新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

グランパ
大阪府 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2021年02月 >>
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28

ブログカテゴリ一覧

グランパさんの夢

ストレッチ

◀ ブログ一覧を見る
2020.11.27 03:43

和歌山だより

昨日、11月号が秘書課から届いた。A4サイズである。

表紙はカラーの写真で、その写真はかつらぎ町四郷の里で、串柿で有名である。
四郷は「東谷」「平」「滝」「広口」の4つの村の総称ある。串柿の里として
長い歴史と伝統を育んでいます。
 ちなみに、串柿は1本の竹串に10個の干し柿をさしており、三種の神器の
一つである剣に見立てているそうです。また、干し柿の10個は2・6・2と
配置され「いつもにこにこ仲慎まじく共に白髪の生きるまで」という思い込められている。

 小説巡りした時何度も訪れました。その姿はオレンジ色暖簾のようである。
日記カテゴリ
コメント数(6)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
chuuさん、おはようございます。

 全国では渋柿を皮を剥いて縄に結んで吊るす。ことが多いですね。
串柿はその土地の風土を活かした。先人の知恵と思います。

 利用も全国様々ですね。洋風文化で需要不足のようです。
2020.11.28 08:26 グランパさん | 返信

ボスさんおはようございます。

 本当ですね。人並に健康で育つことを良いですね。
和歌山だよりの記事は新型コロナウイルス感染ことが多いです。
2020.11.28 08:20 グランパさん | 返信

串柿の季節が来たということですね。
串柿を鏡餅の上に添えるのは主に関西地方の飾り方のようですね。
こちらでは串柿は飾りません。
この季節になると渋柿を吊るして吊るし柿を作る光景を見ることが出来ますよ。
2020.11.27 18:37 chuuchichiさん | 返信

こんばんは。

前のブログも読ませていただきました。
人様に迷惑をかける事が無く、元気にそれなりに暮らしていってくれればと思います。

和歌山だより、届くのが楽しみですね。
2020.11.27 17:23 ボス!さん | 返信

清正さん、こんにちは

 先日、清正さん、の写真を見ました。今は過疎化が進んでアルバイトさんが串柿をしてると聞きます。若者は鍋谷トンネルが出来て一層都会を望むしむかしの正月にお餅の上に串柿を置きだいだいと置き床の間に飾った。洋風文化が進み淋しいですね。

2020.11.27 15:46 グランパさん | 返信

今年も行ってきましたよ~(^_-)-☆

けれどだんだん串柿干しの風景が淋しくなりつつあります。

いつまでも残したい原日本風景です。
2020.11.27 08:23 清正さん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/217274
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る