新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

グランパ
大阪府 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2020年02月 >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

ブログカテゴリ一覧

グランパさんの夢

ストレッチ

◀ ブログ一覧を見る
2020.01.20 08:14

甘酒

私は結婚し落ちついたころに冬休みに山陰にある竹野の浜に国民宿舎に妻と長男が4、5歳で義母と4人でカニを食べに訪れた。

 中国自動車道を車で走り福崎ICで播但道を利用した。それでも半日かかった。当時は今の時代のグルメではなく国民宿舎も空いていた。カニも安かった。

 そこで朝の朝食時に身体の疲れを癒し温める飲み物を仲居さんが持ってきてくれた。それは「甘酒」であった。妻は美味しいと言い、作り方を仲居さんに教えてもらい、その後冬の時季になると休日に飲んだ。すると身体が芯から温もりがある。アルコールの無い「甘酒」である。1月20日は24節気のひとつで「大寒」である。シーズンで最も寒い時期である。しかし、今年は暖冬のようだ。
日記カテゴリ
コメント数(10)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
ヘルスさん、

 火鉢に金網を乗せて酒粕を焼いて砂糖を着けて食べました。懐かしい時代です。
2020.01.21 08:21 グランパさん | 返信

メ~のおばあちゃんおはようございます。

 飲む点滴ですか。なるほど納得しました。麴は味噌を作る材料になりますね。清荒神まで妻が買いに行った。「おくどさん」名は初めて知りました。地区の名前ですね。
2020.01.21 08:18 グランパさん | 返信

ボスさんおはようございます。

 日本人の知恵と工夫して作った「甘酒」です。先人の昔話の飲み物です。
2020.01.21 08:13 グランパさん | 返信

chuuさん。おはようございます。

 酒粕を使用する「甘酒」は母から飲みました。米麴は爽やかな味でした。暖冬で甘酒を飲むことはないです。
2020.01.21 08:10 グランパさん | 返信

甘酒は、麹を使って作る方法と、酒粕を使って作る方法がありますね。


子供の頃、酒粕を焼いて、砂糖を載せて食べてた記憶がありますよ。


今は、完全ノンアルコールの甘酒も有りますね。


両親と寒い京都に出かけた時、東寺で熱い甘酒を飲んだ覚えが有ります。

2020.01.20 19:10 ヘルスさん | 返信

飲む点滴と言われていますもんね。
私も毎朝飲んでます。

子どもの頃は柔らかく炊いたご飯(おかゆ)と麹を大鍋に入れ、おくどさんにかけてじっくりじっくり温めて作ってくれました。
その時の美味しい甘酒は何処に行っても買うことができません。
ちょっと酸っぱくなりかけが最高なんですよね。
懐かしいです。

2020.01.20 18:27 メ~のおばちゃんさん | 返信

こんにちは。

甘酒は体に良いとの情報を何かで見た事があります。
鹿児島で、河内源一郎商店の「食べる甘酒」を試食してお土産にと買いました。
美味しかったです。

大寒の今日、東京はポカポカ陽気でした。
2020.01.20 17:05 ボス!さん | 返信

甘酒の素は二種類、酒粕を使う場合と米麹を使う場合で微妙に味が違いますね。
どちらも寒いときに飲むと体が温まることには変わりはないですけどね。
2020.01.20 16:40 chuuchichiさん | 返信

イヌワウチさんこんにちは~

センター試験を終わりふと落ちついた。今日は関西もポカポカの陽気です。甘酒よりアイスの方が食べたくなります。
2020.01.20 14:51 グランパさん | 返信

今日は大寒ですね。
それなのに、東京はポカポカとあったかです。
昨日大学のセンター試験も終わり、世の中は一息ついています。
甘酒は甘いですよね~~。
最近は特に濃厚なものが好まれるので、
余計に甘いです。
その時期になると思いだすことってありますね!!
2020.01.20 11:19 イヌワウチさん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/210422
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る