新規会員登録 ログイン

プレゼント

◀︎ プレゼント一覧を見る

「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」招待券【5組10名様】


【七宝】並河靖之《蝶に花の丸唐草文花瓶》清水三年坂美術館蔵

【自在】高瀬好山《飛鶴吊香炉》

【木彫】大竹亮峯《飛翔》2017年

受け継がれる超絶技巧のDNA―――明治工芸から現代アートへ

近年、明治工芸に対する注目度が急速に高まってきました。七宝、金工、牙彫、木彫、漆工、刺繍絵画など、これまでアカデミックな美術史の世界では等閑視されてきた、おもに輸出用としてつくられた工芸作品が里帰りして、多くの人が瞠目するようになったのです。
2014年から翌年にかけて、東京の三井記念美術館を皮切りに全国6会場を巡回した「超絶技巧!明治工芸の粋」展は、そんな明治工芸再評価の機運を盛り上げるために画期的な展覧会でした。以後、「超絶技巧」というキーワードは広く浸透し、もはや美術の世界における流行語となった感すらあります。
このたび、その続編ともいうべき、「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」展を開催します。前回に引き続き、村田理如氏による清水三年坂美術館のコレクションを中心として、さらに近年各所での調査によって確認された明治工芸の素晴らしい作品もあわせて展示します。
そしてさらに、明治工芸を生み出した工人たちのDNAを受け継いで、超絶技巧プラスαの既知に飛んだ現代作家の作品も多数展示します。彼/彼女らの多くは、いまだ一般的な知名度はほとんどありませんが、100年後、200年後にその作品がたしかに評価されるにちがいないと思います。
この展覧会では、アカデミックな美術史における評価とも、いわゆる伝統工芸のヒエラルキーとも無縁の、明治工芸と現在作家のコラボレーションが実現します。日本人ならではの超絶技巧のDNAがどのように引き継がれているのか、ぜひ注視していただきたいと思います。

《本展のみどころ》

【七宝】ふたりの「ナミカワ」
明治時代に飛躍的な進化をとげた日本の七宝。その発展を牽引したのが、ふたりの「ナミカワ」だ。並河靖之なみかわやすゆき(1845~1927)と濤川惣助なみかわそうすけ(1847~1910)、偶然にも同じ「ナミカワ」を姓とするが、姻戚関係などはない。
京都を本拠とした並河靖之は、器胎に金属線を貼って文様の輪郭線をつくり、釉薬をさして、窯で焼きつける有線七宝において、精緻な文様と洗練された色彩表現を極めた。
一方、東京では濤川惣助が、明治12年(1879)に無線七宝を完成させる。無線七宝は、色の境目を区切る金属線を、釉薬をさした後で取り除く手法。色同士の境界が曖昧になるため、絵画の「にじみ」や「ぼかし」のような視覚効果が生まれ、七宝に新機軸を打ち立てた。

【牙彫】野菜・果物尽くし
2014年の「超絶技巧!明治工芸の粋」展をきっかけに、注目されるようになったのが安藤緑山(1885~1959)である。緑山の象牙彫刻、いわゆる牙彫は、野菜や果物、動植物などを主題に、象牙に精緻な彫刻を施し、対象に即した入念な着色を加えた、スーパーリアリズムとでも呼ぶべきもの。象牙の素材そのものの白色を生かす同時代の牙彫のなかにあって、ひときわ異彩を放っている。

【自在】
置物のようにみえるが、これらはからだの各部を自由自在に動かすことのできる「自在」、言わば可動式のフィギュアだ。鉄や銀などの金属製のパーツをつなぎ合せることで、動物や昆虫、魚などの複雑な動きをもつ蛇や龍、伊勢海老などは格好の題材で、金工が主流であるが牙彫や木彫などの自在も作られた。
江戸時代、明珍派の甲冑師によって創始された自在は、甲冑の需要が激減した江戸末期以降に隆盛を迎え、京都の高瀬好山(1869~1935)などの作品が欧米諸国に輸出され、賞賛を受けた。

>> 公式サイトはこちら

プレゼント内容

「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」招待券【5組10名様】

開催概要

展覧会名称 驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ
Amazing Craftsmanship! From Meiji Kogei to Contemporary Art
会場 あべのハルカス美術館
ABENO HARUKAS Art Museum
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F
会期 2019年1月26日(土)~ 4月14日(日)
※会期中、一部展示替えを行います。
開館時間 火~金 / 10:00~20:00
月土日祝 / 10:00~18:00
*入館は閉館30分前まで
休館日 2019年1月28日(月)、2月18日(月)、3月4日(月)、18日(月)
主催 あべのハルカス美術館、毎日新聞社、MBS
協力 清水三年坂美術館
監修 山下 裕二(明治学院大学教授)
企画協力 広瀬 麻美(浅野研究所)
お問い合わせ 06-4399-9050(あべのハルカス美術館)
チケット情報当日前売・団体
一般 1,300円 1,100円
大学・高校生  900円  700円
中学・小学生  500円  300円
ページトップへ戻る

特集 [ FEATURES ]

第70回シニアコムカップ川柳コンテスト【応募受付】

第69回シニアコムカップフォトコンテスト【結果発表】

第68回シニアコムカップ川柳コンテスト【結果発表】

<PR>美少年|「新酒」ができました。

BS10 スターチャンネル 麗しのオードリー

<PR>熊本の日本酒 美少年|にごり酒

<PR>ヴァーナル 熟成黒生姜 酵素+(プラス)

<PR>ヴァーナル 素肌つるつるセット

【会員参加型企画】私の美肌自慢

アクティブシニアの働き方改革

ねんきん生活。|車中泊、はじめませんか?

主婦と生活社|車中泊、はじめませんか?

月イチアンケートvol.31