新規会員登録 ログイン

プレゼント

◀︎ プレゼント一覧を見る

「ルーヴル美術館展 肖像芸術――人は人をどう表現してきたか」招待券【5組10名様】

《棺に由来するマスク》新王国時代、第18王朝、アメンへテプ3世の治世(前1391-前1353年)エジプト出土
Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Franck Raux /distributed by AMF-DNPartcom

エリザベート・ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブラン《エカチェリーナ・ヴァシリエヴナ・スカヴロンスキー伯爵夫人の肖像》1796年
Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Michel Urtado /distributed by AMF-DNPartcom

古代から19世紀まで
肖像芸術の傑作およそ110点が大阪に!

このたび、ルーヴル美術館全8部門協力のもと”肖像”に焦点を当てた「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」を開催します。肖像の制作に取り組んだ芸術家たちは、どのような素材や手法を用い、どのような表現を生み出してきたのでしょうか。
本展は3000年以上遡る古代エジプトの棺用マスクにみる「記憶」のための肖像に始まり、フランス皇帝ナポレオン、王妃マリー=アントワネットらによる「権力の顕示」のための肖像、きらびやかな衣裳に身を包んだ男女や愛らしい子どもたちの人柄や個性を伝える肖像、そして16世紀の奇才アルチンボルドの人物画にみる多様なイメージを拡散する肖像まで、ルーヴル美術館の誇るコレクションおよそ110点を通して、肖像芸術の役割や表現上の様々な特質を中心に浮き彫りにするものです。
奥深い肖像芸術の世界を余すところなく紹介する、かつてない展覧会にどうぞご期待ください。

《みどころ》
1 史上空前!古代から19世紀まで、
「肖像芸術」の特質と魅力をひもとく本格的な展覧会

人の似姿を描く肖像は、スマートフォンの高性能カメラで意のままに自分を撮ることが当たり前となった現代社会において、いまや最も身近な芸術といえるかもしれません。しかし一方で、肖像は最も長い歴史を持つ芸術ジャンルでもあります。本展では、3000年以上も前の古代メソポタミアの彫像や古代エジプトのマスクから19世紀ヨーロッパの絵画・彫刻まで、きわめて広範にわたる時代・地域の作品を対象としながら、肖像が担ってきた社会的役割や表現上の特質を浮き彫りにします。身近でありながら、奥深い肖像芸術の魅力に迫る本格的な展覧会です。

2 ルーヴル全8部門が総力を結集!
各部門を代表する肖像の傑作およそ110点が一堂に

本展は、ルーヴル美術館の全8部門―古代オリエント美術、古代エジプト美術、古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術、イスラム美術、絵画、彫刻、美術工芸品、素描・版画―が総力をあげた企画です。各部門を代表する肖像の傑作およそ110点を一挙に堪能できる、きわめて貴重な機会となります。

3 必見!時の権力者ナポレオンの肖像
本展では、古代エジプトのアメンヘテプ3世、マケドニアのアレクサンドロス大王、アウグストゥス帝やカラカラ帝などのローマ皇帝、ルイ14世をはじめとする歴代のフランス国王、そしてフランス王妃マリー=アントワネットなど、歴史を彩った時の権力者たちの肖像が一堂に会します。なかでも大きなみどころとなるのが、フランス皇帝として名を馳せたナポレオンのコーナーです。皇帝として最高権力を手にしながらも、追放先の孤島で孤独な最期を迎えることになったナポレオン。その激動の人生を、アントワーヌ=ジャン・グロの傑作《アルコレ橋のボナパルト(1796年11月17日)》をはじめとする5点の作品でたどります。

4 ルーヴルが誇る肖像画の至宝《美しきナーニ》27年ぶりの来日
16世紀ヴェネツィア派の巨匠ヴェロネーゼによる《美しきナーニ》は、ルーヴル美術館が所蔵する数々のルネサンスの肖像画のなかでも、最高傑作の一つとして名高い作品です。この至高の肖像画が、このたび27年ぶりに来日を果たします。

>> 公式サイトはこちら

プレゼント内容

「ルーヴル美術館展 肖像芸術――人は人をどう表現してきたか」招待券【5組10名様】

開催概要

タイトル ルーヴル美術館展 肖像芸術――人は人をどう表現してきたか
会期 2018年9月22日(土)~2019年1月14日(月・祝)95日間
開館時間 午前9時30分~午後5時(入場は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日(祝休日の場合は開館、翌火曜日休館。ただし12月25日(火)は開館)、 12月28日(金)~1月2日(水)
会場 大阪市立美術館 大阪市天王寺区茶臼山町1-82(天王寺公園内)
主催 大阪市立美術館、ルーヴル美術館、読売テレビ、読売新聞社
後援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
特別協賛 NOMURA 野村證券
後援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協賛 大成建設、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
協力 エールフランス航空/KLMオランダ航空、日本通運
企画協力 NTVヨーロッパ
公式WEBサイト http://www.ytv.co.jp/louvre2018/
お問い合わせ 06-4301-7285(大阪市総合コールセンター)
他会場 東京展2018年5月30日(水)~9月3日(月)国立新美術館

観覧料(税込)

 一般高大生
当日券 1,600円 1,200円
前売・団体券 1,400円 1,000円

※団体料金は20名以上。
※前売券は9月21日(金)まで主要プレイガイドで販売。
※大阪市在住の65歳以上の方も一般料金が必要です。
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。[要証明]
※高校生は土曜日無料。[要証明]

ページトップへ戻る

特集 [ FEATURES ]

第67回シニアコムカップフォトコンテスト【応募作品】

第66回シニアコムカップ川柳コンテスト【結果発表】

第65回シニアコムカップフォトコンテスト【結果発表】

<PR>熊本の日本酒 美少年|呑み比べセット

<PR>ヴァーナル 素肌つるつるセット

<PR>ヴァーナル:秋のうるおい美肌キャンペーン

<PR>ヴァーナル:アンクリペアファンデーション

<PR>熊本の日本酒 美少年|ひやおろし特集

アクティブシニアの働き方改革

お得なクーポンサイト「くまポン」

月イチアンケートvol.31

ねんきん生活。|車中泊、はじめませんか?

主婦と生活社|車中泊、はじめませんか?