新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

じーけん
北海道 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2019年10月 >>
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

ブログカテゴリ一覧

ブログ名

ブログの説明

◀ ブログ一覧を見る
2017.04.03 15:22

怪しいグループ!

怪しくて、変なグループです。
2グループあるのですが、両方とも入っています。

* 〇〇青年団
これは結成して30年近くになります。
ネーミングの時、青年団?俺達にはちょっと年が・・・
そんなことはないぞ、田舎に行ってみろ!
50を過ぎた女性でも若妻会だぞ、孫だっているんだぞ!
それで納得、青年団と命名しました。
参加人数は15名かな? そのうち2名は、あっちの世界に
単身赴任です、よほどいいのか帰ってこない。
だけど宴会の時には、席がある。
このグループは
顧問・・・何もしない、ただ飲んで食うだけの年寄り(笑)
団長・・・とっても偉い人
幹事・・・団長の面倒と手足となって動く。

団長はとっても偉くて、「団長の声は神の声」で解決!
勿論、団長は俺ことじーけんです。

焚火隊
これも20数年になります
なんてことはない、人里離れたところでテントを張り
焚火を見ながら、一夜を過ごす(すぐ寝るけど・・・)
特長は身分制度が厳しい

隊長・・・・・炊事班長・・・・・隊員・・・奴隷・・・奴隷見習い
この制度が20数年、守られています。
奴隷見習いは奴隷になろうとして努力するし
隊員と奴隷の差は大きいです。
隊長の特権として、焚火ができる、火をつけられる事
このグループも、隊長は俺です!

両方とも入団希望、入隊希望が年に数人はいます
条件は団長に対し、どれだけ貢献するかです。
平均年齢は60歳は軽く超えているなぁ~
全員、ガキの様に遊ぶのです。

俺が仙台に行くと、団長を「おもてなし」しなければ・・・
夜な夜な、俺を悪の道に誘うのです。

ちなみに、俺はアルコールがダメです、それでも行くのです(笑)
日記カテゴリ
コメント数(4)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
> サルビアさん
両方とも仙台ですよ。
年齢?作った時は若かったんです。
奴隷、奴隷見習いは、希望者が多かったため
この制度にしたのですが、それでも希望者が・・・
それと、特筆すべきことは
両方とも女人禁制なのです!
男ばかりで、ワイワイやっています。
女性が入ると、全員統制が取れなくなるんです(笑)
バカですねぇ~
バカバカしいのは、面白い!
2017.04.03 16:39 じーけんさん | 返信

> ぴょろりんさん
青年団のネーミングは替えません!
心はいつも青年なんです(笑)
良い年をして、最年長は75歳だったかな(大笑)
集いは喜んでホイホイと来ます。
焚火隊は火に関してはシビアです。
後始末は奴隷の仕事です、きちんと確認をしています。

仙台・・・賄賂ではありません、貢物です。
時々行ってチェックをしないと・・・危険人物ばかりなので
2017.04.03 16:33 じーけんさん | 返信

怪しくて、変なグループって-----
じーけんさん、これらはお住まいの札幌ではなくて、仙台に
有るんですか?
今、再読したところ,どうも「青年団」は札幌ですね~

当地にも昔存在しました、
うら若き男女は、ここで相手を見付ける出会いの場だったんです!
ちなみにじーけんさんは?ちょっと年齢が合いませんねえ(^-^;

<焚火隊> これも面白そう♪♪
昔、息子が入っていたボーイスカウトを思い出しました(^o^)
それにしても、奴隷に奴隷見習いって、凄い呼び名ですね!
結局、何だかんだ言って、皆で飲んでるわけね~~
2017.04.03 16:16 サルビアさん | 返信

青年団・・・
限界集落すれすれの我が町でも青年団は40を過ぎれば追い出されます
せめて壮年団ぐらいではどうですか?(笑)

焚火隊・・・
消防署からマークされていませんか?
なんか放火魔の集団みたいですよ(笑)

北海道のじーけんさんがお酒も飲めないのに仙台まで
おもてなしを受けに行くんですか???
もしかして賄賂の受け取り??
国会で証人喚問されますよ(笑)
2017.04.03 16:14 | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/184551
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る