新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

とおるターン
兵庫県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2021年05月 >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

ブログカテゴリ一覧

風そ~ろりそろりん

おまけの人生、気楽にきままに、いい思い出にひたりながら、あたりをゆっくりと眺めて、ポソッと呟くことにします。

◀ ブログ一覧を見る
2020.08.17 01:32

うだる暑さの中で


暑すぎる。
昨日は家の中にいても
蒸し風呂状態。
何年か前までは、
暑さを凌ぐのに、
ウチワか扇風機しかなかった。
後はすっぱだかになるだけ。
田舎だから窓を開け放しておくと、
風邪があればかなり温度が下がる。
あれやこれやとない知恵を絞ったものだ。
「熱中症で倒れてるお父さんの発見者になりたくない」
娘の一言でクーラー導入となった。
二年前だった。
それ以降は酷暑がひどくなるばかりで、
タイミングがばっちりだった。
部屋の外に出て少し作業をして、
すぐクーラーのかかった部屋に戻る。
その繰り返しで、
9月に図書館でやる
「根日女創作倶楽部2020文芸祭」の
準備を少し片づけた。
しかし、暑さは尋常じゃないので、
程々に切り上げた。(フゥ~)

大スター渡哲也が死去したニュースを
またやっていた。
私にとってのスターたちが
次々といなくなってしまう。
そんなかで一番ショックだったのは、
緒形拳の死だった。
実は緒形拳に肉筆のサインをもらったことがある。
当時私が所属していたアマ劇団『混沌』から、
別のアマ「劇団姫人座」に客演したのが、
矢代静一の『夜明けに消えた』で主役の青年。
その役を緒形拳がやっていたのだ。
同じ矢代作品『悲しき恋泥棒』公演で
姫路に来られたので楽屋を訪ねた。
気さくに対応に気をよくして、
持ち込んだ写真にサインを頂いてしまった。
その夜
市内のスナックを案内したのは
いい思い出である。
そして、私も『恋泥棒』で
同じ主人公をやることになったのは
偶然とはいえ、今も忘れていない。
もう一度、
あの頃に戻りたいなあ。(笑)
日記カテゴリ つれづれ語り
コメント数(4)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
> 清正さん
コメントありがとうございます。

暑さにもうグッタリ。
頭も体もついて行けてないです。(フゥ~)
2020.08.19 08:09 とおるターンさん | 返信

 メ~のおばちゃんさん
コメントありがとうございます。

暑いです。
もう知っちゃかめっちゃか中です。(フゥ~)
2020.08.19 08:07 とおるターンさん | 返信

素晴らしい経験。
演劇を目指すものにとっては
夢のような出来事です。

素晴らしい思い出が
今も鮮明に残ってるんですね。
2020.08.17 19:05 清正さん | 返信

そうそう!
子どもの頃はクーラーなんて無く、ガラス戸を開けると稲の田んぼを吹き抜ける風が入ってきて涼しかった・・・
とおるターンさんと同じような生活をしてたんだと気持ちよく共感していました。
ところが渡哲也だ緒形拳だと暑苦しい話になり、うだる暑さの中では読み続けることができませんでした。
一応冷房はしてるんですけどね。ごめんなさい。
2020.08.17 15:55 メ~のおばちゃんさん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/215467
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る