新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

錯太郎
福岡県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2020年01月 >>
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

ブログカテゴリ一覧

竹、竹、竹が生え。

光る地面に竹が生え。

◀ ブログ一覧を見る
2019.12.05 23:38

天命が天命する

「俺はいつもえらい考えてるなあ」と思ったが、
今日、考えているのは、自分ではないと気付いた。
思考が勝手に考えてるのだ。
思考が思考する。
それも、
天命が天命する、
その、一つの在り方である。

最近の異常犯罪の記事を読むにつけ、思う。
この犯罪者たちは、間違っている、と。
何が間違っているのかというと、
天命を私している。
天命を、「自我」の都合によいように、恣意的に使用している。
それが最大の間違いである。
だから、身を過つのである。

「天命」とは、「神」であり、「佛」でもあるが、
自己を離れた、客体的対象としてあるのではなく、
その働きは、自己の内に現に生きて動いている。
であるから、いくら「神」や「佛」に対して祈っても、
何の効験もあろう筈も無い。
「神」や「佛」は、外にある客体・対象でなく、
今、此処に、現に生きて働いているものであるから。
それも、自らを通して。

「お前の話はムツカシ過ぎて、よくワカラン」
と、人からよく言われる。
しかし、簡単なことを故意に晦渋に表現したりはしない。
ただ、思ったことをあるがままに表明しているだけだ。
あるがままに、
即ち、
天命のままに。
天命が天命するままに。
日記カテゴリ
コメント数(4)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
> なつさん

こんばんは。
再度ご訪問、ありがとうございます。

「内なるものの声」と言われて、何もピンと来ませんね。
なんせ、僕はテレビ・映画の類いは一切見ませんから。
俗事には疎いのです。
そういう題の書籍名も浮かびません。

「内なるものの声」も大事ですけど、
人間は、それを、「私の欲望(煩悩)の声」と勘違いしてしまうのです。
ですから、「あるがままに」と言いながら、
その実は「私の欲望のままに」ということが往々にしてある。
学ばないと、その区別がつかない訳です。
ですから、「自我」の欲求に応えるだけでなく、
日々、「学び」が必要なのです。
学ばないと、何も客観的なことが分からず、
ただ私的な欲望の奴隷に成り下がるだけになってしまいます。

「学」って必要ですよ。
私的な欲望の実現(立身出世とか)の為ではなく。
2019.12.08 18:30 錯太郎さん | 返信

そういえば、内なるものの声というものがありましたね(^-^)
2019.12.08 17:45 なつさん | 返信

> なつさん

こんにちは!
コメントを頂き、嬉しく思います。

僕が、というか、僕の思考が思うことは、
日々の読書と思索に依り、自ずから生まれます。
学ばなければ、一生「天命」を知らずに、徒に酔生夢死するのみです。
あの孔子先生ですら、「天命」を知ることができたのは、
やっと五十歳になってからです。
学ばなければ、一生分かりませんよ。
「無が天命」というより、「天命について無知」と言うべきでしょう。
まあ、なつさんに無理強いするつもりは更々ありません。
なつさんはなつさんで、その「天命」を生きてください。
2019.12.06 12:45 錯太郎さん | 返信

わかるような気がするがわからん(⌒-⌒; )
が、思ったことは、どこから出てくるのでしょう(๑˃̵ᴗ˂̵)
何も出て来なければ、無が天命?
2019.12.06 10:39 なつさん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/209537
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る