新規会員登録 ログイン
  • プロフィール
  • ブログ
  • フォト
  • ともだち

散輪坊
長野県 /  男性
メッセージを送る
ともだち申請する
お気に入りに追加
<< 2020年02月 >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

ブログカテゴリ一覧

散輪坊の部屋

 いろいろな浅い趣味を持ったおじさんです。 お楽しみいただけると嬉しいです。

◀ ブログ一覧を見る
2008.06.30 16:32

いよいよ巣立ち

日記カテゴリ ツバメ
コメント数(12)
コメント一覧
赤倉 稔さん

 今年は珍しく何箇所かでツバメの巣を見つけました。
 ツバメの親は巣立ちの遅い子も見捨てないで
餌を与えていました。今日は皆見かけませんでした。
2008.07.01 07:38 散輪坊 | 返信

最近はツバメの姿を見たことがないんです。親ツバメが
学校の先生にも似ています。

人の親も弱い子供に一層手をかけるといいますが、ツバ
メの親も巣立ちの遅い子に一層力を注ぎますね。

早く兄妹ツバメとと飛び立てると良いですね。
2008.07.01 07:23 赤倉 稔 | 返信

o-sanさん

 残った一羽はどうしたんでしょう。飛び出す勇気が
出ないのかもしれません。
電線にいる雛も餌をもらうときは親の頭を
飲み込みそうな勢いです。
2008.06.30 23:36 散輪坊 | 返信

巣立ちも一斉にという訳でもないのですね。
巣に残った一羽、相変わらず親の頭を飲み込みそうな勢いですね。
2008.06.30 22:21 o-san | 返信

道祖神さん

 ツバメに限らず餌をねだる雛たちは皆賑やかです。
実ながら、聞きながら無事育ってほしいと祈ります。
 ツバメは飛びながら虫を捕まえているんでしょうが
よく見えると感心します。
2008.06.30 21:00 散輪坊 | 返信

散輪坊様、こんばんは{雲}

 ツバメの巣立ちとは、懐かしいですね{笑い}
昔は、早朝から親鳥が虫をくわえて雛に与えて
いましたから。
かしましいのなんの{音量}
でも、不思議と腹はたちません。
なぜでしょうか{はてな}
お米を作る私達の味方だったからかも{OK}
2008.06.30 12:26 道祖神 | 返信

チョコミーさん

 ツバメは二回子育てをするようなんですけど、
最初の子にしては少し遅いし、二番目の子にしては
少し早いような気がします。
この雛たち、旅立ちまでは長すぎますね。
2008.06.30 11:55 散輪坊 | 返信

いこさん

 見守ってやれるのも、ここまででしょうね。
親子で移動しながらの生活でしょうから、
もう見つけられないかもしれません。
 それとも夜は巣に戻っているんでしょうか。
2008.06.30 11:51 散輪坊 | 返信

熊五郎さん

 巣を見ていると3羽も4羽も餌運びしているように
見えましたから、二番子のような気がします。
二番子にしては少し早いような気もします。
2008.06.30 11:49 散輪坊 | 返信

ツバメってこんなに早く巣立つものでしたか?
田舎から東京に出てきて身近にツバメの巣を見なくなってしまい、子育ての様子なども鮮明ではありません。
秋の旅立ちまで、これから自分で餌をとれるように鍛えるんでしょうね。
2008.06.30 11:29 チョコミー | 返信

どちらが親か解らないほど
大きく育ってますね。 良かった。
ズーと見守っている人が近くにいて{笑顔}
2008.06.30 11:28 いこ | 返信

今巣立ちだと2番子ですか
皆立派に巣立って欲しいですよね。
2008.06.30 08:38 熊五郎 | 返信

この記事へのトラックバックURL
https://www.seniorcom.jp/blog/view/8517
この記事へのトラックバック一覧
1
ページトップへ戻る