新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

散輪坊
長野県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2019年10月 >>
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

ブログカテゴリ一覧

散輪坊の部屋

 いろいろな浅い趣味を持ったおじさんです。 お楽しみいただけると嬉しいです。

◀ ブログ一覧を見る
2019.08.19 16:29

ミミズの不思議

*ミミズの不思議
 午前中に雨が降り出す予報でしたが、15時過ぎにやっとパラつく
程度に降り出しました。傘をささなくても歩ける程度で気温を一気に
下げるまではいきません。
 干からびたミミズを歩いている時によく見かけます。検索しても
なぜミミズがこの様な状態になるのか、はっきりしないようです。
昨日は乾いた土の上をはって筋を付けているのを見ましたが、SD
カードの不調で画像がなくなりました。代わりに筋だけ。干からびた
ミミズの画像は止めにしました。
  
 
 近くのトチノキが実を落とし始めました。少し集めて。
  
 
 庭でツマグロヒョウモンのメスを見つけました。
  
 
 なんと二匹もです。タチツボスミレも食草なので産卵にきて
くれたのかもしれません。もう少しして幼虫を探そうと思います。
   
日記カテゴリ 今日の日記
コメント数(10)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
くまちゃんさん

 ミミズは土地改良に役立つそうで、庭の土を掘った時に見つけると
そっと戻しておきます。いても害にはならないですから。
2019.08.21 06:15 散輪坊さん | 返信

山を歩いている時
畑で作業している時
よくミミズを見かけますが乾いた土の上跡や
子孫の事など
何も疑問を感じませんでした。
そうですよねミミズも立派な生き物ですよね

2019.08.20 23:17 くまちゃんさん | 返信

春風さん

 ミミズに目が無さそうというのは想像できますね。
地中にいても暑さに耐えられなくて地上に出てしまうのではと
想像します。柔らかい土ではできるかもしれませんが、普通の土壌では
立てに移動できないそうです。
 ミミズの繁殖にクローン説、興味深く拝見しました。
 土壌を豊かにしてくれるミミズを繁殖させるのは聞きますね。
庭でも土をほじくり返した時にミミズが出てくると、そっと土の中に戻します。
2019.08.20 15:17 散輪坊さん | 返信

ミミズは目が見えなくて呼吸は皮膚呼吸…
呼吸器がない為…雨水や太陽の光…そして暑くなった時
体温調整が出来ないミミズは地上に出て他に移動
してます…梅雨時季や夏はミミズにとっては過酷な
環境です…
ミミズは繁殖は卵説がありますが春風はクローン説が
正しい気がしますね♪産む時は必ず双子…一匹は無かった
と思います…
実家でミミズを畑に入れてます…土を柔らかくし野菜が
育てやすくする為に…と…亡くなった祖母から習いました♪
2019.08.20 13:38 春風さん | 返信

K.OZAKIさん

 おはようございます。
 干からびたミミズを見るのはアスファルトやコンクリートの上が多いですね。
私は土の中も暑くて耐えられなくて地上に出てしまうのかと想像していました。
検索すると立て移動はできにくいそうで、より温度の低い下へは
移動できないようですね。
 ツマグロヒョウモンの幼虫はいかにも毒針がありそうですけど
教えて頂いたので見つけたら保護してみます。
2019.08.20 06:10 散輪坊さん | 返信

じじネコさん

 ミミズが卵を産むとは聞きませんね。どうやって子孫を残すのか
検索する必要がありそうです。
2019.08.20 06:06 散輪坊さん | 返信

おはようございます!
そういえばこちらでも雨の後はコンクリートの上にミミズの干物がたくさんできてます。雨で土中の酸素が無くなって息苦しくなって出てきて戻れなくなったのかな‥と思ってますよ(^^)/
ツマグロヒョウモンの幼虫は一見して、毒毛虫のようですが、毒針を持たないので子供たちに触らしてました(^_-)-☆
2019.08.20 05:31 K.OZAKIさん | 返信

> 散輪坊さん

そう云えば雌雄同体だって聞いたことがありますね。
ということは、卵は産まない? 何分の一かまでは
切っても再生すると聞いたことがあります。
不思議な生き物ですね。
2019.08.19 20:18 じじネコさん | 返信

じじネコさん

 意外にもミミズの子の生態はまだ解明されていないようですね。
身近な生き物ですけど。確かではないですけどミミズは
雌雄同体ではなかったでしょうか。生殖活動の必要がないのでは。
2019.08.19 19:39 散輪坊さん | 返信

散輪坊さん

ミミズはカタツムリのように身体の表面が
粘液で覆われています。ナメクジ程では
ありませんが・・・
日向や乾燥した土埃は彼らの生死を左右する
環境です。 彼らの食べ物は地中にある筈です。
地中から出れば天敵だらけの世界。蟻は彼らが
生きている内から猛然とタカって来ます。 
生殖活動も卵を産むのも地中の筈。
なのに、生命の危険も顧みず何故に地中から
出て来るのか? 不思議です。
2019.08.19 18:32 じじネコさん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/207052
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る