新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

とおるターン
兵庫県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2021年05月 >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

ブログカテゴリ一覧

風そ~ろりそろりん

おまけの人生、気楽にきままに、いい思い出にひたりながら、あたりをゆっくりと眺めて、ポソッと呟くことにします。

◀ ブログ一覧を見る
2020.08.20 02:40

泳げない


こう暑いと
やはり川や海が恋しくなる。
といっても泳ぐわけじゃない。
チャプチャプと波打ち際で
足を浸す程度でいい。
子供のころからまるっきり泳げない。
小学校で夏になると、
海水浴の行事がある。
学校にプールのない時代だから、
子供たちは大喜びする。
しかし私は逆にしょげる
膿へ行くと、
泳げるものと泳げないものに分けられる。
それが恥ずかしかった。だれも見向きもしない。
海を満喫するのに目いっぱいなのだ。

大人になっても泳げないまま。
そして親になっても変わらなかった。
泳げない親は大変だ。
海やプールへ連れて行ってくれとせがむ子らを、
妻に任せて、
「おとうさん、海が嫌いなんや」「海水パンツ持ってない」
などと弁解していくことはなかった。

子供らは学校にプールがあり、
コーチまで恵まれた子供らは結構泳げる。
そんな子らの前で恥を晒したくない。
考えてみればいろんな理由を作ったものだ。
妻も協力して、
子供の目に、父親のナナヅチぶりを披露せずに終わった。

この夏はコロナで誰も海やプールなど口にする者はいなかったが、
いつかは孫らが「海へ連れて行って」と言い出すかも知れない。
いい言い訳を考えておかなければなあ。(ウン)

またスキャナーの調子が悪い。
スマホで撮ってメールでパソコンに送り込んだが、写りが。悪い
なんとかしなきゃ。
日記カテゴリ つれづれ語り
コメント数(4)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
> 清正さん
コメントありがとうございます。

うちも田舎ですから、
子供時代は、
近くの川(さほど大きくないと記憶していますが)の
淀んだところが、
子供たちにはプールだったですね。

一度和歌山の海へ
子供を連れて旅行したことがありますが、
かなり遠かったなあ。
しかし最高の旅情を味わいましたよ。
2020.08.21 14:32 とおるターンさん | 返信

> メ~のおばちゃんさん
コメントありがとうございます。

すごいなあ!
メ~のおばちゃんさん、
体育大学ですか。
確か背も高いんですよね。
想像を超えたアスリートだったのかな。
すごい…すごい……!
2020.08.21 14:27 とおるターンさん | 返信


ぼくもあんまり好きじゃない。
見るのはいいんですが…

水浴びした後のあの疲労感
ねちねちする感触…

その点川はいい。
水浴びした後のサラサラの気持ちいいこと。

和歌山の川湯温泉は
泳いだあと寒くなったら
川縁の水たまりは天然の露天風呂。
冷たくなった体はそこに入って温まる。
また川で水浴び。
寒くなったらまた温まる。

そんなことしてたら
1日皮で遊んでられますね。

あそこは最高。
ぼくの1番のおすすめです。
2020.08.20 21:45 清正さん | 返信

お気持ち分かる気がします。
まだまだ恰好いいお爺ちゃんでいたいお気持ち・・・。

私も、小、中、高とプールの無い学校でした。
泳ぐのは農業用のため池で、見様見真似のクロールや平泳ぎ。
それでも体育大学受験ですから、そりゃも~~頑張りました。

お気持ちは分かりますが、「爺ちゃんはな」ってお話をされるのもいいかも・・・
爺ちゃんの子どもの頃は学校にプールが無かったんや!町にもプールがなかったんや!って・・・真実を知って爺ちゃんの子ども時代に思いを馳せられるかも・・・。
2020.08.20 18:14 メ~のおばちゃんさん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/215519
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る