新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

まったり爺
神奈川県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2020年09月 >>
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

まったり爺の生活と趣味

団塊世代の爺です、九州にて産声上げ転勤族にて放浪し今は横浜が安住の地か?、種々の趣味を楽しんでおります。今後共宜しく~~

◀ ブログ一覧を見る
2020.02.25 09:36

コロナウイルス蔓延危機(怒りの長文)

爺だけだろうか?

政府を批判しては全く良いはないが、されど間違った行動は許し難い事実ではありませんか?中国で始まったコロナウイルスで、日本への訪日客が多い昨今として皮肉な現状、ここは政府として国家の宝刀を抜くべき、国家権限を実行すべき事ではないだろうか??

先ずは中国訪日客を完全遮断し入国を禁ずべき、経済低迷など言っている場合か?国内がウイルスで蔓延し死者が続出してはそれこそ経済損失となる、その為には中国からの完全遮断は国家権力で実施すべきだ。

また中国経由の外国人も全て入国拒否を実施すべき、WHOの議長同様に中国に忖度している場合か、中国政府は団体旅行は全面禁止されたが、個人旅行や仕事に託けて感染来訪者は自由に入国している。特例は認めても厳格に厳しさが足らないと言える。

とは別に、豪華客船の停泊と船内監禁状態も多くの問題が含まれる、その前に横浜港到着時に各国の乗船客を母国へ引き取要請すべきだった、下船や監禁よりも諸外国客を国外へ出すべき、そして日本人は施設へ個人別に2週間隔離して観察策を取るべきだった。されど現実には感染しても陰性の結果を鵜呑みにして下船させるとは??信じがたい。

陰性でも大半の方がウイルスに感染している状態、まして公共交通機関を利用して帰宅させた事は大失策、その方々が多くの方へ感染させている事実、もう経路云々を遥かに超えている事でしょう~~

蔓延した日本全土をどうすべきか?を明確に分析し対応策としては、極端に外出禁止や企業も停止もあるべきだ、そうしないと自由気ままな日本環境では感染は継続し中国程の蔓延は少ないとは思うが、損失は中国以上になり得る事だとも言える。

首相官邸へメールも入れた翌日に米国が引取を表明された(以前から日本へ要請していたが日本が承諾なし?)日本人の性格か?緩い遅い優柔不断?が日本人の印象~日本国政府として決断すべきは即決も必要な危機的状態だ!!言っておきたいがインフル検査で「陰性」と言えども、ウイルスが居ない意味ではなく検査に出なかった訳で、政府も大きな間違いをしている。事実、陰性で解放された方が再発で「陽性」結果が、多くの感染原因はウイルス保持者からで、下船した方からの感染が確認されている事実。こうなれば外出禁止令を発すべきではないだろうか。

それに無防備な国民からしたら、政府は自己防衛しなさいと言うものの、感染者の個人情報保護を尊重し過ぎて、隠蔽する行為は間違い。何処の住んでいるのか公表すべきで、菌保持者は自由に出歩き蔓延の原因だ!!名前は非公表であっても**県**市**町までは必要だ。それ以降は自治体判断。

驚いたのは千葉の70歳代感染者の行動、38度もの体温があってもマスク使用せず飛行機に電車に乗って観光ツアーに出かけて蔓延させている、個人として感染ではと疑わないのか?世の中の実情を知らずして生活している?痴呆症なの??驚いた、これは一つの犯罪に匹敵するよ、感染者が亡くなったら責任取れるのか~~爺は怒ってます。
(2020.02.22記)
日記カテゴリ ニュース・マスコミ
コメント数(2)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
> イヌワウチさん

コメントに感謝~~
同年代の方が38度超えても旅行にでる認識は異常ですよ^^
笑いだけで済ませる話ではありませんね~~
2020.02.25 10:47 まったり爺さん | 返信

その千葉の女性のことは初めて知りました。
非常識かどうかは別として、凄いですね。
38度8分の熱があるのに、旅行をされて、飛行機に乗って。
正直、私だったら、絶対無理です。
それも70代でしょう?今回の新型肺炎で無くても、
私だったら、くどいですが、
「旅先で具合が悪くなって迷惑かけないかな?」って
思ってしまいます。
と言うより・・もうその時点で起きあがれません。
ただただ凄いとしか!!

政府の対応はおっしゃる通りだと思います。
投票したのは私たちです。(私は入れてませんけど)
2020.02.25 10:40 イヌワウチさん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/211392
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る