新規登録

シニアコム

新規登録

プレゼント

  • ©2021 zampanotheater 『土手と夫婦と幽霊』イントロ 輝きを失った世界にはルールがあった。 小説家の「私」は、葬式の帰りに「高橋」に誘われて、土手沿いに住む「女」の元に行く。「私」は目覚めると、帰る場所もわからず、「女」の家に居座ることになる。思い出せない記憶、不味い食事、ぬるい風呂……輝きを失ったこの世界にはルールがあった。 子どもの目線で日常を追ったモキュメンタリー『サヨナラ、いっさい』や『ボクのワンダー』、「保活」という社会問題を通して核家族を見つめた『ElephantSong -A Tokyo Couple Story-』、令和元年の記憶である『川を見に来た』や、都会に暮らす人々の「別れ」を正面から見つめた『そんな別れ。』や『別れるということ』で、監督・渡邉高章は、インディーズ映画ならでは自由な視点で、普遍的なテーマを描き続けてきた。本作では、男女の一つの最終形として、「夫婦」の姿にスポットを当てている。夫婦とは? その単純な問いかけは、映画をラブストーリーにも、ホラーにも、サスペンスにもしている。 主演はインディーズ映画に愛されてきた星能豊とカイマミ。そして、これまでも渡邉高章監督作品において重要な役割を果たしてきた舟見和利、小林美萌、狗丸トモヒロ、佐藤勇真、由利尚子、そして、松井美帆が脇を固める。音楽は、映像や舞台のみならず「ドラゴンボール改」などTVアニメにも楽曲提供をしている音楽家の押谷沙樹。 国内では、第10回日本芸術センター主催映像グランプリでグランプリ、湖畔の映画祭2019で主演俳優賞(星能豊)を受賞。その後、アメリカ、ロシア、イギリス、ルーマニア、フィリピンなど海外映画祭を巡業するように上映され、受賞を重ねて、8月6日よりアップリンク吉祥寺ほかにてロードショーが決定した。 あらすじ 小説家の「私」は、葬式の帰りに「高橋」に誘われて、土手沿いに住む「女」の元に行く。「私」は目覚めると、帰る場所もわからず、「女」の家に居座ることになる。思い出せない記憶、不味い食事、ぬるい風呂……輝きを失ったこの世界にはルールがあった。

    【応募締切】2021.08.07
    【当選発表】2021.08.16

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • 国宝《禅機図断簡 智常禅師図》因陀羅、楚石梵琦/題 元時代(14世紀) (公財)静嘉堂蔵 【展示期間:8月11日~9月12日】 国宝《曜変天目(稲葉天目)》 建窯 南宋時代(12-13世紀) (公財)静嘉堂蔵 国宝、集結。 三菱を創業し、4代にわたり社長をつとめた岩崎彌太郎、彌之助、久彌、小彌太は文化財に多大な関心を抱き、その収集品は現在、それぞれ静嘉堂と東洋文庫に収蔵されています。 彼らは当時の学者や芸術家とも交流し、その収集の態度は社会に貢献する広い視野をもったものでした。 本展では、初代岩崎彌太郎から小彌太に至る、芸術文化の研究・発展を通じた社会貢献の歴史をたどりつつ、静嘉堂、東洋文庫の所蔵する国宝12点、重要文化財31点を含む美術工芸品、古典籍などに三菱経済研究所の所蔵作品をあわせて貴重な作品群100点余りを展観します。 また、本展は静嘉堂と東洋文庫の所蔵品が一堂に会する貴重な機会となります。 3つのみどころ 1.《曜変天目》、『毛詩』をはじめとする国宝12点を出品! 2.起業家スピリッツ溢れる岩崎家の、社会貢献の意識に裏打ちされた類まれなコレクション 3.三菱一号館を構想した岩崎彌之助が創設し、嗣子小彌太が拡充した静嘉堂、岩崎久彌によるアジア最大の東洋学研究図書館・東洋文庫。 歴史を刻んだ両館の名品が集結!

    【応募締切】2021.08.07
    【当選発表】2021.08.16

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • Photo Bettmann Getty Images 幼少時のアインシュタイン (C)Hebrew University of Jerusalem ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」 2021年10月10日(日)まで、大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階)にてノーベル賞受賞100年記念 「アインシュタイン展」を開催中。 20世紀最高の物理学者と称される、アルバート・アインシュタイン(1879~1955年)は、20世紀前半に相対性理論やブラウン運動の理論などを提唱、光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞しました。  その受賞100年記念として企画された本展は、アインシュタインの科学理論や日本とのつながりについて、国内外の貴重な資料や、体験装置、ゲーム、科学玩具を通して、子どもから大人まで楽しみながら学べる内容です。 また、没後に多くの個人資料の寄贈を受けたヘブライ大学(イスラエル)の特別協力を得て、アインシュタインゆかりの品も展示し、幼少時の挫折体験や晩年の平和活動など、深みのある人間性にも焦点をあてます。 アルバート・アインシュタイン 1879年3月14日~1955年4月18日(享年76) ドイツ・ウルム生まれ。20世紀最高の物理学者と称される。20世紀前半に相対性理論やブラウン運動の理論などを提唱、光電効果の理論的解明を行った。趣味は音楽・読書・ハイキング・ヨット・発明で、バイオリンを得意としていた。 みどころ [アインシュタインが変えた世界] アインシュタインが解明した4つの代表的な科学理論「ブラウン運動の 理論」「光電効果」「特殊相対性理論」「一般相対性理論」について、 楽しみながら学べる体験装置やゲームが多数登場。光の性質や重力、 時間と空間の不思議などを、漫画や絵本パネルも使って分かりやすく 紹介します。 例えば「特殊相対性理論」のコーナーでは、1年後に爆発する爆弾を 載せた自転車をこいで、光の速さでも2年かかる惑星まで爆弾の解除 に向かうゲームを行います。 はたして間に合うのか? 時間と空間が伸 び縮みする、光速の不思議な世界を体験してみましょう。 「一般相対性理論」のコーナーでは、自分の動きに合わせて空間に歪 みが生まれ、その歪みによって光の動きにも影響がもたらされることを、 デジタル宇宙空間の散歩で体験できます。

    【応募締切】2021.08.02
    【当選発表】2021.08.04

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • 雪印ビーンスターク「Wのひらめき」 記憶の維持をサポート&判断の正確さを向上「Wのひらめき」 半世紀以上にわたる母乳研究の成果を活かし、乳児の脳の発達に着⽬し、全世代の人々に役立つことを永年の研究から学び開発しました。記憶力の低下が気になる中高齢の方に。記憶の維持をサポートするPS(大豆由来ホスファチジルセリン)と、判断の正確さを向上するイチョウ葉由来フラボノイド配糖体、イチョウ葉由来テルペンラクトンを配合した飲み込みやすい小粒のソフトカプセルです。 特徴 ・記憶力の低下が気になる中高齢の方におすすめの機能性表示食品です。 ・記憶力の低下にWにアプローチする機能性表示食品

    【応募締切】2021.08.02
    【当選発表】2021.08.04

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • 明珍宗裕、明珍宗敬 《派生 ―太刀 明珍火箸―》2017 年 インスタレーション(部分) 《三鈷剣》刀身:刀鍛冶 大野義光、蓮台:仏師 滝本光国 三鈷柄:鎌倉時代(刀身:現代、蓮台:現代) /公益財団法人小田原文化財団 /Photo: Sugimoto Studio 開催趣旨 本展は、日本の美意識を象徴する刀剣の刃文の美を手掛かりに、日本の風土が培ってきた深淵にして豊穣な心象風景に触れ、その世界観の独自性、また普遍性を多彩な視点で探求しようとするものです。第1章「刀剣の光陰」では、国内の名刀29口とともに当館所蔵・寄託の姫路ゆかりの刀剣20口を紹介し、多様で奥深い刃文の美をひもときます。第2章「風韻、そして海景」では、現代の刀匠と鍛冶師・明珍兄弟による、音(玉鋼火箸)と光彩(刀剣)のインスタレーションをプロローグとし、時間や人間存在についての思考を写真で表現する杉本博司の写真作品、「海景」シリーズを展観します。第3章「たまはがねの響」では、美術館の前庭を活用し、明珍火箸(兵庫県指定伝統工芸品)の音色を素材に制作した音楽作品を、菅野由弘(作曲家)の制作・監修の下、光と音のインスタレーションとして展開します。 展覧会のみどころ&ポイント 1,美術館として過去最大級の展示のダイナミズムと初の試み 2,「たまはがね(玉鋼)」に着目。物質を超えて、光と音、モノとコトのはざまに生まれる価値の様相 3,ローカル×ナショナル×ワールド 文化遺産の融合と新たな価値の創出「3重の文化財活用」を実現 4,文化観光拠点計画認定記念特別展

    【応募締切】2021.08.02
    【当選発表】2021.08.04

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • ©2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会 イントロダクション 「殺し屋の映画」=暗い?殺された妻の復讐? 「明るい殺し屋映画」があってもいいじゃないか! 社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る 異色の青春映画が誕生! 2016年、20歳で発表した『ベー。』で「残酷学生映画祭2016」のグランプリを受賞した際に、白石晃士監督(『不能犯』)に「才能に嫉妬する」と言わしめ、『ハングマンズ・ノット』では「カナザワ映画祭2017」で期待の新人監督賞と出演俳優賞のダブル受賞、続く『ぱん。』では「MOOSICLAB」で短編部門グランプリ、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」で短編コンペティション部門グランプリを受賞、さらに海外映画祭初参加で挑んだ「プチョン国際ファンタスティック映画祭」では審査員特別賞受賞を果たすなど、大学在学中に圧倒的な暴力描写で自主映画界を席巻した阪元裕吾監督の最新作が完成! 女性とて侮れない、本格的なアクションシーンと、今の時代ならではの、若い世代の考え方や価値観が散りばめられた物語の、新しい映画が誕生した! 主演は、舞台「鬼滅の刃」の竈門禰豆子役で最注目の髙石あかりと、女性スタントアクションの異端児・伊澤彩織。殺し屋としてのアクションシーンが見所なのはもちろんのこと、社会不適合者としての私生活部分では、オフビートのコメディセンスも発揮している。アクション監督は、『THE NEXT GENERATION パトレイバー』シリーズやジャパンアクションアワード2014でベストアクション作品賞他三部門を受賞した『BUSHIDO MAN』の園村健介。 あらすじ 女子高生殺し屋2人組のちさととまひろは、高校卒業を前に途方に暮れていた・・・。 明日から“オモテの顔”としての“社会人”をしなければならない。組織に委託された人殺し以外、何もしてこなかった彼女たち。 突然社会に適合しなければならなくなり、公共料金の支払い、年金、税金、バイトなど社会の公的業務や人間関係や理不尽に日々を揉まれていく。 さらに2人は組織からルームシェアを命じられ、コミュ障のまひろは、バイトもそつなくこなすちさとに嫉妬し、2人の仲も徐々に険悪に。 そんな中でも殺し屋の仕事は忙しく、さらにはヤクザから恨みを買って面倒なことに巻き込まれちゃってさあ大変。 そんな日々を送る2人が、「ああ大人になるって、こういうことなのかなあ」とか思ったり、思わなかったりする、成長したり、成長しなかったりする物語である。

    【応募締切】2021.07.31
    【当選発表】2021.08.02

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • こびとのベランダ © MOZU STUDIOS こびとの秘密基地 © MOZU STUDIOS ミニチュア・トリックラクガキで話題のクリエイターMozu(モズ) 【待望の大規模展覧会が大阪で初開催!】 日常の風景をリアルに再現したミニチュアがSNSで注目を浴び、メディアなどの多方面から取り上げられているアーティストMozu (モズ) こと、水越清貴。 まるで部屋の片隅にこびとが住んでいるかのような、リアリティがあるミニチュア「こびとシリーズ」などで知られ、Twitter約20万人、Instagram約22万人など多くのSNSフォロワー数を持つ話題のクリエイターです。(2021年4月末現在) その作品は、超精巧なミニチュアに留まらず、コマ撮りアニメ、トリックラクガキなど、多岐にわたります。 本展では、人を驚かせることが大好きなMozuのこれまでの作品群はもちろんのこと、新作・絵コンテ・設計図などMozuの世界を網羅し、そのすべてが詰まった内容となっており、一部作品を除き、写真撮影が可能な体感型の初の展覧会となっております。

    【応募締切】2021.07.31
    【当選発表】2021.08.02

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • ジャン=バティスト・カミーユ・コロー 《突風》 1865-70年 Inv. 899.16.23 ランス美術館 © MBA Reims 2019/Photo : C.Devleeschauwer   コンスタン・トロワイヨン 《ノルマンディー、牛と羊の群れの帰り道》 1856年 Inv. 907.19.234 ランス美術館 © MBA Reims 2019/Photo : C.Devleeschauwer ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ フランス、シャンパーニュ地方のランス市は、歴代国王の戴冠式が行われた歴史とともに、その名の通りシャンパーニュ(シャンパン)の産地として知られています。その街の中心に建つランス美術館は、19世紀の風景画コレクションが充実し、とりわけカミーユ・コローの作品は、ルーヴル美術館に次いで数多く所蔵されています。本展では、ランス美術館のコレクションから選りすぐりの名品を通じて、コローやバルビゾン派に始まり、印象派でひとつの頂点に達するフランス近代風景画の展開をたどります。 西洋美術において風景画は、神話画や歴史画の背景に過ぎなかった自然が、絵の中心として描かれることで誕生しました。やがて近代化を迎えた19世紀フランスにおいて、鉄道網の発達、チューブ式絵具の発明、また新興ブルジョワジーの台頭などを背景に、風景画は新たな展開を遂げます。戸外制作を積極的に行った画家たちの眼差しを通して捉えられた自然の姿は、生き生きと、実に様々に表現されました。そうした新たな流れの先駆者であるミシャロンやベルタンにはじまり、コロー、バルビゾン派、ブーダン、そしてルノワール、モネ、ピサロら印象派の作品を中心に、油彩、版画など約80点で構成する展覧会です。

    【応募締切】2021.07.31
    【当選発表】2021.08.02

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • 羅聘《浄名居士像軸》(部分)清・18 世紀 三重・澄懐堂美術館蔵 趙之謙《富貴図軸》清・同治11 年(1872) 東京国立博物館蔵 (Image: TNM Image Archives) 【後期展示】 中国の清時代18世紀・揚州で活躍した書画家の作品が大阪に集結 特別展「揚州八怪」於/大阪市立美術館 「揚州八怪」は、中国の清時代18世紀に揚州という都市を舞台に活躍した、個性豊かな書画家8人をまとめた呼び名です。 塩商の活躍によって経済的に活況を呈した揚州には、たくさんの芸術家が集い、競うようにその才能を開花させました。 書画の分野では、古典に学びながらも新鮮な感覚を示す者たちが多くあらわれました。 後世の批評家はそのうちの代表的な8人を選び、伝統にとらわれない異才を称えて“八怪”と呼びました。 「揚州八怪」とされる書画家は、批評家によって選んだ8人が異なるため、金農(きんのう)、鄭燮(ていしょう)を筆頭に、黄慎(こうしん)、李鱓(りぜん)、李方膺(りほうよう)、汪士慎(おうししん)、高翔(こうしょう)、羅聘(らへい)、高鳳翰(こうほうかん)、陳撰(ちんせん)、華嵒(かがん)、辺寿民(へんじゅみん)、楊法(ようほう)、閔貞(びんてい)、李葂(りべん)と実に15人の名が挙げられます。 本展では、彼らのうち12人の作品を集め、その斬新で個性豊かな魅力をご紹介いたします。 展示構成 [序 章]絢爛たる文化都市―揚州 [第一章]先駆者たちの芸術 [第二章]揚州の怪傑たち [第三章]揚州の文化人ネットワーク [終 章]揚州八怪の遺伝子

    【応募締切】2021.07.28
    【当選発表】2021.07.30

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • ラフレシア(模型) 京都府立植物園 蔵 ショクダイオオコンニャク 国立科学博物館筑波実験植物園 最も身近でミステリアスな仲間たち! 光合成という、太陽エネルギーから有機物を作り出す能力を手に入れたことで、地球上の生命にとって、なくてはならない存在となった植物。 私たち人間と同じ原始的な生命体から進化し、今や地球上の多種多様な環境に生育する最も成功している生物群と言えます。 ともすれば動物と違い、じっとしていて動きのないイメージがありますが、最先端の科学研究によって、私たちの想像を超えるアクティブな生態が明らかになってきました。 本展は、植物を総合的に紹介するこれまでにない大規模な展覧会です。標本や模型、映像、インスタレーション展示などを活用し、その驚きの実像や魅力に迫ります。 みどころ 1.これまでにない規模の植物展 2.楽しい!植物のワンダーランドでわくわく体験! 3.植物のしられざる謎に迫る!

    【応募締切】2021.07.28
    【当選発表】2021.07.30

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • ©2021 スタジオ地図 50億人がすれ違う 美しくも残酷な仮想世界。 ベルの歌声は世界を変える 自然豊かな高知の村に住む17歳の女子高校生・すずは、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。 母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。 曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、「As(アズ)」と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。 数億のAsが集うベルの大規模コンサートの日。突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。乱暴で傲慢な竜によりコンサートは無茶苦茶に。そんな竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく。 やがて世界中で巻き起こる、竜の正体探し(アンベイル)。 <U>の秩序を乱すものとして、正義を名乗るAsたちは竜を執拗に追いかけ始める。<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれ、竜を二つの世界から排除しようという動きが加速する中、ベルは竜を探し出しその心を救いたいと願うが――。 現実世界の片隅に生きるすずの声は、たった一人の「誰か」に届くのか。 二つの世界がひとつになる時、奇跡が生まれる。 もうひとつの現実。もうひとりの自分。もう、ひとりじゃない。

    【応募締切】2021.07.26
    【当選発表】2021.07.28

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • 国宝 薬師如来坐像 平安時代(9世紀) 通期 重要文化財 愛染明王坐像 鎌倉時代 建長8年(1256) 通期 特別展「奈良博三昧-至高の仏教美術コレクション-」 奈良国立博物館は、明治28年(1895)にわが国2番目の国立博物館として開館して以来、古都奈良の社寺に伝わった仏教美術の保管や展示公開につとめ、「奈良博(ならはく)」の愛称で広く親しまれてきました。 約2000件にのぼる館蔵品は先史から近代まで多岐にわたりますが、とりわけ仏像、仏画、写経、仏教工芸に優れた作品が多く、まさに「仏教美術の殿堂」と呼ぶにふさわしい内容となっています。 本展では、奈良博コレクションの中から選りすぐった合計245件(うち国宝13件、重文100件)の作品によって、日本仏教美術1400年の歴史をたどっていきます。 展示は全10章からなり、日本仏教黎明期の古代寺院の遺宝、密教や浄土教が生み出した仏像・仏画、神とほとけが織りなす神仏習合の造形など、各時代にわたる名品によって構成されています。 「三昧(ざんまい)」とは、一つの対象に心を集中することを意味する仏教由来の言葉。 熱心にほとけの姿をみることを特に「観仏三昧(かんぶつざんまい)」と呼びます。 ぜひ本展を通じて、奈良博の仏教美術コレクションの魅力を心ゆくまでご堪能ください。 見どころ 【1】奈良博が所蔵するエース級の国宝が勢ぞろい! 【2】仏教美術の教科書がココに!至高のコレクションを大公開 【3】疫病退散!国宝「辟邪絵」が勢ぞろい! 展示構成 [第1章]ブッダの造形 [第2章]飛鳥・白鳳・天平の古代寺院 [第3章]写経に込められた祈り [第4章]密教の聖教とみほとけ [第5章]仏教儀礼の荘厳 [第6章]地獄極楽と浄土教の美術 [第7章]神と仏が織りなす美 [第8章]高僧のすがた [第9章]南都ゆかりの仏教美術 [第10章]奈良博コレクション三昧

    【応募締切】2021.07.26
    【当選発表】2021.07.28

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • フィンセント・ファン・ゴッホ 《ジャポネズリー梅の開花》(再現)原本所蔵 ファン・ゴッホ美術館 原本年代 1887年 フィンセント・ファン・ゴッホ 焼失した芦屋の《ひまわり》制作風景 東京藝術大学スーパークローン文化財 謎解き「ゴッホと文化財」展 つくる文化∞つなぐ文化 文化財保護を進める上で抱えている課題―公開をすれば劣化が進み、保存を重視すると文化財の価値を共有・伝承できなくなる―。 そのような矛盾を解決しようと、東京藝術大学は高精度の文化財複製「クローン文化財」の技術を開発し、そごう美術館では昨年、クローン文化財の意義を考える「東京藝術大学スーパークローン文化財展 最先端技術がつくる未来」を開催いたしました。 2021年は第2弾として、ゴッホを中心に「文化財を知る・楽しむ」をテーマに、オルセー美術館の油彩画やボストン美術館の浮世絵、失われた文化財の再現作品、映像(アニメーション、制作過程)等、約30点を展示し、クローン文化財の活用を紹介いたします。 スーパークローン文化財とは? 現代のデジタル技術と東京藝術大学の伝統的な模写技術と感性を融合させて制作された複製。 高精細かつオリジナルと同素材・同質感を目指しています。 →もっと詳しく知りたい方は、昨年開催「東京藝術大学スーパークローン文化財展」公式サイトもぜひご覧ください。(9月30日にて公開終了) https://geidai-clone2020.sogomuseum.jp/

    【応募締切】2021.07.24
    【当選発表】2021.07.26

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • 《中王国時代の子どものミイラ》 レーマー・ペリツェウス博物館 ROEMER-UND PELIZAEUS-MUSEUM HILDESHEIM 《ペンジュの棺 》 レーマー・ペリツェウス博物館 ROEMER-UND PELIZAEUS-MUSEUM HIDESHEIM 国内最大級!ミイラを科学する展覧会 2021年7月10日(土)から9月26日(日)の期間、大阪南港ATC Gallery (大阪市住之江区南港北2丁目1-10、ITM棟2F)にて「特別展 ミイラ 「永遠の命」を求めて」を開催いたします。 本展は最新の調査と研究手法を駆使した研究成果を踏まえた展示が特徴で、自然にミイラとなったものから人工的につくられたミイラまで、南米、 エジプト、ヨーロッパなど世界各地のミイラ総数42体を展示いたします。 本展のみどころ ミイラは数が少ないことやその存在が特殊なこともあり、単なる好奇の対象というだけで、長らく学術的な関心が向けられることはありませんでした。 しかし、20世紀になり世界各地でミイラの学術調査が行なわれ、その背景にある多様な文化が明らかになりつつあります。 本展では、総数42体の世界各地のミイラとその背景にあるさまざまな文化や死生観、科学的に明らかになったミイラの実像、そしてミイラに関わる多くの人たちの活動を紹介しています。 構成 [第1章] 南北アメリカのミイラ [第2章] 古代エジプトのミイラ [第3章] ヨーロッパのミイラ [第4章] オセアニアと東アジアのミイラ

    【応募締切】2021.07.24
    【当選発表】2021.07.26

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • ©2021 スタジオ地図 50億人がすれ違う 美しくも残酷な仮想世界。 ベルの歌声は世界を変える 自然豊かな高知の村に住む17歳の女子高校生・すずは、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。 母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。 曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、「As(アズ)」と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。 数億のAsが集うベルの大規模コンサートの日。突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。乱暴で傲慢な竜によりコンサートは無茶苦茶に。そんな竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく。 やがて世界中で巻き起こる、竜の正体探し(アンベイル)。 <U>の秩序を乱すものとして、正義を名乗るAsたちは竜を執拗に追いかけ始める。<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれ、竜を二つの世界から排除しようという動きが加速する中、ベルは竜を探し出しその心を救いたいと願うが――。 現実世界の片隅に生きるすずの声は、たった一人の「誰か」に届くのか。 二つの世界がひとつになる時、奇跡が生まれる。 もうひとつの現実。もうひとりの自分。もう、ひとりじゃない。

    【応募締切】2021.07.21
    【当選発表】2021.07.26

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • 《鹿を襲う熊》1977年、個人蔵 《白熊の親子》(部分)、1999年、個人蔵 木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ 東京ステーションギャラリー(東京都千代田区丸の内1-9-1)では、「木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ」を2021年7月17日(土)より9月26日(日)まで開催いたします。 木彫り熊の職人だった父親の下で12歳の頃から熊彫りを始め、やがてその才能を開花させた藤戸竹喜の作品には、大胆さと繊細さ、力強さと優しさといった、相反するものが同居しています。 本展は、その初期作から最晩年にいたる代表作80余点によって、この不世出の木彫家、藤戸竹喜の全貌を、東京で初めて紹介する機会となります。

    【応募締切】2021.07.21
    【当選発表】2021.07.26

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
  • 「誕⽣65周年記念 ミッフィー展」展覧会ビジュアル 

    『ゆきのひの うさこちゃん』 原画 1963年 『うさこちゃん おばけになる』印刷原稿 2001年 Illustrations Dick Bruna © copyright Mercis bv,1953-2021 www.miffy.com 誕生65周年記念 ミッフィー展 2020年、ミッフィー(うさこちゃん)誕生から65年を迎えました。65周年展は”with”をテーマに、ミッフィーや家族、友だちの物語を、貴重な直筆原画やスケッチ、創作メモなど約250点で紹介します。松屋銀座で開幕してから一年後の2021年夏。PLAY!MUSEUMで開催する展覧会は、「ちいさなぬくもり・66のおはなし」と副題をつけ、巡回展に新たな楽しみを加えます。ミッフィーのこと、ブルーナさんの人柄や作品について、展示作品を中心に66の丁寧な解説を加えます。また、ブルーナ・カラーや線を使った大きなインスタレーション、耳をつけてみんながミッフィーになれる参加型展示、「ちいさなぬくもり」そのもののうさぎの写真作品も展示します。大人から子どもまで、誰でも楽しめるPLAY! MUSEUMならではの「ミッフィー展」をどうぞご期待ください。

    【応募締切】2021.07.19
    【当選発表】2021.07.21

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 埼玉県

      いさちゃんさん

    • 東京都

      y1satoさん

    • 東京都

      ジュンママさん

    • 神奈川県

      たーぼーさん

    • 神奈川県

      ナッコさん

  • ©Marty Sohl/Metropolitan Opera ※重要※緊急事態宣言に伴う上映期間についてのお願い 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自治体の要請などを受け、上映期間中に上映状況が変更となる可能性がございます。 ご鑑賞前には必ず東劇のホームページにて営業状況をご確認の上ご来場ください。また、ご来場の際にはマスク着用等、劇場の感染予防対策にご理解・ご協力をお願い致します。 ヴェルディ《アイーダ》 囚われ、奴隷となったエチオピア王女の禁じられた恋の行方はいかに!戦乱の古代エジプトを舞台に、世界の歌姫A・ネトレプコと驚異のドラマティック・メゾA・ラチヴェリシュヴィリが宿命の恋敵を演じる!サッカーの応援曲で知られる〈凱旋行進曲〉が鳴り響く壮麗な「凱旋の場」、幕切れの幻想的な二重舞台など見どころ満載のスペクタクルなこの名演出の最後の上演。〈清きアイーダ〉〈勝ちて帰れ〉など情熱的なアリアも必聴だ。「オペラのなかのオペラ」ここにあり。 あらすじ ファラオの時代の古代エジプト。エチオピアの王女アイーダは、エジプトとの戦いに敗れて囚われ、身分を隠したまま奴隷になっている。だが彼女は、エジプトの将軍ラダメスと恋に落ちていた。同じくラダメスを愛するエジプト王女アムネリスは2人の仲に気づき、激しく嫉妬する。アイーダの父でエチオピアの王アモナズロは、再び兵を挙げてエジプト軍と戦うが、敗れ、捕虜になった。アイーダの恋人が敵方の将軍だと知ったアモナズロは、アイーダを脅してラダメスからエジプト軍の進路を聞き出させ、ラダメスは裏切りの罪で捕らえられてしまう。

    【応募締切】2021.07.19
    【当選発表】2021.07.21

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 埼玉県

      のりさん

    • 千葉県

      ムネムネさん

    • 東京都

      大相撲さん

    • 東京都

      かねふねさん

    • 東京都

      おおとら19さん

  • 「あめ」1960年頃 ちひろ美術館蔵 赤い帽子の男の子 1971年 ちひろ美術館蔵 ―― とても素朴なんだけれどたいせつなもの、それが絵本の中にはあるんです。 (いわさきちひろ 1972 年) 「世界中のこどもみんなに 平和と しあわせを」と願い、生涯にわたって子どもを描き続けた画家・いわさきちひろ(1918~1974)。美しく清らかな色彩に満ち、巧みな描写力に裏付けられた彼女の作品は、没後約半世紀を経た現在でも色あせることはありません。 そのやさしさにあふれた作品イメージの一方で、戦争を経験し、「絵描き」として生きることを選んだ彼女の人生は決して平坦なものではなく、妻として、母として、そして絵描きとして、力強く55年の生涯を生き抜きました。 本展では、新聞や絵雑誌などの挿絵を描き、童画家として世に出たちひろが、次第に絵本画家として才能を開花させ、絵と文が一体となった創作絵本『あめのひのおるすばん』(1968年、至光社)等によって絵本の世界に新境地をもたらすに至る、その生涯と作品を、豊富な資料を交えてご紹介します。 【いわさきちひろ略歴】 いわさきちひろ(本名:岩崎知弘)は、1918(大正7)年12月15日、岩崎正勝・文江の長女として、女学校の教師をしていた母・文江の赴任先(福井県越前市)で生まれた。翌年春、父・正勝の住む東京に戻る。幼い頃から絵を好み、「絵がじょうず」な「ちいちゃん」として知られた。1931(昭和6)年、東京府立第六高等女学校に入学。この頃、洋画家の岡田三郎助に師事。1945年、空襲で自宅を焼失、信州に疎開。1946年、芸術学校入学のため単身上京して『人民新聞』記者の職を得る。カットや記事を担当したちひろは、スケッチブックを持ち歩いて街頭でスケッチを繰り返し、デッサン会に通うなどする。1948年、絵筆一本で生きることを決意、新聞記者の職を辞する。1950年、結婚。翌年、長男誕生。1956年、絵雑誌の仕事が評価され、小学館児童出版文化賞受賞、売れっ子「童画家」になる。1957年、初めて絵本一冊まるごと手がける(『ひとりでできるよ』文・小林純一、福音館書店、1957年)。その後も戦後の児童書出版ブームに乗って仕事の依頼が相次ぐ中、絵本画家として評価が高まる。1968年、これまでにない絵本づくりを目指し、絵と文が一体となった創作絵本『あめのひのおるすばん』(至光社)を刊行。若い人向けの絵本や戦争をテーマにした絵本など、意欲的に制作に取り組んだが体調を崩し、1年以上の歳月を費やして『戦火のなかの子どもたち』(岩崎書店、1973年)を刊行。1974年、病により55歳で死去。

    【応募締切】2021.07.17
    【当選発表】2021.07.19

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 茨城県

      フィリーネの父さん

    • 茨城県

      あんげんさん

    • 茨城県

      ころちゃんさん

    • 千葉県

      なべさん

    • 東京都

      nonocoさん

    • 東京都

      あやこんさん

    • 東京都

      Worpnecoさん

    • 神奈川県

      マリーゴールドさん

    • 神奈川県

      idlerさん

    • 兵庫県

      おでんケーキさん

  • 《山》 1954(昭和29)年 愛媛県美術館蔵 《松》 1954(昭和29)年 愛媛県美術館蔵 「生誕120年 高橋周桑-モダンとロマン-」(田辺市立美術館) 速水御舟を敬慕して師事し、日本美術院で頭角を現した後、戦後の新しい日本画表現を追求して「創造美術」の結成とその活動に参画した画家、高橋周桑(たかはし・しゅうそう/1900-1964)の芸術を回顧する特別展を開催します。 高橋周桑(本名・千恵松)は、愛媛県に生まれ、18歳の時に速水御舟の作品評と作品図版に接して感激し、絵を描き始めます。その後、御舟に手紙を送り、1921(大正10)年に上京して師事、間もなく生活をともにして修業を重ねました。1928(昭和3)年の再興第15回院展に初入選し、2年後の再興第17回院展で日本美術院賞を受けて院友となります。1935(昭和10)年に御舟が没してからは他に師事せず、遺品の整理に尽力しました。 1947(昭和22)年の再興第32回院展で無鑑査となりますが、翌年に山本丘人、上村松篁、吉岡堅二、福田豊四郎、秋野不矩らと「創造美術」を旗揚げして日本美術院を離脱、新しい時代の日本画創造を目指して自身の表現を展開しました。1951(昭和26)年に「創造美術」が「新制作派協会」と合流して「新制作協会日本画部」となって以降も会員として出品を続け、舞台衣装や舞台美術も手掛けるなど、創作の幅を広げていましたが、病に倒れ、63歳で生涯を閉じました。 本展覧会は、2020(令和2)年に生誕120年を迎えた高橋周桑の制作の歩みを振り返って確認するものです。ともに「創造美術」を創立した画家たちを継続して紹介してきた、浜松市秋野不矩美術館と田辺市立美術館が共同して企画し、今まで殆ど表舞台に出ることのなかったこの作家を本格的にご紹介する貴重な機会となります。

    【応募締切】2021.07.17
    【当選発表】2021.07.19

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 大阪府

      わかぽーさん

    • 大阪府

      伸汰郎さん

    • 岡山県

      よしひささん

  • 豊臣秀吉定書 天正18年(1590)8月10日付 石川兵蔵宛 大阪歴史博物館蔵

    九代目市川団十郎の武智光秀・三代目中村福助の女房操 明治23年(1890) 大阪歴史博物館蔵 大礼記念事業竣工記念乗車券 昭和6年(1931) 大阪歴史博物館蔵 特集展示「豊臣秀吉ゆかりの品々」 大阪歴史博物館では、令和3年(2021)7月14日(水)~8月30日(月)まで、8階特集展示室において、特集展示「豊臣秀吉ゆかりの品々」を開催します。 豊臣秀吉(1537-1598)は「戦国一の出世頭」として知られる戦国武将ですが、大坂城を築き、後の「都市おおさか」発展の基礎を作った、大阪の歴史を考えるうえでも欠かせない人物です。また、秀吉に仕えた家臣や、彼が愛した女性といった歴史上の人物たちもみな個性的で根強い人気があり、彼らの活躍は物語などの形で、現在に至るまで親しまれています。 今回は、秀吉や彼の生涯を彩った人々にまつわる館蔵・寄託資料の一部を「豊臣秀吉ゆかりの品々」としてご紹介します。秀吉たちが遺した古文書や、彼らの物語をモチーフに作られた芸能・芸術関連資料、また近代の大阪豊国神社造立・大阪城再建関連資料などから、秀吉たちの生き様と、後の世に与えた影響を考えます。

    【応募締切】2021.07.14
    【当選発表】2021.07.16

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 大阪府

      あっちゃんさん

    • 大阪府

      2222さん

    • 兵庫県

      お釈迦さんさん

  • 葛飾北斎 『北斎漫画』十編 浦上満氏蔵 「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」デジタルデータの拡大イメージ:山口県立萩美術館・浦上記念館(浦上コレクション) ©凸版印刷株式会社 “前代未聞”の北斎展 北斎をリスペクトする豪華メンバーが集結 。未だかつてない北斎づくしの空間が六本木に出現。 20歳で浮世絵師としてデビューしてから90歳で没するまでの70年間、常に挑戦を続けて森羅万象を描き抜こうとした画狂の絵師・葛飾北斎(1760~1849)。その生誕260年を記念し、代表作である『北斎漫画』、「冨嶽三十六景」、『富嶽百景』の全頁(ページ)・全点・全図が一堂に会する前代未聞の特別展を2021年7月より東京ミッドタウン・ホールで開催します。本展は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため昨年より開催を延期していたもので、特別展「北斎づくし」と名称も新たに、膨大な北斎作品たちによって埋め尽くされた北斎ワールドが東京・六本木に出現します。 今回の展示では、北斎をリスペクトする豪華メンバーが集結。世界一の北斎漫画コレクターである浦上満氏の全面協力により、『北斎漫画(初編~15編)』全883頁、「冨嶽三十六景」全46点、『富嶽百景(初編~3編)』全102図を通期で展示するという前代未聞の試みに挑戦。さらに、2014年にグランパレ(仏・パリ)の「北斎展」会場デザインを手掛け、国際的な注目を集める建築家の田根剛氏、『北斎漫画』(青幻舎、2011年)の装丁も手掛けた鬼才アートディレクター・ブックデザイナーの祖父江慎氏らが展示空間を構築。その空間に『BRUTUS』の日本美術特集など、日本美術を主な領域とするライター・エディターの橋本麻里氏による編集、高精度な文化財デジタルアーカイブを得意とする凸版印刷の表現技術が加わり、世界で最も有名な日本の絵師・北斎が持つ過剰なほど多彩な側面のすべてと出会える、「北斎づくし」の空間にご期待ください。

    【応募締切】2021.07.14
    【当選発表】2021.07.16

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 東京都

      あいすけさん

    • 東京都

      ジニーさん

    • 東京都

      masami1967さん

    • 東京都

      鉄道大好きさん

    • 神奈川県

      Donmuanさん

  • 重要文化財 紫宸殿蒔絵硯箱(ししんでんまきえすずりばこ) 江戸時代 17世紀 個人蔵 枝垂桜蒔絵徳利(しだれざくらまきえとっくり) 桃山時代 16世紀 MIHO MUSEUM蔵 幸阿弥派・五十嵐派の大名調度や、数寄茶人が愛玩する嵯峨棗の名品を一堂に― 事前予約制にて7 月17 日より開催 ― MIHO MUSEUMは、2021 年(令和3 年)7 月17 日(土)~8 月22 日(日)までの期間、夏季特別展「蒔絵の時代―高台寺蒔絵と名工の誕生―」を、事前予約制にて開催いたします。 本展は、高台寺蒔絵にはじまり、蒔絵が大きく展開・深化した近世初頭から江戸時代前半の蒔絵作品を中心として、新興の蒔絵屋と伝統的な蒔絵師という二つの流れを紹介し、続く名工誕生の時代までを展観します。 見どころ ・重要文化財「秋野蒔絵硯箱」(個人蔵・最後の1 週間のみ展示)や石川県指定文化財「秋月野景蒔絵硯箱」を含む伝統的蒔絵師・五十嵐派の名品24 件を一堂に公開。 ・茶人に人気のある「嵯峨棗」の名品を12 点展示。 ・高台寺蒔絵では珍しい、在銘(所有者名)の「沢瀉水葵蒔絵食籠」(個人蔵)を初公開。 ・伝統的蒔絵師・幸阿弥⾧重作の重要文化財「綾杉地獅子牡丹婚礼調度」(林原美術館 蔵)の内3 件を展示。重要文化財「紫宸殿蒔絵硯箱」(個人蔵)を展示。 ・近世初頭にのみ現れた「蒔絵屋」にスポットを当てた初めての展覧会。

    【応募締切】2021.07.12
    【当選発表】2021.07.14

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 滋賀県

      tackyさん

    • 京都府

      比叡おろしさん

    • 京都府

      たいちょうさん

    • 大阪府

      みえこさん

    • 奈良県

      いっちゃん32さん

  • ©松竹株式会社 毎月 、 映画館 に 歌舞伎 がやってくる!《月イチ歌舞伎》2021 毎月1週間ずつ(新作は3 週間)シネマ歌舞伎を上映する《月イチ歌舞伎》!新作の公開に加え、歌舞伎の定番演目から初心者の方にもお気軽にお楽しみいただける作品、華やかな舞踊など、2021年5月から2022年2月まで多彩なラインナップ全10作品をお届け致します。 お近くの映画館でお気軽に、お小遣い価格で歌舞伎の世界をお楽しみください 。 ※重要※緊急事態宣言に伴う上映期間についてのお願い 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自治体の要請などを受け、上映期間中に東劇が休館となる可能性がございます。 ご鑑賞前には必ず東劇のホームページにて営業状況をご確認の上ご来場ください。また、ご来場の際にはマスク着用等、劇場の感染予防対策にご理解・ご協力をお願い致します。 『籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)』作品紹介 この作品は吉原で実際に起きた事件をもとに書かれ、1888年に初演されました。 歌舞伎ならではの豪華絢爛な花魁道中での見染めに始まり、「縁切りの場」での八ツ橋の悲哀と、次郎左衛門の「そりゃあんまり袖なかろうぜ」に始まる名台詞など見どころ多い名作です。十七代目中村勘三郎二十三回忌追善、歌舞伎座さよなら公演ならではの豪華顔合わせでお楽しみください。 あらすじ 上州佐野の絹商人、佐野次郎左衛門と下男の治六は、江戸で商いをした帰りに、話の種にと桜も美しい吉原へやってきます。初めて見る華やかな吉原の風情に驚き、念願の花魁道中も見ていよいよ帰ろうとするところへ、吉原一の花魁、八ツ橋の道中と遭遇します。この世のものとは思えないほど美しい八ツ橋に次郎左衛門は魂を奪われてしまいます。 それから半年、あばた顔の田舎者ながら人柄も気前も良い次郎左衛門は、江戸に来る度に八ツ橋のもとへ通い、遂には身請け話も出始めます。 しかし八ツ橋には繁山栄之丞という情夫がおり、身請け話に怒った栄之丞は次郎左衛門との縁切りを迫ります。それを知らない次郎左衛門は八ツ橋を身請けしようと同業の商人を連れて吉原へやってきますが、浮かぬ顔をした八ツ橋に突然愛想づかしをされ、恥をかきうちひしがれて帰っていきます。 それから四ヶ月が過ぎ、次郎左衛門は再び吉原に現れ、わだかまりなく振舞いますが...。

    【応募締切】2021.07.12
    【当選発表】2021.07.14

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 東京都

      うめじんたんさん

    • 東京都

      みちゃ姫さん

    • 東京都

      ふーみんさん

    • 神奈川県

      はるさん

    • 神奈川県

      セシルさん

  • ティラノサウルス全身復元骨格(愛称:スタン) トリケラトプスのロボットⓒココロ このチャンスを見逃すな!圧倒的な迫力! ティラノサウルス展~T.rex 驚異の肉食恐竜~ この夏、大阪南港ATCホールにて「ティラノサウルス展 ~T. rex 驚異の肉食恐竜~」を開催します。 ティラノサウルスの全身復元骨格が5体集結、なかでも獲物のエドモントサウルスに襲いかかる様子を再現したティラノサウルス(愛称:アイヴァン)は日本初公開の標本です。 福井県立恐竜博物館の監修により、進化の流れとともに、年齢や性別、生態、様々な能力まで、あらゆる角度から最新研究をもとに、ティラノサウルスを解説します。 また大迫力のティラノサウルスとトリケラトプスのロボット展示や、クリエイティブカンパニー「NAKED, INC.」による「恐竜」を テーマとした初の大型コンテンツなど、楽しみながら学べる内容がもりだくさんの展覧会です。 主な見どころ このチャンスを見逃すな!圧倒的な迫力! ティラノサウルス全身復元骨格が5体も大集結。 最強とされる理由にせまる!食物連鎖の頂点に君臨した能力のすべて 日本初公開 エドモントサウルスに襲い掛かるティラノサウルス(愛称:アイヴァン) 遊べる映像体験!白亜紀の恐竜時代を体感!! 怖さも魅力。ティラノVSトリケラ ロボット展示 恐竜のことが体系的に学べる!

    【応募締切】2021.07.10
    【当選発表】2021.07.12

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 大阪府

      まぁくんちゃんさん

    • 大阪府

      ともさん

    • 大阪府

      あきなさん

  • © YUDAI UENISHI 『ねばぎば 新世界』Introduction 現在公開中の、国内外で話題を呼んだ児童虐待を題材にした「ひとくず」の上西雄大監督の次回作「ねばぎば新世界」が7/10(土)~K’scinema他にて公開されることが決定した。本作は大阪新世界を舞台に、かつての大映映画、勝新太郎・田宮二郎の「悪名」シリーズを彷彿とさせる痛快アクションドラマ。新世界・西成に棲む人間味溢れる個性と、今も残る浪速の人情を織り交ぜ、社会の明と暗、善と悪、表と裏の世界観の中、展開する。主演は「どついたるねん」の赤井英和と、上西雄大のW主演。その他、小沢仁志、西岡德馬、有森也実、菅田俊、田中要次、堀田眞三、徳竹未夏、古川藍、神戸浩、坂田聡など豪華キャストが集結。 本作は、2020年ニース国際映画祭で外国語部門最優秀作品賞(グランプリ)と最優秀脚本賞(上西雄大)、2021年WICA(ワールド・インディペンデント・シネマ・アワード)で外国映画部門 最優主演男優賞(赤井英和・上西雄大)を受賞した。関西地方では、7/16(金)~なんばパークスシネマ(大阪)、MOVIX堺(大阪)、京都みなみ会館(京都)を皮切りに、第七藝術劇場(大阪)など順次全国で上映される。 あらすじ 舞台は大阪新世界。かつてヤクザの組を潰して廻っていた村上勝太郎(通称・勝吉=赤井英和)は、自身のボクシングジムを営んでいたが、練習生がジムで覚醒剤取り引きをし逮捕されたことでジムを畳む。その後、元犯罪者の更生プロジェクトを運営している幼馴染み・沢村源蔵の経営する串カツ屋で働き出す。 ある日、勝吉は刑務所の慰問に誘われて訪れた刑務所で、かつて、共にヤクザを潰して廻った弟分・神木雄司(通称・コオロギ=上西雄大)と再会する。コオロギは悪い女に引っかかり、覚醒剤所持で服役していたが、間もなく沢村の協力で出所し、勝吉と共に串カツ屋で働き出す。 勝吉はある日、少年・徳永武が逃げ出した宗教団体に捕まるところに居合わせ、武を助けるが、武は洗脳されており、また、母親が入信し、父親と別れさせられたショックから、口がきけなくなっていた。失読症で文字が読めないコオロギは、筆談で会話をしようとする武が書く文字が読めず、悔しい思いをする。また、その宗教団体には、かつて勝吉にボクシングと”Never give up(ねばぎば)”という言葉を教えた恩師・須賀田元(西岡德馬)の娘・琴音(有森也実)も入信していた。武と恩師の娘を助ける為、見返りを求めない人情の男・勝吉とコオロギは再びコンビで立ち上がる。

    【応募締切】2021.07.10
    【当選発表】2021.07.12

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 埼玉県

      麟太郎さん

  • ※会場イメージ ※会場イメージ デジタルアート展『巨大映像で迫る五大絵師』 −北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界− 江戸時代の絵師たちの情熱と想像力が込められた浮世絵や金屏風、金襖絵。その歴史的作品が超高精細デジタルアートとして蘇ります。本展では、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」と歌川広重の「東海道五拾三次」、俵屋宗達と尾形光琳が描いた2つの「風神雷神図屏風」の競演、伊藤若冲の代表作「仙人掌群鶏図」など、日本美術の最高傑作を公開。デジタル技術と映像演出、そして巨大スクリーンによる大スペクタクルを展開します。3面ワイド45mスクリーンに高輝度4Kプロジェクターを駆使したダイナミックな巨大映像空間で、浮世絵は原作和紙の繊維一本一本まで、金屏風や金襖絵は素材や表現の緻密な違いまでを再現します。また、作品のディテールを拡大表示し、わかりやすい解説とともに作品の魅力に迫ります。会期中、上映作品が毎⽇⼊れ替わるダブルプログラムで上映します。 アンバサダーに人気歌舞伎俳優の尾上松也さんが就任! 【体験コメント】 絵の中に入り込んだような体験だ。 絵の中の全ての色、毛の一本一本、鎧の線の一つひとつに、絵師の魂や思いを感じる。 どうやって描いているのか、想像もつかない。 実物大ではわからない凄さと迫力だ。

    【応募締切】2021.07.07
    【当選発表】2021.07.09

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 埼玉県

      hnakaoさん

    • 東京都

      Moriyukiさん

    • 東京都

      ミモザさん

    • 東京都

      都電地下鉄徒歩5分さん

    • 兵庫県

      お釈迦さんさん

  • 《カメラをもつセルフポートレート(ソラリゼーション)》1932-35年頃 ゼラチン・シルバー・プリント(ヴィンテージ) 個人蔵 / Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374 《アングルのヴァイオリン》 1924年 ゼラチン・シルバー・プリント(後刷) 個人蔵 / Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374 さまざまな愛と別れ、知的な発見・冒険・遊びを体験しながら、女性たちとくりひろげたマン・レイの作品世界 20世紀を代表する万能の芸術家マン・レイの人生には多くの女性が登場します。彼は親しい女性たちをモデルにし、写真では、ときに優しく甘美で、ときに強く自立的で、ときには神々しいまでに美しい女性像を生み出しました。本展ではさまざまな愛と別れ、知的な発見や考察、冒険や遊びを体験していく時間軸を経(たて)糸にし、その時々のミューズとなった女性たちを緯(よこ)糸にして、親密で詩的で機知に富んだ創作の世界をくりひろげたこの芸術家を、総点数250を上回る選りすぐりの作品で振り返ります。 見どころ POINT 1 前衛美術のミューズとなった女性たち: 女性を美しく、同時に客観的な目で捉えた写真家マン・レイ POINT 2 シュルレアリスムとファッション 1920-30年代パリのアートとモード: マン・レイの新しい「目」と「センス」 POINT 3 遊びとユーモアとエスプリ: 「万能の人」マン・レイはその自由な「手」で、それらを作品化しつづけた Man Ray マン・レイ 1890 - 1976 フィラデルフィア生まれ。ブルックリンで仕立屋を営む両親のもと、手先の器用な少年は画家になることを志す。ニューヨークでは既存の価値の破壊をめざすダダイストを名のり、芸術活動を開始。1921年にパリ・モンパルナスへ。シュルレアリストたち、社交界の人々と交友し、前衛作家としての活動のかたわら時流に先んじた肖像・ファッション写真家として活躍する。レイヨグラフ、ソラリゼーションなどの写真技法を初めて本格的にとりいれた。第二次大戦中はアメリカへ戻ったが、ふたたびパリへ。画家・オブジェ作家としての名声もやがて確立した。

    【応募締切】2021.07.07
    【当選発表】2021.07.09

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 東京都

      ファイルさん

    • 東京都

      李王さん

    • 東京都

      tasogarejiさん

    • 東京都

      吉祥さん

    • 神奈川県

      山口六平太さん

  • [通期展示] [前期] 特別展 皇室の名宝 -皇室と九州をむすぶ美- 天皇陛下の御即位にともない、新たな時代を迎えました。新たな御代(みよ)をことほぎ、新元号「令和」ゆかりの地、太宰府において、皇室の名宝をご紹介する展覧会を開催いたします。 本展は、宮内庁三の丸尚蔵館が所蔵する皇室のコレクションの中から、皇室の御慶事(ごけいじ)に際して九州各地から献上された品々や、各時代の日本美術の名品をとおして、皇室の文化継承、皇室と九州の深いつながりをご紹介します。時代を越えて皇室が守り伝えてきた貴重なコレクションが、九州の地でまとまって公開される初めての機会です。 本展のみどころ 第一章 皇室の近代を彩(いろど)る 本章では、近代における皇室のコレクションのうち、九州ゆかりの作品を中心にご覧いただきます。折々に皇室に献じられた美術、工芸品は、その誉れにふさわしく、敬意と祝意がこめられ、粋をあつめて制作されました。また、皇室による伝統美術の保護について、帝室技芸員の名作をとおしてご紹介します。 第二章 皇室聚宝(こうしつしゅうほう) 歴代天皇や宮家が愛蔵した平安・鎌倉時代の名筆や、モンゴル襲来(元寇(げんこう))の事績を描いた《蒙古襲来絵詞(もうこしゅうらいえことば)》、やまと絵の代表作《春日権現験記絵(かすがごんげんげんきえ)》、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の《動植綵絵(どうしょくさいえ)》など、わが国屈指の名品をご紹介します。この貴重なコレクションをとおして、日本文化の継承に皇室がはたしてきた役割をみつめます。 特別公開 御物(ぎょぶつ) 聖徳太子二王子像(しょうとくたいしにおうじぞう)と法華義疏(ほっけぎしょ) [後期展示] このたび、日本の古代史を彩る希代の名品「聖徳太子二王子像」と「法華義疏」を特別に公開いただくことになりました。黎明期(れいめいき)の日本仏教文化の基礎を築いた聖徳太子ゆかりの御物をご覧いただきます。 *御物とは、天皇家の御所蔵品に対する敬称です。

    【応募締切】2021.07.05
    【当選発表】2021.07.07

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 福岡県

      ナフタリンさん

    • 福岡県

      ちょうじゅさん

    • 熊本県

      おおまもさん

  • 蜷川実花展-虚構と現実の間に- 蜷川実花の全国巡回中の大規模個展 一部の展示室は撮影可 

    earthly flowers, heavenly colors (2017) ©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery earthly flowers, heavenly colors (2017)©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery 蜷川実花展-虚構と現実の間に- 独特な色彩感覚と世界観で知られる蜷川実花は、2000年度には木村伊兵衛写真賞を受賞、近年では台北などで個展を開催するなど、国内外で高い評価を得る写真家です。本展では蜷川実花の写真作品を、「虚構と現実」をテーマに展示します。色鮮やかな花々を撮影した「永遠の花」、著名人をとらえた「Portraits of the Times」、父の死に向き合う日々を撮影し、新境地となった「うつくしい日々」などのシリーズなど、蜷川実花の活動を様々な作品をとおしてご紹介します。 本展は当館における2017年度以来の写真の特別展となると同時に、現代を代表するアーティストの大規模な個展となります。映画やファッションなどにも活動の幅を広げ、ますます注目される蜷川実花の写真作品を、この機にぜひご堪能ください。 みどころ ・写真、映画、ファッションなど、多分野で活躍するアーティスト蜷川実花の全国巡回中の大規模個展。 ・一部の展示室は撮影可!インスタ映えする空間も。 ・写真シリーズのみならず映像作品なども展示。

    【応募締切】2021.07.05
    【当選発表】2021.07.07

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 東京都

      haru-daさん

    • 東京都

      あきすけさん

    • 東京都

      gagaさん

    • 神奈川県

      あきらさんさん

    • 神奈川県

      サザエさんママさん

  • 《錦鶏》1933年/真鍮 ディジョン美術館蔵(国立自然史博物館より寄託)© Musée des Beaux-Arts de Dijon/François Jay 《シロクマ》1923-1933年/大理石/群馬県立館林美術館蔵 フランソワ・ポンポン展 ~動物を愛した彫刻家~ 京都市京セラ美術館にて2021年 7 月 10 日(︎土)~ 9 月 5︎ 日(︎日)の期間、日本初、フランス の彫刻家 フランソワ・ポンポンの「フランソワ・ポンポン展 ~動物を愛した彫刻家~」を開催いたします。 本展は、ポンポン初期の作品から 1922 年のサロンで大絶賛を受けた代表作≪シロクマ≫を生み出し、名声を確立していくまでの彼の作品と生涯の魅力に迫ります。 この展覧会は、ポンポンの本国フランスからの特別出品として、ポンポンが建築と彫刻の基礎を学んだ美術学校があり、ポンポン最大の支援者であったディジョン市のディジョン美術館、出生地ソーリューにあるフランソワ・ポンポン美術館、パリのオルセー美術館、そして国内でまとまった数のコレクションをもつ群馬県立館林美術館の約 90 点の作品で構成、彼の制作の全貌をたどる日本初の回顧展です。 オルセー美術館にある実物大の巨大彫刻≪シロクマ≫を作り、その他多くの動物をモデルに彫刻を生み出したフランソワ・ポンポンは、20 世紀初頭のアール・デコ期に人気を博した動物彫刻家です。 彼の作品の特徴は、鳩や猫、犬など身近な動物から豚や牛など農場でみる家畜、キリンやヒグマ、 シロクマなど動物園でみることが多い異国の動物まで、その生態を詳しく観察し、極限まで細部をそぎ落としシンプルでなめらかな造形にした点です。 大部分の作品が 18 ㎝から 28 ㎝と比較的小型で愛らしさを兼ね備えています。 ユーモラスなオラン・ウータンの表情、茶目っ気のあるペリカン、あくびをするカバなど、幸福さをたたえたポンポンの彫刻は生きる喜びを体現していて見る人に幸せな気持ちと微笑みをもたらします。 この展覧会は、京都市京セラ美術館で開催後、名古屋市美術館、群馬県立館林美術館、佐倉市立美術館、他 1 館の計 5 会場を巡回予定です。

    【応募締切】2021.07.03
    【当選発表】2021.07.05

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 滋賀県

      白鳥の家さん

    • 京都府

      Fukichiさん

    • 京都府

      napopさん

    • 大阪府

      ちさとさん

    • 島根県

      あ、アランさん

  • 瞬間冷却パック「ひえっぺ」デラックス パチンと叩いて! ワンタッチで急速氷点下、超クール! 氷感長持ち「瞬間冷却パック ひえっぺ デラックス」 夏の熱中症対策に <用途> ・発熱・歯痛を冷やしたいときに ・打撲・ねんざを冷やしたいときに ・眠気覚ましに冷やしたいとき ・レジャー、スポーツに ・食品の保冷に 発熱、打身、ねんざ、やけどなどの応急処置に 魚つり、ドライブ、ハイキングなどのレジャーのお供に 暑いときのスポーツ観戦、スポーツ後の汗おさえなどの冷却用として幅広くご使用ください。

    【応募締切】2021.07.03
    【当選発表】2021.07.05

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 群馬県

      TKさん

    • 群馬県

      makoto30530さん

    • 埼玉県

      親nekoさん

    • 愛知県

      コボルおじさんさん

    • 福岡県

      sabu46さん

  • クロード・モネ 《睡蓮》1907年 ポーラ美術館蔵 フィンセント・ファン・ゴッホ 《ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋》 1888年 ポーラ美術館蔵 ポーラ美術館コレクション展 モネ、ルノワールからピカソ、シャガールまで あべのハルカス美術館では、7月9日(金)~9月5日(日)の期間、「ポーラ美術館コレクション展 モネ、ルノワールからピカソ、シャガールまで」を開催いたします。日本でも屈指の西洋絵画コレクションを誇るポーラ美術館から、モネ、ルノワールやピカソ、シャガールなど、特に人気の高いフランスで活動した画家28名による、印象派からエコール・ド・パリの絵画74点に、アール・ヌーヴォーとアール・デコの化粧道具12件を合わせた総数86件の作品を展示いたします 本展のみどころ 時代を映すファッショナブルな「女性像」、近代化によって大きく変貌する「パリ」、画家たちが旅先で出会った風景や南仏など重要な制作地をめぐる「旅」という3つのテーマを通して、フランスを舞台に活躍した画家たちに受け継がれる美意識を浮き彫りにしていきます。珠玉の作品たちが奏でる麗しきフランスの日常の輝き、各地の都市や自然の景観を存分にお愉しみください。

    【応募締切】2021.06.30
    【当選発表】2021.07.02

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 大阪府

      みみさん

    • 大阪府

      redberryさん

    • 兵庫県

      ittukunさん

    • 兵庫県

      お釈迦さんさん

    • 奈良県

      よしこさんさん

  • ビタ民増加project inゼリー マルチビタミン inゼリー マルチビタミン カロリーゼロ 忙しい日々を送る現代人の心身の健康を応援 「ビタ民増加 Project」とは? 現代人のココロとカラダのバランスを整えるために"ビタ民増加隊"が立ち上げたプロジェクト。 ビタミンをとりたくても、なかなかとれない現代人に、手軽に手間なく小腹を満たしながらビタミンをチャージしてもらうため、ビタ民増加MISSONに立ち向かいます! ビタミンを増やして、もっとステキな生活を 長引くコロナ禍において、働き方や環境、生活の変化もあり、なんとなく不安を感じる人や気分が晴れないという人も増えており、メンタルヘルスが問題になっています。そのようなココロとカラダのバランスの崩れの要因の一つとして、摂取する栄養の偏りが考えられます。 その中でも、不足しがちなのがビタミンです。 五大栄養素であり、身体の調子を整える働きをするビタミンは、体内でほとんどつくることができません。そのため、ビタミンをしっかり摂取する必要があります。 「ビタ民増加 Project」 の公式サイト(https://www.morinaga.co.jp/in/vitaminproject/)では 、ビタミンが不足しがちなときに起こりやすい状況や、心と身体を整える活動の提案、本商品で摂取できる12種類のビタミンの紹介を行います。楽して食事したい日のプラスワンや 、小腹が空いたときの間食としてなど、手軽に取り入れられる 「 inゼリー マルチビタミン」 で 、ビタミンを摂りたくてもなかなか摂れない現代人に、手軽に手間なくビタミンをチャージしてもらう方法を提案していきます。 森永製菓株式会社は、「ビタ民増加 Project」を通して、忙しい 多くの人々に 、心身共に健康にアクティブな生活を送ってもらうことを応援してまいります。

    【応募締切】2021.06.28
    【当選発表】2021.06.30

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 東京都

      totokoさん

    • 東京都

      吉祥さん

    • 神奈川県

      KAZOOさん

    • 滋賀県

      プープーさん

    • 奈良県

      奈良のおっちゃんさん

    • 長崎県

      シンちゃん2020さん

  • 鯰退治 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵 大鯰江戸の賑ひ 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵 黄雀文庫所蔵の鯰絵コレクション約200点を初公開!!地震に対する怖れや震災後の世相に対する風刺、世直しへの願望など、江戸民衆の豊かな想像力を読み解く 国立歴史民俗博物館では、特集展示「黄雀文庫所蔵 鯰絵のイマジネーション」を2021年7月13日(火)~ 9月5日(日)に開催いたします。 江戸時代は多くの地震に見舞われたことが知られています。とくに幕末には大きな地震が相次いで発生しています。弘化4(1847)年の善光寺地震は江戸の人々にも大きな関心をもって受け止められました。 嘉永7(1854)年には安政東海地震、安政南海地震と巨大地震が連続し、翌安政2年10月2日(1855年11月11日)に起きた安政江戸地震は江戸の町に甚大な被害をもたらしました。その直後から、被災状況を伝える瓦版などさまざまな刷物が売り出されました。なかでも、地震の元凶とされた地中の大鯰をモティーフとし、今日「鯰絵」と呼ばれる版画は、さまざまな主題と趣向を取り入れ、同年12月に当局から禁止されるまでの間、200種を越えるものが発行されたといわれています。 鯰絵には地震に対する怖れや震災後の世相に対する風刺、あるいは世直しへの願望など、民衆のさまざまな思いが投影されています。本展は、初公開の黄雀文庫所蔵の鯰絵コレクション約200点を通して、未曽有の災害に遭いながらも、諧謔の精神でたくましく乗り越えようとした江戸の民衆の豊かな想像力の一端に触れようとする企画です。 本展のみどころ ・民衆は大地震の元凶に何を見、そしてそれを防ぐものとして何に期待したのか? ・大津絵の画題や歌舞伎の一場面をパロディー化した手並みの鮮やかさ ・逆境にも負けず、諧謔の精神で乗り越えようとする民衆のエスプリを見る ・鯰絵の中に民衆の世相へのちくりとした風刺を見る ・従来あまり知られていなかった鯰絵出版のメカニズム解明を試みる 黄雀文庫とは 浮世絵研究者で収集家としても知られる佐藤光信氏(平木浮世絵財団理事長)の個人コレクション。 錦絵や絵本など江戸時代の浮世絵を中心とした多彩な内容を誇る。特に約200点におよぶ鯰絵は、 質・量共に国内最大級のものである。 これまで黄雀文庫の鯰絵は国内最大級のものとして、一部の研究者に注目されてきていたが、まとまって展示する機会に恵まれなかった。その全貌を世に広め、今後の鯰絵研究に資することを希望する佐藤氏の強い意向を受け、今回の展示が実現した。

    【応募締切】2021.06.28
    【当選発表】2021.06.30

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 茨城県

      じゅんこさん

    • 千葉県

      Ken’chさん

    • 千葉県

      ドランカーさん

    • 神奈川県

      ヘブンさん

    • 神奈川県

      tunaさん

  • 『「風の時代」幸せをつかむ方法』(宝島社) 約200年に一度の時代の大転換期! 運勢の上昇気流に乗るチャンスは、今!! 幸せな時代にするための“あなた”の作り方 風の時代式、心組み/鏡リュウジ 金運のつかみ方・生み出し方/イヴルルド遙華 全方位型、整理整頓術/紫月香帆 愛の育み方・伝え方/SUGAR 風の時代に愛される“いい女”/藤島佑雪 恵まれる人になる、引き寄せレッスン/奥平亜美衣 「新時代」をスムーズに生きる心得/Keiko Dr.コパが伝授! エネルギッシュお家風水 運気をアップさせる10のコト 風の時代のお悩み相談室

    【応募締切】2021.06.26
    【当選発表】2021.06.28

    詳しくはこちら
    詳しくはこちら

    当選者

    • 埼玉県

      meetさん

    • 千葉県

      渡辺さん

    • 滋賀県

      ひろさん

  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    東京オリンピックで注目している競技を教えてください。(8/8まで)

    1つを選んで回答してください。










































    \ 1ポイントゲット! /

    送信
  • \ お得な情報を配信中! /