新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

錯太郎
福岡県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2020年09月 >>
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

ブログカテゴリ一覧

竹、竹、竹が生え。

光る地面に竹が生え。

◀ ブログ一覧を見る
2019.12.13 19:59

セブン新書「東大首席が教える 賢い頭をつくる黄金のルール」にツッコミす。

山口真由「賢い頭をつくる黄金のルール」より。

 繰り返しますが、勉強はけっして楽しいことではないのに、
 継続しなければ効果は出ないもの。(41頁)

いんにゃ。勉強は楽しいよ!
勉強ほど楽しいことが他にあるか?

 そして、なによりわたしは、コントロールできない他人の行動に
 イライラしたくないのです。(43頁)

だったら、「隙間時間」にセコセコ勉強せず、
時間を他人に布施すればいいんじゃないの?

 効率良く仕事や勉強をするコツは、「大切ではない部分」で
 煩わされることを、極力なくすことなのです。(49頁)

そんなにケチケチして、どうなるの?

 そこで、嫌なことは朝いちばんに片づける、
 もしくはとりかかるほうが、
結果的にはもっとも効率が良くなります。
 (51頁)


夕食を朝に片づけられるか?

 日常生活でも細かいことまで決めておくと、
 毎日の行動はとても楽になります。(54頁)

そりゃ、窮屈だろう!

 こうしていろいろなことをあらかじめ決めておくことで、
 貴重な時間を無駄にすることもなくなり、
 そして、健康まで維持できるのです。(55頁)

時間教、健康教か?

 だからこそ、勉強が嫌いだったり苦痛を感じたりしている人に、
 わたしは強く伝えたい。
 「勉強は楽しいものではない」と。(74頁)

いんにゃ!「勉強は楽しい!」。

 そんな勉強に苦痛を感じるのは、むしろ正常で、
 あたりまえの状態だと思いませんか?(75頁)

思わん!

 では、いったいなんのために、人生の貴重な時間を費やして、
 楽しくないことに延々と取り組むのでしょうか?
 それは、「目標を達成するため」です。(75頁)

目標など要らない。勉強自体を楽しめばいいじゃないか!

 もし、勉強を本当に楽しいと思えるときがくるとすれば、
 それはゴールに辿り着いたときなのかもしれません。(75頁)

いんにゃ!勉強しているその時が楽しい!
ウマじゃあるめえし、目の前のニンジンに向かって走り続けて、
一体、どうすんの?

 気合だけで勉強を続けることはできません。
 でも、小さな目標をクリアしていく「達成感」を意図的に配置して
 いくことで、少しずつ最終的な目標へと近づいていけます。(77頁)

手段でなく、目的としての勉強。

 そして、それらがやがて揺るぎない「成功体験」へと
 育っていくのです。(79頁)

別に、成功しなくていいじゃないか!

 記憶は継続と反復で強化されますが、
 1冊の本を7回も通読することで、
 記憶の定着度はかなり高くなります。
 まるで、本の内容を「丸ごと写し取る」ように、
 頭に定着させることができるのです。(105頁)

鵜呑みか?考えないのか? 

 これらの点からも、「7回読み」勉強法は、とくに
 忙しいビジネスパーソンに最適な勉強法といえます。(107頁)

もっと忙しくなるわ!

 学生なら教科書でいいのですが、社会人が試験勉強をする場合は、
 「網羅性」の高い参考書や問題集を1冊選ぶことになるでしょう。
 (109頁)

それはバイブルか?

 このように、自分に合った「網羅性」の高い基本書を選ぶことが、
 「7回読み」勉強法をはじめるにあたって、
 とても大切な要素になります。(109頁)

濫読に如かず。


セブン&アイ出版の、山口真由著の同書は、
まだ、109頁しか読んでないが、ツッコミどころ満載である。

厳選された一冊の本だけでなく、
こういう、クダラナイ本も一応読んでおくことに依って、目が肥える。

勉強が嫌いなようじゃ、山口真由も、たとえ今は成功していても、
将来は危ういだろうな。

まあ、イマドキの考えを知るための良い材料ではある。
日記カテゴリ
コメント数(3)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
錯太郎さま
御意!
2019.12.14 10:23 picoさん | 返信

> picoさん

おはようございます。
先日は失礼しました。

何が気に入らないかというと、その最大の点は、
この人は、いつも幸福を先送りしている、ということです。
「今」を手段化して、ありもしない「未来」に幸福を託している点です。
それだったら、幸福は常に先延ばしされ、
いつまで経っても、幸福になることは出来ません。
要は「今」を目的として生きることです。
「生死の一大事と申すは今日只今の心なり」と禅で申します。
「今」をオロソカにして、どこに人生があるのか。
現代日本人に弘通している「夢教」のバカバカしさを露呈してます。
2019.12.14 08:15 錯太郎さん | 返信

今回の貴兄の意見には99%同感です。こんなことめずらしいですぞい。

やりたいことを勉強するほど楽しいことはない。
コントロールできない他人にいらいらするのなら無人島へ行け。
1冊の本を7回読むほど暇ではないわ。
網羅性の高い参考書ならブリタニカ百科事典を丸暗記せいや。

こりゃだめだ。


2019.12.14 00:59 picoさん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/209713
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る