新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

錯太郎
福岡県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2020年04月 >>
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

ブログカテゴリ一覧

竹、竹、竹が生え。

光る地面に竹が生え。

◀ ブログ一覧を見る
2019.09.21 06:52

天つ乙女

恋人は、いつも天の一方に輝いている。

天つ乙女は、いつも心の中の上空に浮かんでいる。

天の上から、いつも僕を見下ろし、見守っている。

僕が絶望の淵に沈淪するとき、
天つ乙女の光がキラキラと輝く。

僕が、落ちぶれて、最悪・最低・最下の境涯に堕ち切ったとき、
逆説的に、天上の、天つ乙女と合一できるのである。

天つ乙女。
いくたびも憧れ焦がれしが、
決して手に入れることのできない娘。
手を伸ばしても、決して手の届かないところにいる娘。

天つ乙女のことを考えると、それだけでもう心がいっぱいで、
地上の女のことなど、どうでもよくなる。

永遠に婚姻できないところの、天つ乙女。

まあ、せいぜい、いつも上空から僕を見下ろし、
僕のことを見守っていてくれ。

天つ乙女よ。

焦がれる乙女は天にあり。
日記カテゴリ
コメント数(4)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
> picoさん

でも、既に、チンポは勃ちませんよ。
2019.09.22 12:29 錯太郎さん | 返信

錯太郎さま
穴に入る必要はありません、貴兄は心身とも元気な証拠ですよ。
2019.09.22 11:45 picoさん | 返信

> picoさん

ギャー!恥ずかしい!
朝のボンヤリした頭で、ポエムを書いてしまいました。
何度も削除することを考えましたが、時期既に遅し。
で、削除もできずに、恥を晒してしまいました。
いい年こいて、54歳にもなって、
よくこんな恥ずかしいポエムが書けるものだ。
恥ずかしくて、穴があったら入りたい。
2019.09.22 08:38 錯太郎さん | 返信

私は手の届く乙女のほうがいいです。初恋は幼稚園の頃で、毎日一緒に遊んでいました。小学校の時にも恋をして勉強に身が入りませんでした。中学で本格的な恋をしたつもりでしたが、最終的には振られました。そのおかげで失恋の耐久性が心に備わり大人になって仕事に没頭できました。
2019.09.22 02:20 picoさん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/207816
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る