新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

 ”おいない”
京都府 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2019年09月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

おいないさんのブログ

京都に興味・関心のある方に少しでも京都を知って頂こうと思い、一年を通じての京の歳時記や最新の話題・情報をできるだけ画像を添えて、私なりに配信しております。

◀ ブログ一覧を見る
2019.05.21 11:36

&quot;おいない&quot;の京都最新情報

2019年 5月 20日 (月)
  
     [今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事]
 
西本願寺:「降誕会」(解)

★浄土真宗本願寺派の宗祖親鸞の誕生を祝う、毎年恒例の降誕会(え)が二十日、下京区の同派本山・西本願寺で営まれた。重要文化財の南能舞台では祝賀能が上演され、一二〇〇人を楽しませた。
本願寺と能は室町時代の本願寺八世蓮如のころから関係があるといい、十九世紀後半からは祝賀能が恒例となった。
世襲制の門主の代替わりを祝う「伝灯奉告法要」が営まれていることから、父子をテーマにした演目となった。冒頭、現在では西本願寺でしか見られないという「お能始めませい」との「触れ」から始まった。観世流シテ方の片山九郎右衛門さんらが出演。優雅な天女の舞と山神の激しい舞いがある世阿弥作「養老」や、文殊菩薩の使いである獅子が変化に富んだ華麗な舞いを披露する「石橋(しゃっきょう)」などが披露された。観客たちは、日本最大級の屋外能舞台で演じられる能に見入っていた。
また、親鸞の木像を安置する御影(ごえい)堂で法要が営まれ、境内南側にある唐門が三十五年ぶりに開かれた。

     [葵 祭 シ リ ー ズ]
 
葵祭・下鴨神社:「献茶祭」2017年葵祭の無事と家元襲名を奉告

★葵祭を締めくくる小川流煎茶献茶祭が二十日、左京区の下鴨神社で行われた。七代家元を継承した小川後楽さんが、心を込めた一煎をいれ、神前にささげた。
祭の無事を奉告する恒例の行事。
 
神事に続き、本殿前の舞殿で新家元が厳かにお手前に臨んだ。流祖伝来の本格手前で二碗に静かに茶を注ぎ、東西の二神に献じた。
献茶式後、境内の供御所(くごしょ)に設けられた本格手前の茶席では、歴代家元の遺愛の品などで列席者をもてなした。直会(なおらい)殿にも文人手前席が設けられ、汗ばむ陽気の中、訪れた約三〇〇人は、趣向の違いとともに、喉を潤す煎茶の清味を味わってい
た。

 
   2019年 5月 21(火)

    【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】 
 
養源院:「大般若経会」
   
★東山区・三十三間堂廻り養源院は、文禄三年(一五九四)淀君が父の菩提を弔うため秀吉に願い建立しました。
商売繁盛、無病息災、家内安全の御利益があるとされる養源院の大般若経会は、一月、五月、九月、の二十一日に行われる恒例行事です。

一切は空であるとの思想を説く仏教の諸経典を集成した大般若経全六〇〇巻を御宝前で導師と出仕の僧四人で転読します。
当日の参拝者には御札の授与があり、御供養が配られます。

✸画像が表示されない場合は下記のURLをUPしてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/oinaijp/folder/279901.html
日記カテゴリ 京都情報
コメント数(0)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/204561
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る