新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

グランパ
大阪府 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2020年04月 >>
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

ブログカテゴリ一覧

グランパさんの夢

ストレッチ

◀ ブログ一覧を見る
2020.03.27 08:09

疎開

小説「紀ノ川」で戦争で和歌山市六十谷の出身の花の長女文緒とその長女華子が一時東京から疎開し華子は文緒が通った現県立桐蔭高等学校に一年間通う。澄んだ空気で緑が新鮮で横を流れる川は蒼い水である。華子は幼い頃はジャワの川は土色で
いつも六十谷橋の川の水に感動していた。

 今回の新型コロナウイルスの感染が拡大の傾向である。

和歌山県出身者は新型コロナウイルスから疎開したらいいと思うが?一年経つと
終息すると思う。ひとつの選択肢ではないだろうか。
日記カテゴリ
コメント数(6)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
清正さん、おはようございます。

 和歌山大空襲は犠牲者は中央通りに死体が沢山あった。和歌山城も
焼失しました。有吉佐和子さんの自伝の小説で創作が多い。
五艘の船で六十谷に嫁入りも創作で九度山の紀本花子もそうです。
華子は有吉佐和子さんです。
2020.03.28 08:11 グランパさん | 返信

メ~おばちゃんおはようございます。

 感染者の少ない地方が良いが、いずれ感染者になり易い。抗体を持っていないから。
2020.03.28 08:05 グランパさん | 返信

六十谷は
実はあまり人的被害はなかったんですが
和歌山大空襲の時だったかいくらかの焼夷弾が落とされたと
聞いたことがあります。

当時の六十谷橋は
木造で河川敷から対岸の河川敷までわたるタイプの橋でした。
なのでたびたび水害で流されました。

今の鉄筋コンクリートの六十谷橋ができたのは
確か昭和38年だったかと…

花が九度山から船に乗って嫁入りしたときに上がったのは
この六十谷橋付近だったんじゃないでしょうか。
ぼくが子どもだったころには
桟橋と呼ばれる杭が残っていましたから…
2020.03.27 18:07 清正さん | 返信

疎開先は?
2020.03.27 17:16 メ~のおばちゃんさん | 返信

chuuさん、こんにちは

 もしウイリスで感染しても有田湯浅病院で実績がありますね。都会より「まし」と思います。むかしの紀ノ川や有田川に日高川が汚れたが
東京より綺麗です。
2020.03.27 12:57 グランパさん | 返信

コロナウイルスから疎開ですか、今の世の中どこに疎開すればですね。
昔の紀の川や日高川は水がきれいでしたが日高川など上流にダムができてから川が死んでしまい夏には鮎が泳ぐ姿が見えた川も昔の面影はありませんよ。
2020.03.27 11:38 chuuchichiさん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/212123
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る