新規登録

シニアコム

新規登録

プレゼント

受付終了

宝島社『夢は薬 諦めは毒』(佐伯チズ著) 【3名様】

『夢は薬 諦めは毒』(宝島社)

「夢は薬 諦めは毒」

ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患い2020年6月5日、76歳でこの世を去った美のカリスマ佐伯チズさんが後世に遺したい38の言葉を綴った一冊

2019年3月に、ALS(筋萎縮性側索硬化症)であることを公表。「私はまだまだ負けません。決して諦めません」と力強く話していた佐伯チズさん。これまで自分が伝えて続けてきたことで、後世に遺したいという強い想いを語った33の格言集。
幼少期の思い出、美容家を目指すきっかけ、最愛の夫との出会い、化粧品会社時代、定年後の活躍と自身の過去を振り返りながら人生において心に留めておくべきこと、人生を前進させる方法を綴ります。多くの人の悩みに応え、いつも前向きで支えとなってくれたチズさんの愛情ある言葉。「こうしたい!」「こうなりたい!」という想いを一緒に叶えていきましょう!この本が皆さまにとってのクスリになりますように。
「顔を洗うのをおやめなさい!」という衝撃的なメッセージとともに美のカリスマとして活躍した佐伯チズさんのローションパックをはじめとする佐伯式美肌メソッドや肌をキレイにしたいなら食事を変えなさいと伝えるほどおいしくて体にいいものを知っているチズさんならではのお気に入り&おすすめのお取り寄せも収録。

佐伯 チズ(さえき ちず) プロフィール

1943年生まれ。OL経験を経て美容学校で学び、美容室勤務ののち、1967年、フランス化粧品メーカー、ゲラン入社。その後、渡米などを経て1988年、パルファン・クリスチャン・ディオールに入社、インターナショナル・トレーニング・マネージャーに就任。2003年6月、同社を定年退職後、エステティックサロン「サロン・ドール・マ・ボーテ」を開業。著書に『美肌革命』『美肌食』(ともに講談社)、『頼るな化粧品!』(講談社+α文庫)、『キレイの躾』(世界文化社)、『佐伯チズの和美人の本』(東京書籍)など多数。講演、テレビ、雑誌などのメディアを通じて“キレイ”への道を伝え続けている。

宝島社『夢は薬 諦めは毒』(佐伯チズ著) 【3名様】

『夢は薬 諦めは毒』(宝島社)

概要

  • アンケートに回答して
    1ポイントゲットしよう!

    Q.

    「シニアコム」を知ったきっかけを教えてください!(8/30まで)

    1つを選んで回答してください。








    \ 1ポイントゲット! /

    送信
  • \ お得な情報を配信中! /