新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

我太郎
兵庫県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2021年01月 >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

何でも屋我太郎の徒然

撮れる物なら何でもデジカメ三昧

◀ ブログ一覧を見る
2020.06.30 08:51

はんなりと日が暮れて

嫁さんのリハビリ散歩も暑くなって、晩飯を食べてからになりました
丁度サンセト時間に遊び場の公園を歩いて、秋ほどではありませんが、綺麗な夕空を見ることがあります
自然相手では狙うとなると思うようにはならないもので、期待を裏切られてがっかりの日が多いですが、何か目的が有れば単調な散歩にも励みになります

(ネットカンニング)

市民ボランティアによる小川の土手を利用した花壇もすっかり模様替えされて、タチアオイ、アバカンサスが一面に咲き誇っています

ギリシア語の「agape(愛)」と「anthos(花)」が語源となり、「愛の花」という意味があります

1つ1つの花は派手さは有りませんが、さわやかな涼感のある花で、愛の花と言うことも暑い夏を少しでも和らげてくれ好きな花です






今の時期当地では、午後6時40分頃に日が沈みだし、7時10分頃には夕焼けは終わります
この時間に公園に着いていないとなんですが、夕食を食べて30分はゆったりして、公園まで約2kmを40分ほどかけてくり歩いています
思い通りにいかないもので、こんなブログネタにしかならないことになるんです



公園に着いたら東の空がうっすら染まり良い雰囲気気でしたが、西の空は既に太陽は完全に沈んでいました



日没後10分、夕焼けは1番綺麗に出る時間帯でしたが、申し訳程度で上手く事は運ばないもんです



薄っすら染まった南の空に三日月が良い雰囲気を添えてくれ、思う夕焼けは撮れませんでしたが、自粛疲れの心の癒しになりました



信号渡れば家は近い
足元が暗くて歩き難い時間になり、この時間だと無灯火の自転車が気になります
家にたどり着くと、私はほっとし、嫁さんは疲れた~
とにかく1日無事に過ごせました
そんな日々です

日記カテゴリ 景色
コメント数(6)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
 メ~のおばちゃんさん こんばんは。

何時何が起きるか分からない自然相手は、とにかく熱心につきます。
散歩がそのきっかけになれば一石二鳥です。

>雲だって太陽の沈むところだって・・・

これなんですよ。
ワンショト、ワンショット同じは無いのが面白いです。
記憶はすぐに曖昧になりますが、写真は何時までも残り、自己満足でも思い出は消えないので止められません。
2020.06.30 20:04 我太郎さん | 返信

 えじまさん こんばんは。

あれこれご活躍ゆえ体は十分動かしているでしょう。
嫁さんは怖がりで、散歩に連れ出さないと家から1歩も出ません。
このまま寝たきりになられると難儀故、嫌でも付き合うしかありません。
本人もまた棚田に行きたいとの思いは強く、頑張ってくれています。
ヤマジノホトトギス見に行けると良いんですが。
2020.06.30 19:49 我太郎さん | 返信

 ボス!さん こんばんは。


朝のすがすがしい空気を吸っての散歩は、体にも心にも良いはずですが、嫁さんは朝は弱く何時も朝ドラが始まる前に起きています。
とにかく散歩は続けねばと思っています。
2020.06.30 19:41 我太郎さん | 返信

美しい夕日ですね。

単調な散歩も目的があれば・・・
その通りですね。
草花一つにしても移り変わりがあり、1か月のすれば辺りの景色はすっかり変わりますしね。
雲だって太陽の沈むところだって・・・
自分の目の付けどころ、心の持ちようで面白いものは飛び込んできますもんね。
2020.06.30 15:55 メ~のおばちゃんさん | 返信

夕食後に2キロを30分かけて?
  羨ましいです!
           その様な気持ちが沸かなくなりました。
このような雰囲気 好きなんですがね〜!
2020.06.30 15:44 えじまさん | 返信

おはようございます。

これからの季節は、早朝の散歩がお勧めです。
空気がヒンヤリとして清々しいです。

夕陽もいいですね。
休みの時の私は、朝夕2回に分けて散歩しています。
2020.06.30 09:02 ボス!さん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/214441
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る