新規登録

シニアコム

新規登録

プレゼント

受付終了

国際企画展示 昆布とミヨク〈わかめ〉―潮香るくらしの日韓比較文化誌 招待券【5組10名様】

カジキ突きんぼう漁具一式 20世紀 館山市立博物館蔵 国指定重要有形民俗文化財

大漁旗 20世紀 個人蔵

国際企画展示「昆布とミヨクー潮香るくらしの日韓比較文化誌」開幕延期のお知らせ


いつもシニアコムをご利用いただきありがとうございます。
新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、開幕が延期となる旨の連絡がございました。
詳細は国立歴史民俗博物館公式サイトをご確認ください。

国立歴史民俗博物館公式サイト
https://www.rekihaku.ac.jp/

今後ともシニアコムをよろしくお願いいたします。

昆布とミヨク―潮香るくらしの日韓比較文化誌

このたび、国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)では、国際企画展示「昆布とミヨク—潮香るくらしの日韓比較文化誌」を2020年3月17日(火)~5月17日(日)に開催いたします。

国立歴史民俗博物館と韓国国立民俗博物館は、両館の学術研究交流の促進を目的とし、2015年より国際交流事業「日韓地域研究の実践的展開」を進めてきました。また同時に共同研究「海の生産と信仰・儀礼をめぐる文化体系の日韓比較研究」を立ちあげ、3年間、日本と韓国の各地を訪れて準備研究を行いました。その成果を国際企画展示「昆布とミヨク―潮香るくらしの日韓比較文化誌」として発表します。この展示は、両国の国立博物館が共同で企画を練り、日韓でほぼ同じ内容でおよそ400件の展示を行う画期的な試みです。すでに韓国では2019年10月2日(水)~2020年2月2日(日)の日程で公開されており、好評を博しています。

昆布とわかめ(ミヨク)。日本でも韓国でも、どちらもなじみ深い海藻で、古くから日々のくらしの糧とされてきました。一方で、儀礼食や贈答品という観点からは、日本では昆布が、韓国ではわかめが重要な役割を果たしており、異なる文化的意味を持っています。海底の岩に根を張って、長く青黒いその姿を揺らす昆布とわかめは、似ているけれども、どこか違う。違うけれども、どこか似ている。日本と韓国との関係を、昆布とわかめに象徴させることができるのではないか、という発想から、本展示は出発します。

列島を成す日本と半島を成す韓国は、ともに長い海岸線を持ち、共通する海洋環境も多くあります。一方で、韓国西南海の広大な干潟や日本が面する太平洋など、独特の環境も存在します。また、長い交流の歴史に裏づけられた東アジア的文化基盤を共有するとともに、独自の文化的展開や技術的発展が見られます。本展示では、日本と韓国の、海をめぐるありふれた日常の歴史とその移りかわりに、類似と相違という観点から光をあてます。先人たちが互いに影響しあい、主体的に相手の文化を受けいれてきた躍動的な姿をご覧ください。

国際企画展示 昆布とミヨク〈わかめ〉―潮香るくらしの日韓比較文化誌 招待券【5組10名様】

大漁旗 1970年代 韓国国立海洋博物館蔵

概要

  • 開催期間
  • 2020年3月17日(火)~5月17日(日)
  • 会場
  • 国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
  • 料金
  • 一般:1000(800)円 / 大学生:500(400)円
    ※(  )内は20名以上の団体料金です。※高校生以下は入館料無料です。
    ※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
    (専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
    ※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者とともに入館が無料です。
    ※半券の提示で当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。
  • 開館時間
  • 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
    ※開館日・開館時間を変更する場合があります。
  • 休館日
  • 月曜日(休日の場合は翌日が休館日となります)
  • 主催
  • 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館、韓国国立民俗博物館
  • 公式HP
  • https://www.rekihaku.ac.jp
  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    コロナウィルスの影響で外出自粛になり、家で増えたことは何ですか?

    1つを選んで回答してください。






    \ 1ポイントゲット! /

    送信
  • \ お得な情報を配信中! /