新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • サークル
  • ともだち

錯太郎
福岡県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2019年03月 >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリ一覧

竹、竹、竹が生え。

光る地面に竹が生え。

◀ ブログ一覧を見る
2019.03.16 12:31

浴場と欲情

昨夜、4日振りに入浴しながら、頻りに考えた。
学者の多田道太郎に依れば、日本人は風呂好きで、
風呂の醍醐味は、何といっても「皮膚感覚の悦び」にあると言う。
「皮膚感覚の悦び」って、それ、性行為にも通ずることじゃないか。
そういえば、自分の一番尊敬する漫画家である「つげ義春」は、
大の温泉好きであったと同時に、大の女好きでもあった。
風呂好きな男は、即ち、女好きではないか。
つまり、「浴場」は「欲情」に通ずるんではないか。
冗談みたいだけど、本当のことだ。
たとえば、テレビドラマの「水戸黄門」でも、
由美かおるの入浴シーンが大好評だったし、
人気漫画「ドラえもん」でも、
源静香ちゃんの入浴シーンが頻繁に出てくる。
昔は、連れ込み旅館に「逆さくらげマーク」が付き物であったし、
現代でも、ソープランドだけは、例外的に売春が認められている。
日本に於いては、古来、湯と女というのは、密接に結びついていたのだ。
つまり、「風呂+女=欲情」という図式である。
やはり、「浴場」と「欲情」は密接に結びついてるのだ。

そこで、何で女は、男に比べて「風呂好き」なのか、
という疑問が湧いてくる。
それは、清潔好きということもあろうが、それだけではなく、
古来、女は抑圧された性欲を入浴に依って紛らわしたのではなかろうか。
女は、伝統的に、社会的に、男みたいに、性欲を表沙汰にできない。
内に秘められた性欲は、発散の場がなく、
それで、風呂で皮膚感覚の悦びを満たすことに依って、
その欲求不満を代替満足させたのではなかろうか。
ところで、男の抑圧された性欲は、酒や音楽へ赴かしめる。
それで、男は飲酒を好み、大作曲家も男ばかりである。
女で、いい曲を書くシンガーソングライターは、
松任谷由実とか中島みゆきとか五輪真弓とか広瀬香美とか、
いづれにしても、ブスばかりである。
つまり、彼女らは、男性ホルモンが強いから、あんなにブスになるのだ。
その男性ホルモンこそが、音楽の才能を秘めているのだ。

とまあ、色んな着想が次々に浮かび、
それを纏めると、構想何年の大論文になってしまう。
茲は、そういう場ではないので、この辺でやめとく。
それでは、また。
日記カテゴリ
コメント数(0)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/203064
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る

特集 [ FEATURES ]

第71回シニアコムカップフォトコンテスト【作品募集中】

第70回シニアコムカップ川柳コンテスト【結果発表】

第69回シニアコムカップフォトコンテスト【結果発表】

【お笑いライブ】すっとこどっこい

<PR>美少年:新たに青天井が新酒で登場!

【会員参加型企画】私の美肌自慢vol.2

<PR>ヴァーナル 青汁生活

BS10 スターチャンネル 麗しのオードリー:3月特集

<PR>ヴァーナル 素肌つるつるセット

アクティブシニアの働き方改革

ねんきん生活。|車中泊、はじめませんか?

主婦と生活社|車中泊、はじめませんか?

月イチアンケートvol.31