hahahaさん | 返信

 水不足が深刻のようですね。
こうなると被害をもたらす台風でもよいから
来てほしいところでしょう。
 当地昨日は丸一日雨降りでした。
2013.06.19 20:40 散輪坊さん | 返信

朝早くから,びっくり!タイトルがおもろかった。

マア,謙遜100%としても,あっしは,1か月ちょっと前までは,しおれていなかった菖蒲かアヤメか知らんけど,じかに,見ているので,まだまだ,しおれてなかったことを保証してあげまっさ。

でも,「花の命は短くて,・・・女の命も短くて?」てなこともあるので,油断してたら,一瞬でしおれまっせ。

あっしも,下半身の痛みで早くに目が覚めたので,枕元のパソコンON!。

早朝からうれしいプレゼントが届いていました。あははは。なんやろ?

2013.06.19 20:38 | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/133494
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る