新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

ボ ン ジ ョ ビ ( 旧 ponjoi)
埼玉県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2020年01月 >>
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

来世があるさ!

思ったこと、感じたこと、言いたいことを書き綴った乱分・乱脈・誤字満載のくせの強いブログです。

◀ ブログ一覧を見る
2020.01.15 16:24

TV ヒストリーチャンネル

ご存じの方も多いと思うがヒストリーチャンネルでは様々なことを採り上げている。 その中でも取り分けて興味を引かれるのは「古代の宇宙人」に関するものである。

最近視たヒストリーチャンネルはこんな内容のことを放送していた。

◎「日本の天皇陛下は地球外生命体とコンタクトしているのではないか?」
欧米人の目にはそのように見えるらしい。

つまり2600年以上の歴史をもつ万世一系の皇室が存在し、同時に古来からの伝統もしっかりと伝承してきた日本は世界でも最先端を行く技術を開発発展させて来ている。
そこには絶妙なバランス感覚のようなものがあるが何故日本はそのようなことができるのだろう?

思うに、それは天皇陛下が神事により常に地球外生命体とコンタクトを取っているからなのではないだろうか。
地球外生命体とコンタクトを取ることで色々な情報を得ることが出来る。それにより日本は世界でもユニークな国家として存在しているのではないか?

ヒストリーチャンネルは番組の中でそのように言っていた。
なるほど、そう言えないこともないかな?



日記カテゴリ kえnnkおう 
コメント数(6)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
> edwardさん

お早うございます。
>天皇一家が地球外生命体と交流があるなんて
欧米人の中にはそのように考える人もいるということです。
それでも一般庶民の祈りと天皇陛下の祈りとではそのパワーが違うかも知れないですね。
2020.01.17 06:59 ボ ン ジ ョ ビ ( 旧 ponjoi)さん | 返信

> picoさん

お早うございます。
>人類は自然発生的に出現したのではなく太古の時代に高度文明の宇宙人が持ち込んだ生物だそうです
地球にいた類人猿と宇宙人を掛け合わせて作られたのが人類という説もあります。

天皇陛下の神事が宇宙人とのコンタクトなのかどうかは分かりません。欧米人の目にはそう見えると言うことです。
2020.01.17 06:54 ボ ン ジ ョ ビ ( 旧 ponjoi)さん | 返信

> 宵待ち草さん

お早うございます。
宇宙人との交流があったと思うのは可笑しいかな?
今の時代それは無いと思います。

>江戸時代には宇宙船が千葉沖に美女を乗せて漂流してきたとの絵画が残っていますね。
ヒストリーチャンネルで紹介されました。

>この何だかやるせない時代にはこのような夢を見ると心が安らぎますね
夢かどうかは分かりません。人類の敵もいる筈です。
2020.01.17 06:51 ボ ン ジ ョ ビ ( 旧 ponjoi)さん | 返信

楽しいお話ですね。天皇一家が地球外生命体と交流があるなんて、うれしい限りです。私もあやかりたいです(誇大妄想狂かな)(笑)。
2020.01.16 20:07 edwardさん | 返信

人類は自然発生的に出現したのではなく太古の時代に高度文明の宇宙人が持ち込んだ生物だそうです。地球に放し飼いにされた人類は文明が進むにつれて戦争を始めて殺し合いをするようになった。それを遥かかなたの星から観察して楽しんでいるのが宇宙人です。人類の代表者として一握りの人間が親元の宇宙人とコンタクトできる。その一人が天皇陛下です。欧州では英国の女王陛下です。
2020.01.16 14:19 picoさん | 返信

こんばんわ

「古事記」を神話として日本人は認めてきました。
宇宙との交流の物語として読むと楽しくなります。
子供頃に愛読した絵本にも竹取物語や、羽衣伝説なども夢を与えてくれました。
宇宙人との交流があったと思うのは可笑しいかな?
実話を後世に残すための説話と解釈できると思います。
日本の古代史は1万6千年前に遡るとの説もありますもの。
江戸時代には宇宙船が千葉沖に美女を乗せて漂流してきたとの絵画が残っていますね。
この何だかやるせない時代にはこのような夢を見ると心が安らぎますね
2020.01.15 19:55 宵待ち草さん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/210492
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る