新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

散輪坊
長野県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2021年12月 >>
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

ブログカテゴリ一覧

散輪坊の部屋

 いろいろな浅い趣味を持ったおじさんです。 お楽しみいただけると嬉しいです。

◀ ブログ一覧を見る
2009.08.13 16:40

安らかに・・・

日記カテゴリ ヒヨドリ
コメント数(10)
コメント一覧
熊五郎さん

 以前窓にぶつかったアオゲラを手の中で見取りました。
それに続いてですけど、自然の摂理とは言え可愛そうです。

 溝に落ちて上がれなくなったカルガモの雛を助けましたが、
その時もこうやって雛が減っていくんだなと見ていました。
2009.08.14 08:11 散輪坊 | 返信

いくら自然の掟とは言え眼の前で
亡くなると可哀相ですよね。

先日私も前の小川でカルガモを
見ましたが、1羽の雛だいぶ大きい
子でしたが連れてました、たぶん
7〜8羽は生まれただろうに今は
1羽だけでしたね。
2009.08.14 00:15 熊五郎 | 返信

o-sanさん

 この雛はかわいそうですけど、これも自然の掟でしょうね。
生まれた雛が全部育ったら、自然界鳥だらけになってしまい
木々は丸坊主になりそうです。
2009.08.13 23:36 散輪坊 | 返信

自然の掟ですね、強いものだけが残って子孫を増やしていけるんですね。
2009.08.13 22:13 o-san | 返信

えじまさん

 たかが鳥の雛と思いますけど、やはり悲しかったです。
自然の摂理と言ってしまえばそれまでですけど。
2009.08.13 20:49 散輪坊 | 返信

何にしても 死別というのは 悲しいですね。
2009.08.13 12:45 えじま | 返信

chuuchichiさん

 この時期ヒヨドリが子育てするのを知らなかったので
びっくりです。この時期いろいろな虫がいるので
子育てはやりやすいかもしれません。

 落ちた雛は宿命なんでしょうね。
2009.08.13 10:26 散輪坊 | 返信

リンさん

 かわいそうですけど運命なんでしょうね。
野鳥は成長になる確率はものすごく低いそうです。
 アスファルトの上で無く、手の中で眠りましたから
少しだけ慰められます。
2009.08.13 10:24 散輪坊 | 返信

今雛がこの大きさだと2番子かもしれませんね。
下に落ちた雛これもまさに自然のおきての厳しさかもしれませんね。
2009.08.13 08:44 chuuchichi | 返信

う〜〜ん、なんとも痛ましい。。。。

昔、迷い込んできたインコを保護していましたが、徐々に弱り、やはり手の中で絶命しました。今でも、思い出すと胸が痛いです。
温か味のある手の方にいざって寄って来るんです。。。。。。合掌{星}
2009.08.13 08:08 リン | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/14150
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る