新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

グランパ
大阪府 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2020年08月 >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

ブログカテゴリ一覧

グランパさんの夢

ストレッチ

◀ ブログ一覧を見る
2011.02.15 20:27

春を待つ

「宮の浜」:遠くに和歌浦


「同」:四国が見える


「同」老いたオジン


「同:パーム並木を進むとマリナーシティへ



「和歌山城:三年坂通りに咲き誇る水仙



  今週の日曜日のこと。空気が冷たく澄み切った空、海を求めて、

そこは方男波を過ぎ、マリナーシティーの傍にある「宮の浜」マリンスポーツが盛んだし、夏になると「海水浴客」でも賑わう。

 このルートを走るのが、ほんと気持ちが高揚する。点滅が光るブリッジ、
山並みの稜線がシャープである。澄んだ空気の中で車を駐車し、潮風・
潮騒・潮の香り、砂浜の感触、

  そんな思いを感じ、サーファーと話す。「奈良」から来た30代の男女。
逞しい身体つきに惹かれる。

 帰り際に「和歌山城」に咲く「水仙」の香りは「春を待つ」

   水仙の  匂い漂う  春の風。
日記カテゴリ
コメント数(19)
コメント一覧
Tibeさん、こんばんは〜〜

俳句やんで自分ではそんな風情のある人間ではないですが、このサイトにおられる
「ちゃん」さんが良い俳句を見ます。そこで私もと(笑う)お褒めありがとうございます。

いやいやそんな良い男性ではないですから
tibeさん希望ですが、自画像を描いてアップしてほしいやして。
2011.02.17 10:55 グランパ | 返信

花よりケーキさん、こんばんは〜〜

そうですよね。「姫」は「S P]だったですやして。

私が行った時代は身の丈の応じた国だったやして「○○製油」街は綺麗でね。ゴミひとつないやして。今は世界の金融から医療や科学や観光で賢人達が集まってますね。

ありがとうさんやして。花さんてまりさんにコメントしたとおり縮だんよん。

ドライブはひとりに限ります。写真の「水仙」に気づいたのはひとりだったからでしょうね。相棒がいてると難しい、
2011.02.17 10:50 グランパ | 返信

風蘭さん、こんばんは〜〜

もう直ぐ24節気の「雨水」その証か?

今晩から未明に本降りらしい。

澄み切った空と巡り合う機会がほんと少なくなりました。むかしなら常日頃常態でしたが。お隣さんの国からの粉塵で?
今日は絶景、四国なんてぼや〜〜と霞んでましたが、鮮明に見えました。

「湘南」と「伊豆半島」むかし一度訪れました。電車の沿って見える「海」はここより絶景でしやして。

お褒め頂きありがとうございます。みかけ
ですが(笑う)
2011.02.17 10:42 グランパ | 返信

 [水仙の  匂い漂う  春の風]{拍手}{拍手}
水仙の匂いって清々しくて気持ちがキリっとします。
お写真、優しくて謙虚なお人柄そのままで素敵です〜{ハート}

2011.02.17 06:47 Tibe | 返信

パームツリー ・・ 娘の居る国を想います
見ていて気持が和みますね {ハート}
グランパさん” 何度か写真を拝見しましたが
いつも背筋が伸びてて若々しさを感じます
(ポシェット姿にも若さが・・・)
ドライブしてると「菜の花」に時々 出会います
も〜う すぐそこに春が {音符}
2011.02.17 04:38 花よりケーキ | 返信

きれいなお写真!そして、きれいな俳句!

「四国」が見えるのですね{キラキラ}
何だか、実感してしまいました。感動します。
先日晴天の日曜日、こちら湘南の海からは、くっきりと伊豆半島を望めて感動。その映像と重なり、なおさらに、それぞれの土地を感じました。

グランパさん、素敵な初老の紳士ですね{キラキラ}
2011.02.17 00:55 風蘭 | 返信

京子姫さん、おはようございます。

そう。冬の海って誰も居ないか?少ないか

眺めて居ると様々なことが浮かぶやして。

さて、私がね。京子姫さんが「海」で写した写真をアップした時、素敵な女性と印象的でしたよし。黒のハットがまた良かったやして。

私が怖い感じって?「当たり」現役のころ言われたことが多々ありました。
最近は年を重ねたんでしょうか?よれよれ
のオジンと先輩から言われます。
2011.02.16 22:37 グランパ | 返信

すごく綺麗な海ですね〜。冬の海は好きです。
見てるだけで静かな時間が過ごせますよね。
なかなか都会にいると海を見る機会がないけど・・・
グランパさんの写真ですか?なんかイメージが違ってるかんじ。・・・もっとこわい感じと思ってましたよ〜。
2011.02.16 12:33 京子姫 | 返信

訂正

「宮の浜」→「浜の宮」のし。

前回のブログで紀ノ川にかかる橋の名前は
「三田橋」→「三谷橋」

よくある間違い「堪忍」やして。
2011.02.16 11:18 グランパ | 返信

てまりさん、こんばんは〜〜

上品って感じがしますね。少しきつい香りですが、私は好きなんです。花の香りって全て。そして潮の香りもね。

南茨木に住んでたころ、家族で「動物園」や「植物園」によく行きました。
緩急京都線で四条河原町まで30分で行けました。嵐山に太秦もね。そうそう「鞍馬」もね。

身長は2センチ縮んで172センチ、体重は65キロ前後、
写真なんでみかけだけですが、てまりさんからそう言われる嬉しいです。

外観は何もないかのようっですが、「痛い」とか「薬」を服用してるかです。
「降圧剤」を飲んでますが、じゃまくさいですね。病院に行くてまに飲む手間、
更に「歯医者」エンドレスです。医者代で
飯が食べられない時代が来るか?いやですやして。
2011.02.16 11:13 グランパ | 返信

リンちゃん〜〜こんばんは〜〜

ぶるーさんにコメントしたとおりやして。

会社で談義、むかしね。(40年前)定年が55歳だった。そして直ぐに年金が給付してくれた。そして5年後に亡くなるストリー。それが医学の発展と国自体が財政難に給付が65歳になった経緯。これが益々
給付時期が遅れるか給付金の減額か?
65歳ともなれば男性はほんと老人ようなさま、その点女性は違うがね。

そう!きっと合ったら声をかけてね。リンちゃん〜〜

「水仙」ってリンちゃんのコメント通りの花ですね。
2011.02.16 11:00 グランパ | 返信

春の香り 水仙 上品な花ですね。

お天気が回復しました。
今日は 府立植物園に 水仙 福寿草 節分草・・・
見に行きます。
グランパさまは 身長が高いのですね。
背筋も伸びて 若々しいですよ。
身体の老化は 誰でも同じですよ。
2011.02.16 00:24 てまり | 返信

あらやだぁ〜、”老いたオジン”だなんて・・・素敵な「gentleman」でしょう!?{笑顔} ねっ、グラちゃん!!
グランパさんのお写真は何度か拝見してるので、街ですれ違ったらわかるかも〜?{ウインク}

水仙って、楚々として可愛いお花ですよね?{ドキドキ小}
2011.02.16 00:00 リン | 返信

ルルさん、おはようございます。

県立医大がご存知でこの界わいはルルさんは詳しいでしょうね。ルルさんなかは「クルーザー」をお持ちでは?

この浜は一年中賑わってます。当日は「ウンインドサーフイン」それてる男女。

私なんかの青春時代はキャンプしたり「投げ釣り」したりして楽しんだ。が、今はこの浜は禁止です。規制が多くなり自然と接する遊びが少なくなりましたね。

そうなんやして。恥も外聞に係わらず、アップしたりしてね。

今度はブ男を披露します。きっとルルさん食欲が無くすよ。

それにひきかルルさんは永久的に若さを保ち素養あって美人ですやして。
2011.02.15 22:49 グランパ | 返信

ナズナさん、おはようございます。

車を駐車し、水仙の匂いを嗅ぐとね。凄いキツイ香りやして、風もあったので辺りが
水仙の香りがしましたよし。

写真の老いたオジンは「わ・た・し」のし。
2011.02.15 22:41 グランパ | 返信

ぶるーむーんさん、おはようございます。

そうなんやして「パームツリー&遠くに見えるブリッジ」そして右側は「コバルトブルーのオーシャン」そこを老いたオジンが
運転し自己満足していますのし。

65歳って世間的には若いと言ってますが、自分では「頭の頭部が脱毛&首は細くなり皺&歯は義歯&眼は老眼&足は不自由」

そして直ぐに忘れるし、時代が豊かになっても身体はむかしと同じと?。正直ですやして。友人は「投薬」で生きてる(60歳)
人もいる。まあ友人より少しはましか?

写真はその老いたオジンが私です。
2011.02.15 22:38 グランパ | 返信

マリンの和歌山らしい景色ですね〜。
お写真、逆光でせっかくのお顔が見えません、
次は光を入れて撮って下さいね{笑顔}
私も年老いたオバンです〜{乾杯}
2011.02.15 16:06 ルル | 返信

水仙の香りが届きそう、早春に一番似合う花ですね。

老いたオジン??・・・・だーあれ {ウインク}

2011.02.15 14:04 ナズナ | 返信

パームツリーはいかにも
南国ですよね。

老いたオジンって誰ですか?
2011.02.15 13:10 ぶるーむーん | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/32642
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る