新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

とおるターン
兵庫県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2021年04月 >>
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

ブログカテゴリ一覧

風そ~ろりそろりん

おまけの人生、気楽にきままに、いい思い出にひたりながら、あたりをゆっくりと眺めて、ポソッと呟くことにします。

◀ ブログ一覧を見る
2020.08.22 02:58

スイカ


連日の酷暑で乾ききった畑。
スイカの蔓は完全に枯れている。
残しておいたスイカの球だけが、
ゴロゴロしている。(三つだけ)
収穫して切ってみると、
前に焦って収穫したスイカより熟れていた。(嬉しい!)
家族はさほど好きでないのに、
私は大のスイカ好き。
ひとり飽きるほど食べられるのは確実だ。

子供のころ、
夏休み、村の子供たちは常に集って遊んだ。
子供会というわけで、
6年から1年生まで、
勿論ガキ大将がいた。
大人にスイカを子供会にと貰ったら、
ガキ大将が好きなように切り分けた。
誰からも文句は出ない。
自分のあたり分にかじりつくだけだった。

仲間同士いがみ合うことだってある。
4年の兄がガキ大将のいじめの標的になったことがある。
ガキ大将は6年生、しかも体は大きかった。
苛められる兄を見ているうちに、
私の怒りは頂点に達した。
あっという間にガキ大将へとびかかっていた。
しょせん叶いっこない相手だったが、
自分の兄が苛められることに怒りが沸騰した。
どう収まったか記憶は薄れてしまっているが、
兄のために我を忘れてとびかかった記憶は鮮明だ。
きっと兄のことが好きだったんだろうな。
ちなみに兄もスイカは大好物だった。
日記カテゴリ つれづれ語り
コメント数(4)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
> メ~のおばちゃんさん
コメントありがとうございます。

そうです。
二つ割にして、パカッと開いて、
赤くなった中身を見たときの、
観劇と言ったら。
前に早く収穫し過ぎたせいか、
中途半端な白がかった赤い身だったので、
猶更嬉しかったですよ。

兄が亡くなってもう30年近くなるかな。
年を取るにつれて、
あの笑顔を思い出すことが多くなりました。
何とかして
両親や兄がいるはずの天国をめざしますが、
さほどいいことをしてきていない人生だけに、
逢えないかも知れないなあ……。(絶句)
2020.08.23 01:43 とおるターンさん | 返信

> 清正さん
コメントありがとうございます。

美味しかったですね。
作った甲斐がありました。
2020.08.23 01:35 とおるターンさん | 返信

良かったですね~~赤くなってて。
\(^^)/\(^^)/\(^^)/
過日採ったスイカは未熟だったんでしたね。

スイカと共に思い出すガキ大将どもの思い出。
お兄ちゃんはどのように覚えておいでかなぁ。
弟に救われて嬉しかった?
それとも自分が情けなかった?
お兄ちゃんのみぞ知るですね。
2020.08.22 17:54 メ~のおばちゃんさん | 返信

スイカ
立派にできました。

これだけできたら
素晴らしい~(^_-)-☆
もちろん井戸で冷やしたんでしょう~?

お味の方はいかがでしたか~?
2020.08.22 08:54 清正さん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/215560
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る