新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

錯太郎
福岡県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2021年04月 >>
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

ブログカテゴリ一覧

竹、竹、竹が生え。

光る地面に竹が生え。

◀ ブログ一覧を見る
2020.12.21 06:08

現実の岩

現実が
微動だにせぬ
岩の如きものであったならば、
現実の岩を避けて通ればいい。

現実の壁にぶち当たったら、
壁を乗り越えようとはせず、
壁を打ち破ろうともせず、
ただ、壁の手前で寝る。
または、もと来た道を引き返す。

現実と闘おうとは、
これっぽっちも思っていない。

しかし、鬼の毒親が遂にくたばったように、
辛抱強く待っていれば、
壁のほうから勝手に自壊して、
消えて無くなったりする。

だから、壁に阻まれたならば、
壁が消失するまで、じっと待っておればよい。
忍耐してれば、そのうち、活路も開ける。
55歳になって初めて知る。
人生を阻害する壁の自己崩壊を。

やはり、人は長生きするべきだ。
日記カテゴリ
コメント数(4)
コメントを書く
読み込み中です…
(全角1000文字まで)

内容を確認の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

コメント一覧
> picoさん

養老孟司の「バカの壁」は、
新刊当初に買って読みましたが、
内容は忘れました。
ただ「バカの壁」という言葉が印象に残ったのみです。
2020.12.22 13:50 錯太郎さん | 返信

> 錯太郎さま

養老 孟司著の「バカの壁」ですね。

アマゾンで1円で売っていました。

脳が拒絶反応を起こして理解できなのが「バカの壁」と言うそうです。そんな内容だったと思い出しました。

2020.12.22 10:25 picoさん | 返信

> picoさん

「バカの壁」も、放っとけば、自然に滅ぶ。
誰のとは言わんけれども。
2020.12.21 16:56 錯太郎さん | 返信

仰る通りですね。

これまでも行く手を阻む壁がいくつもありました。

30歳くらいまでは遮二無二に乗り越えてきましたが、その後は悪知恵がついたのか、無理をせずに迂回するのがいい。道はひとつではなく多岐に分かれると考えるようになりました。


2020.12.21 14:59 picoさん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/217740
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る