新規会員登録 ログイン

【健康】連載記事

◀︎ 【健康】連載記事一覧へ戻る

「ロコモティブシンドローム」、「サルコペニア」とは

アミノ酸をはじめとした味の素グループの持つ健康素材を食品分野の様々なアプリケーションに普及させるべく活動中。

最近では特にロイシンをはじめとしたアミノ酸のロコモ対策への有用性に着目し、アミノ酸とロコモティブシンドローム、サルコペニアという視点で啓蒙活動を展開。

味の素ヘルシーサプライ株式会社
アミノ酸営業本部 食品グループ長
高木 正治

はじめに

「ロコモティブシンドローム」(通称「ロコモ」)は厚生労働省が策定する国の健康増進計画である「健康日本21」(第二次)に取り上げられたこともあり、2013年に入ってから雑誌やテレビ等のメディアで取り上げられる機会が増え、急速に認知度が上がっています。

現在、様々な企業が「メタボ」の次は「ロコモ」という流れに乗るべく、関連商品開発を加速化しています。また、「ロコモ」に加え、その中でも加齢による筋肉の減少を意味する「サルコペニア」という言葉についても「サルコペニア肥満」等の言葉で多くのメディアで取り上げられるようになってきています。

現時点では「ロコモ」や「サルコペニア」という言葉の認知度はまだまだ高くはありませんが、今後、日本の高齢化の進展に伴い、ニーズが高くなってくるのは間違いなく、これらの対策商品の開発は今後の食品開発における重要なテーマとなってくるものと考えられます。

ロコモティブシンドローム、サルコペニアとはなにか?

「ロコモティブシンドローム」(通称「ロコモ」)とは、加齢に伴い筋肉、骨、関節の3つの部位に支障をきたし、日常生活が困難になり、最悪寝たきりになる現象のことを指します。

また、「ロコモ」を考える上で非常に重要なのが、「サルコペニア」です。これは「サルコ(肉)」+「ペニア(減少)」の合成語で、「加齢により体内の筋肉の合成と分解のバランスが崩れ、筋肉量が減少する現象」のことを指します。「ロコモティブシンドローム」という言葉は和製英語であるため、海外ではほとんど認知されていませんが、「サルコペニア」は世界中で使われている言葉であり、海外での認知度は高いです。

「ロコモ」への負のスパイラル

図1に示したように、適切な栄養や運動は、いわゆる「グッドエイジング」へと繋がり、長い期間健康でいられるための一つの条件となりますが、運動や栄養が不足すると(特に最近はたんぱく質摂取量が大幅に不足している)、「ロコモへの負のスパイラル」に陥ってしまいます。

筋肉、骨、関節の機能低下は、各々単独ではなく、それぞれが密接に関わりあって起こっているのです。

図1. ロコモへの負のスパイラル

加齢に伴って、筋肉の合成力は低下し、一日のうちの合成と分解のバランスが崩れ、筋肉は徐々に減少し始めるが、栄養や運動の刺激が不足すると特にこの傾向を加速化します。また逆にたんぱく質やアミノ酸という筋肉の部品となる栄養素をしっかり摂取し、適切な運動を行うと、この傾向を食い止め、筋肉を増加させることができます。

体重を支える筋肉が減少すると、膝の関節への負担が増し、経年で関節の痛みや炎症につながり、最悪、変形関節症を発症します。そうなると運動をしにくくなり、結果として運動量の減少→運動刺激が減ることによる筋肉の減少→膝への負担増という負のスパイラルに陥ることとなります。また、筋肉量の減少は統計的にも転倒リスクの増大につながることが分かっており、骨の強度が低下していると転倒の際の骨折リスクも高まり、骨折すると運動ができなくなることから、これも負のスパイラルへとつながっていきます。

「ロコモ」に陥らないためには、骨、筋肉、関節各々のケアが重要ですが、特にその中でも筋肉のケアは「ロコモ」の入り口となっていることから非常に重要であると考えられます。

以上のような悪循環に陥らず、「健康寿命」をできるだけ長くし、アクティブシニアライフを志向するには、やはり適切な栄養摂取と運動が重要となります。

特に栄養の中でもたんぱく質摂取は重要ですが、厚生労働省「国民健康・栄養調査」(2010)によると、明確な原因は分かりませんが、10年前と比較して、男女とも年齢を問わず、たんぱく質の摂取量が減少してきており、特に70歳以上の摂取量の減少が顕著になってきています。たんぱく質摂取量の減少は筋肉量の減少につながることから、今後これまで以上に「ロコモ」になるリスクが増大し、その対策の重要性が高まってくるものと考えられます。

図2. 1日当たりのたんぱく質摂取量年次推移

次回は、高齢化社会の進展とセルフメディケーションの推進についてお話しますので、お楽しみに。

記事監修:味の素ヘルシーサプライ株式会社
http://www.ahs.ajinomoto.com/

味の素㈱のいきいき健康研究所
http://report.ajinomoto-kenko.com/#ashikoshi

味の素グループのロコモティブシンドローム対策
http://www.ahs.ajinomoto.com/locomo/index.html

ページトップへ戻る