新規登録

シニアコム

新規登録

プレゼント

受付終了

シネマ歌舞伎『廓文章 吉田屋』東劇限定ご鑑賞券【5組10名様】

©松竹

©松竹

仁左衛門、玉三郎の黄金コンビが大スクリーンに!

本作は、第四期歌舞伎座閉場前の平成21年2009年)4月歌舞伎座さよなら公演にて上演された舞台を撮影。
片岡仁左衛門が藤屋伊左衛門、片岡我當が吉田屋喜左衛門、片岡秀太郎が吉田屋女房おきさを勤めて松嶋屋の家の芸を見せ、仁左衛門と坂東玉三郎のゴールデンコンビの出演で大きな話題となりました。上方歌舞伎のはんなりとして可笑しみあふれる風情と、季節感あふれる華やかさ、そして艶やかな男女が織りなす恋物語を大スクリーンでお楽しみください。

解説・見どころ

江戸時代、大坂新町の廓に容貌に優れ、技芸に秀でた夕霧という傾城がいました。延宝六年(1678年)に彼女がこの世を去ったことを偲び、様々な作品が作られました。中でも近松門左衛門作の世話浄瑠璃「夕霧阿波鳴渡(ゆうぎりあわのなると)」は集大成と言われる作品で、その一部を脚色したのが「吉田屋」の通称で知られる「廓文章」です。
豪商藤屋の若旦那伊左衛門は傾城夕霧に通い詰めたため家を勘当され、紙衣(かみこ)※1 で新町へやってきます。編笠姿の伊左衛門のはんなりとした風情や足取り、吉田屋主人の喜左衛門とのやり取りで、身なりは貧しくても心は大店の“ぼんぼん”のままという人柄を見せます。座敷に通された伊左衛門が意地と恥ずかしさから夕霧の名を言い出せない様子や、夕霧が他の客の座敷に出ていることに拗ねて帰ろうとし吉田屋夫婦が止める様子など、和事ならで はのおかしみを見せる場面は見所です。
夕霧は登場する場面が見せ場の一つです。伊左衛門のことを思い病に臥せっていた病み上がりの夕霧は、松の太夫の品格と艶やかさに加えて、伏し目がちな視線や翳りのある表情の「憂い」で何とも言えない色気を感じさせます。
痴話げんかを始めてしまう伊左衛門と夕霧の間をとりなす太鼓持(遊興の席を賑やかにするため取り持ちをする男) がからむのは松嶋屋独自の演出です。その他にも伊左衛門が花道に登場する際の差し出し※2 や竹本と常磐津の掛け合いなど、松嶋屋の演出は随所に見られます。父・十三代目の最高の当たり役と言われ、仁左衛門襲名公演でも上演された「廓文章」は松嶋屋の家で代々大事にされている演目の一つです。
※1 紙衣(かみこ)…「紙を貼り合わせた粗末な着物」を表しており、元は高貴な人物が落ちぶれた境遇であることを表す衣裳。実際は布の衣裳だが、表す衣裳。実際は布の衣裳だが、紫と黒のつぎ合わせに文字が模様として描かれているの紫と黒のつぎ合わせに文字が模様として描かれているのが特徴で、反古紙や手が特徴で、反古紙や手紙を布代わりに使っていることを表す。紙を布代わりに使っていることを表す。
※2 差し出し(面あかり)…俳優が花道に登場する際に、黒衣が長い柄の先に建てたロウソクで照らしが花道に登場する際に、その人物を浮その人物を浮かび上がらせる演出。

物語

大坂新町にある吉田屋の店先。みすぼらしい姿の若い男が現れ、主人の喜左衛門に逢わせてくれと言いますが、店の者は追い払おうとします。実はこの男は吉田屋の上客で、豪商・藤屋の若旦那・伊左衛門でした。放蕩が過ぎて勘当されひっそりと暮らしていたのですが、恋人の傾城夕霧が伊左衛門のことを心配して病気になったと聞き吉田屋までやってきたのでした。喜左衛門と女房おきさは伊左衛門を温かく迎え入れますが、なかなか夕霧のことを言い出さない夫婦に不機嫌になったり、病が癒えた夕霧がちょうど吉田屋に来ていると聞くと喜んだり、恋敵の阿波の大尽の座敷にいると聞いてまた不機嫌になって帰ろうとするなど一喜一憂する伊左衛門。夕霧が来るのを待って座敷に一人残された伊左衛門はあれこれ思い悩みながらも、結局はこたつで寝て待つことに。まもなく夕霧が現れますが、心とは裏腹に伊左衛門は夕霧を邪険に扱ってしまいます。ここで太鼓持ちが現れて二人の仲を取り持ちます。ようやく素直に夕霧を受け入れるところへ、藤屋から伊左衛門の勘当を許す知らせと、夕霧の身請けの金も届き、めでたく幕となります。

上方歌舞伎とは

京都で生まれた歌舞伎は、後に江戸にも伝わり、上方(京都・大阪)と江戸それぞれで発展してきました。江戸歌舞伎では「荒事」に代表されるような豪快さや様式美を強調した演技が特徴ですが、上方歌舞伎では「和事」と呼ばれる柔らかく艶のある風情と演技が特徴です。和事は柔弱な色男の恋愛描写を中心とした演技のことで、特に「やつし芸」と言われる本来ならば高貴な存在であるはずの者が、何らかの事情で落ちぶれ、身をやつしているという演出が多く みられます。「廓文章 吉田屋」は上方歌舞伎の代表演目です。

ファン垂涎の貴重な映像や写真を使用した シネマ歌舞伎だけの特別映像

芸である本作への思いを語る片岡仁左衛門のインタビューを収録。初舞台や海外公演も含む思い出の写真の数々、名舞台・父・十三代目仁左衛門との稽古風景などの映像、さらに本作で夕霧を演じ、仁左衛門と長年共演を重ねてきた坂東玉三郎のインタビューと共に上映します。

シネマ歌舞伎『廓文章 吉田屋』東劇限定ご鑑賞券【5組10名様】

開催概要

  • 出演
  • 片岡仁左衛門 坂東玉三郎 坂東巳之助 大谷桂三 澤村由次郎 片岡秀太郎 片岡我當
  • 上映期間
  • 1/3~1/23
    (但しプレゼントの鑑賞券は、公開初日・2日目を除いた1/5~1/23となります。)
  • 公式HP
  • https://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/43/
  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    終活年賀状(年賀状じまい)について

    集計期間:2019/12/05〜2020/01/10

    出したし、受け取った

    14%

    出したが、受け取ったことはない

    3%

    出したことはないが、受け取った

    34%

    出したこともないし、受け取ったこともない

    30%

    終活年賀状を知らない

    19%

    合計投票数:1175票

  • \ お得な情報を配信中! /