新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

とおるターン
兵庫県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2020年10月 >>
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログカテゴリ一覧

風そ~ろりそろりん

おまけの人生、気楽にきままに、いい思い出にひたりながら、あたりをゆっくりと眺めて、ポソッと呟くことにします。

◀ ブログ一覧を見る
2020.09.25 03:02

怖がりの記憶


 小さい頃、寝転んで天井を眺めていると、不安と恐怖に苛まれた。世界でたった一人置き去りにされた不安感が募り。怯えて眠れないことがしょっちゅうだった。


「うなされとったけど大丈夫かい?悪い夢でも見たかいのう」


 心配顔で尋ねる母に答えようがなかった。家族が亡くなることを考えては、怯えて眠れなくなるなどと口にできるはずはなかった。


 人の死、まして家族の死を考えてしまう理由が分からなかった。周囲に亡くなった人はいないのに、なぜか鮮明に浮かんだ。


 誰にも言えない恐怖は、高校生になるころにはすっかり消えていた。別の悩み事が増えたせいだった。しかも家族の不幸とは無縁の日々が続くと、自分は特別なんだと思い込み、死の恐怖に悩ませられることはなくなった。


 祖父が亡くなった知らせが届いたのは、仕事中だった。作業に心を奪われて、悲しみに襲われることはなかった。


「仕事は休んで、葬式に帰りなさい」


 上司に言われても、仕事を休む気にはならず、結局実家には戻らなかった。


「大切に思った人の死は、みんなで受け止め、心の底から悔やむのが、家族というものだ」


上司の言葉が私を突き刺した。ただ上司には理解できまい、私が襲われる恐怖の正体を知ることは絶対にないだろう。


 自分の家族は死なないという思い込みが、自分の中で常識になっていた。それが木っ端みじんに砕かれたのだ。認めれば、また家族の死を思い浮かべ、怯える日々がまたやってくる。


取り合えず帰郷した私は、祖父が九十三歳と長寿だったと知った。祖父の死を実感すると同時に、じわじわと恐怖心は蘇った。


 四十三で兄が急逝したのは、祖父の死から二十数年後だった。兄の事故死を前に、徐々に押し寄せる悲しみは、家族の死が絵空事でなく現実なのだと思い知ったからである。


 療養施設に入っていた父の臨終に立ち会ったのは、世間がコロナで右往左往する時期だった。九十六歳という長寿で、病床に横たわる遺体は穏やかだった。もう涙は出なかった。何年か前に逝去した母は九十三歳。あの時に流れた涙は、母ゆえの特別なものだった。


「みんな亡くなったね」


 妻の言葉が、今の私を言い当てる。物心ついたころに幸せを共有した家族四人が、私一人になってしまった現実は目の前にあった。


「子供のころ、家族の死ぬことを考えては、怯えに襲われて眠れなかったんだ」


「自分が死ぬってことは、考えた?」


「それはなかったよ。家族の死が怖くて堪らなかったんだ」


 そうだった。考えては怯えた家族の死に私はいなかった。そしてひとり残ってしまった。


「もう怖がらなくていいのよ。私や子供たちが、あなたの家族でい続けるから」


 妻の笑顔が恐怖心を吸い取ってくれた。


 

日記カテゴリ つれづれ語り
コメント数(2)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
> 清正さん
コメントありがとうございます。

死というものが
漠然としたものでしたが、
言いようのない恐怖は、
子供の私に
何をもたらしたのか、
よく分かりませんが、
そのころから
本を手当たり次第に
読むようになりました。
何かにすがりかったのかもしれません。
2020.09.25 20:07 とおるターンさん | 返信

ぼくは
親父が早く亡くなったので
死というものについて幼いころから
漠然と感じていた。

小学3年生の冬だった。

当時はまだどこの家にも電話なんかない時代で
伯父さんが朝早くに玄関のドアをたたいた。

母は親父に付き添いで我が家には兄弟4人だけでした。

それ以来
死に対する怖れがとてつもなく膨らんだ。
今もまだ残ってるように思う。
2020.09.25 11:29 清正さん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/216194
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る