新規会員登録 ログイン
Life Stage

自分が好きなこと、得意なことで

素敵な女性は「社会貢献」始めています

いろいろ経験してきた今だからこそ、社会に対してできること、始めてみませんか? あなたの「好き」や「得意」が、きっと誰かの役に立つはずです。

グリーン・ディレクター(園芸家)

国吉 純さん  52歳

無理なく社会貢献したくて園芸を仕事に選びました

国吉 純さん
くによし・じゅん1962年生まれ。有限会社ジュリエッタ・ガーデン代表取締役。園芸講座、執筆、造園などを通して、植物と触れ、育て、楽しめる家庭園芸の普及に力を注ぐ。監修に『想いを贈る花言葉』(ナツメ出版)。ほかNHK団塊スタイル「趣味の達人①花で育てる人の輪と街」にも出演。
この日は「花の色水で塗り絵」。敷地内で採れた花や果実の色をうつした水で思い思いにペイント。入居者の方が無理なくできるプログラムを考案・準備するのも楽しい。

「私が役立てること」を考えて、
ずっと進んできた気がします

「会社勤めや子育てで多忙を極めていた頃、小さな植物を育て、花が咲いたことの達成感や希望に自分自身が救われたことから、この道に入りました。園芸にたずさわることで、学生時代から続けていたボランティア活動を無理なく再開できると思ったことも、もうひとつの動機でした」

 横浜のニュータウンにある介護付き有料老人ホーム「ライフ&シニアハウス港北2」で、国吉さんが園芸療法を目的としたサークル活動を始めたのは、2004年のこと。ジュリエッタ・ガーデンの設立後、すぐに取り組んだこの活動も、今年で10年目を迎えます。

「屋上にじゃがいもを植え、みんなで収穫して美味しくいただいたこともありますが、みなさんも年齢を重ねられ、できないことが増えてきました。でも、季語や花の名を説明し、花に触れ、匂いをかぐだけでも十分に五感は刺激されるんです」

株式会社 生活科学が運営する「ライフ&シニアハウス港北2」での園芸療法プログラムは、入居者が対象。敷地内の植物を使います。

“植物と人”とのよりよいつながりを目指して始めた国吉さんの園芸ボランティアは、当初から今まで、地元である神奈川県を中心に行われています。新吉田地域ケアプラザの園芸ボランティア養成講座も、ずっと続けている活動のひとつ。

「私が横浜にこだわって、地域に根ざした社会貢献を行っているのは、続けることが何よりも大切だと考えるから。植物は手間隙かけて、愛情を注いで育んでいくもの。人とのつながりも同じです。だからこそ、無理なく続けられて、楽しくできることが大きな力となるんですね」

ヘルスメイト

清野珠美子さん  65歳

栄養があって美味しい食事で健康を広めるお手伝い

取材日は味の素協賛によるヘルスメイトさん同士の講習会。長いおつきあいの仲間たちと、終了後の記念撮影。
右・4グループに分かれ、調理中。グループごとに何が出来上がるかはお楽しみ。上・作った料理を発表後、みんなで試食。
清野珠美子さん
せいの・すみこ1948年生まれ。1971年宮城県に嫁ぎ、亘理町の在宅栄養士を経て1988年から食生活改善推進員(ヘルスメイト)に。1996年から亘理町食生活改善推進員協議会の会長を務める。

「私たちの健康は私たちの手で守る」を実践

清野さんは全国に17万人いる食生活改善推進員、通称ヘルスメイトとして、食を通した健康作りのボランティアを長年続けています。

「“楽しく作って、楽しく食べて健康作り”を合い言葉に、地域で活動しています。栄養アドバイスを含めた親子料理教室や男性のための料理教室、行政が主催するひとり暮らしのご老人に集まってもらっての食事の提供や、若いお母さん向けの離乳食教室の手伝いをしたり。震災後からは 亘理 わたり 町7ヵ所の仮設住宅の集会所を回ってその場で料理を作り、その場で一緒に食べるという活動もしています。家にこもりがちになる仮設住まいの方たちが、外に出てみんなと食事をすることで笑顔になるのを見ていると、この仕事をしてよかったなと思います」 

 資格などはいるのでしょうか?

「地域ごとに期間や方法は異なりますが、養成講座を修了すれば会員になれます。そこで習った食の知識を地域に広げたり、郷土料理を伝えたりしながら、私たちの健康を私たちの手で守る活動です。先ほどの仮設の話は、ヘルスメイトと亘理町、宮城学院女子大学、被災地域に食支援をしてくれている味の素さんとの協働事業“おいしい輪”という活動ですが、このように活動の幅も広がり、やりがいも増しています。でも、私たちが伝える料理の味は世界で2番目。1番目は我が家の味、お袋の味です。美味しくて栄養のある家ご飯を楽しむ家庭が増えるためのお手伝いを、これからも続けていきたいですね」

清野さんのグループが作った3品。左・酢の物 中・鮭のちゃんちゃん焼き 右・郷土料理の“はっぺえ汁”。「8杯食べても美味しいから」が名前の由来。里芋・こんにゃく・凍み豆腐などがたっぷり入っています。
ページトップへ戻る